タイヤ交換をディーラーでした値段と感想。実はタイヤ交換には選択肢があるんです。

車を購入したのは5年ほど前です。

最近、ディーラーでタイヤ交換を済ませ「タイヤって結構な値段するんだなあ」という感想でした。

 

しかし、その後なにげなくネットでタイヤの値段を調べていると同じものがディーラー価格よりかなりお安く販売されていました。

衝撃でしたが、なんとか立ち直りました。。

 

この記事では、実際にディーラーでタイヤ交換した感想と、タイヤ交換前に知っておきたい賢くタイヤ交換する方法をまとめています。

こんな人におすすめ記事です
  • 増税前に購入したい
  • ディーラー価格を知りたい
  • 値段をおさえてタイヤ交換したい

車を購入して5年でタイヤ交換

f:id:damarin:20171212163336j:plain

わが家の車は、2012年に購入したマツダのCX-5です。

 

それまで、日産のウイングロード→ホンダのFITに乗ってきました。

SUVに乗るのは初めてでしたが、いちばん運転しやすい車でお気に入りです。

 

5年乗ってきて、定期メンテナンスの際にタイヤのすり減りを指摘されていたため、このたびタイヤ交換に踏み切りました。

 

タイヤ交換のビフォーアフター

ビフォーはこちら

SUVのタイヤ交換前

ふだんタイヤなんて見ませんし、比べようもないのでこれだけではなんとも言えませんね。

 

アフターはこちら

SUVのタイヤ交換後

アフターと比べると、ビフォー写真のタイヤのすり減りが目視でも確認できます。

 

やっぱり新品は黒くてピカピカです。

 

ディーラーでタイヤ交換にかかった時間と費用

タイヤ交換は平日に予約し、私・0歳・3歳の3人で車をディーラーに持って行きました。

3歳の長男はキッズコーナーで遊んだりめばえを読んだり、マツダの車が大好きなので店内にアクセラが展示してあり喜んでいました。

 

0歳の次男は寝ており、私は店内の雑誌を読みながらすごしました。 

 

タイヤ交換の時間は約1時間半

そんなこんなで、約1時間半ほどマツダの店内ですごしました。

平日で他にお客さんがほとんどいなかったので良かったですが、同じ場所で1時間半は子連れには長く感じました。

 

タイヤ交換の値段は10万円超え

実際にディーラーでタイヤ交換した費用は約107,000円です。

タイヤのみの値段は97,416円。

結構、お高い・・・!

 

見積もり段階で衝撃を受けてしまいました。まあしっかりとサービスを受けているわけですし、文句は言えないんですけどね。

年末に大きな出費です。 

 

もっと賢くタイヤを購入&取付け予約をする方法

ディーラーでタイヤ交換を済ませたあと、何気なくネットでタイヤ交換について調べている時にディーラーよりもお安くタイヤ交換する方法を知ってしまいました。

少し気になってしまうとどんどん検索してしまうタイプなので、Amazon・楽天・タイヤ専門店と、ひととおり値段を見て後悔し尽くした感じですね。

 

そんな私が分かりやすく良いなと思ったのはタイヤ専門店でのネット購入です。

タイヤ専門店
  1. TIREHOOD (タイヤフッド)
  2. AUTOWAY (オートウェイ)

どちらもネットで購入&取付予約ができるタイヤ専門店です。

タイヤ専門店と聞くと馴染みがありませんでしたが、AUTOWAY は博多華丸・大吉のおふたりのテレビCMでも有名ですね。

 

ちなみにどちらも楽天店もあるので、楽天でポイントを貯めている場合はこちらもどうぞ♩

ネットの場合は、見積もりを取ったり電話予約などの手間がなく、タイヤ購入と予約がネットですぐにできてとても便利です。

 

TIREHOODでタイヤ購入&取付予約

気になったのは、タイヤ購入と取り付け予約が同時にできるTIREHOOD  (タイヤフッド)です。

TIREHOOD(タイヤフッド)は、webサイトでタイヤを購入しガソリンスタンドで取付予約をするタイヤ専門店です。

購入の流れ
  • いろんなタイヤメーカーから好みのタイヤを選べます
  • 最寄りのガソリンスタンドで取付してもらえます

タイヤを検索するのも簡単で、

  1. 車のメーカーや種類を選ぶ
  2. 条件を選ぶ
  3. おすすめタイヤが表示される

というかんじで車に詳しくなくても色んなメーカーからちゃんと選べるところがポイント。

 

タイヤの種類(サマータイヤorスタッドレス)、サイズ、車種、タイヤ単品やホイールセットなどから検索できます。

実際に検索してみると、私が購入したタイヤよりもっとお安いブランドがいくつも出てきました。

 

取付可能なタイヤがブランドごとに表示されるので、いろいろ比較しながら自分で選べるのが良いです。

 

提携のガソリンスタンドで取付

購入したタイヤは、TIREHOODが提携しているガソリンスタンドで取付けできます。

 

料金の支払いは購入&予約時に行うため、実際にガソリンスタンドでの支払いは無く、とてもスムーズ。

タイヤはガソリンスタンドに直送されるので、車を持って行くだけですね。

取付にかかる料金は全国一律で、廃タイヤも引き取ってもらえます。

 

パンク保証付き

TIREHOOD(タイヤフッド)はユーザーのレビュー件数が多く、予約する際の参考にしやすいです。しかも評価は高評価。

 

その理由として、全商品にタイヤのパンク保証 がついているのも大きいのかなと思います。

パンク保証があるのはタイヤ専門店ならではの強みです。

 

ネットでタイヤを購入するメリット

ネットでタイヤを購入をするメリットは、いろんなメーカーの比較ができることです。

Amazonや楽天でも購入できますが、専門店ではタイヤ検索がとても簡単で、いろんなブランドのタイヤを比較しやすいですし、取付予約もかんたんスムーズ。

 

実際にディーラーで見積もりを取った際は1つのメーカーを提示されただけだったしし、そんなもんだと思ってしまいました。

タイヤって、ブランド・メーカーごとに値段が違うんですよね。

 

販売しているお店によっても値段が違うので、お店ごとの値段やサービスを考慮した上で購入するのがいちばん納得できる購入方法です。

 

タイヤは自分で選びたい

今回、車を購入して5年でタイヤ交換しました。

車ってやっぱりお金がかかるなーと改めて思った出来事でした。

 

わが家は帰省の際に大阪→福岡間に車を使うし、家族旅行も車で行くことがほとんど。

家族をのせる車のメンテナンスは手を抜きたくないので、購入5年でタイヤ交換はしかるべき出費だったんだなあと、今は納得しています。

 

とはいえ、ネットのタイヤ専門店の方がお得にタイヤ交換できただろうなという後悔は残りますが。(笑)

 

「ディーラーは高い!高すぎる!」と思っているものの、ディーラーでのタイヤ交換の強みはタイヤ選びから何からぜーんぶまるっとお任せできて楽ということですね。

時間がないから全部丸投げしたい!という場合はディーラー予約も合っていると思います。

 

お高い買い物なので、値上げや増税前に購入したいですよね♩

タイヤ専門店を選ぶなら
自動車保険の一括見積もりをやってみた|勧誘電話なし・ハガキやメールは来ました自動車税はイオンカードで支払える。2019年もキャンペーン利用で500ポイント貰えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × two =