NHKあさイチの家計特集「家計の理想割合」わが家の場合と比べてみた

先日、NHKのあさイチの「達人が伝授!お金がたまる片付け術」の中で、「家計の理想割合」が気になりました!

家計コンサルタントで「3,000円投資生活」の著者である横山光昭さんの「家計の理想割合」はこちら。

(あさイチで紹介されていた金額&割合です)

1ヶ月の手取りが30万円のとき、理想の貯蓄金額は4万5千円。

手取りの15%を貯蓄に回すという考えですね〜。

もちろん、住んでいる地域や家庭環境によって違うので、この数字はひとつの目安として考えたい指標です。

というわけで、この記事では「家計の理想割合」とわが家の2018年の実際の家計簿を比べ、問題点と今後の目標などを考えてみました。

比べる前に*わが家の家計簿について

わが家の家族構成は、夫・私・長男(4歳)・次男(1歳)の4人家族です。

私は専業主婦で、長男は来年度から幼稚園に通います。

  • ローンはなし
  • 車持ち
  • 借り上げ社宅の賃貸マンションに住んでいます

あさイチでの「家計の理想割合」では「費目15個&貯蓄」の割合が出ています。

わが家も家計簿をつけていますが、費目の数と内容を合わせるために先ほどの表を調整しました。

また、借り上げ社宅の手出し分の家賃は給料天引き&生命保険も給料天引きされています。「居住費」と「生命保険」はそのままの金額で使います。

実際はこんな感じですね。

比べるときの費目の考え方としてはこちらです

POINT
  1. 食費
  2. 水光熱・通信
  3. 日用品
  4. 医療・教育
  5. 交通費
  6. 自由費(被服費・交際費・娯楽費・小遣い・嗜好品・他)
  7. 居住費と生命保険はそのままの金額

実際は食費と外食費を分けていますが、ここでは「食費」一択なので合わせて考えます。

「家計の理想割合」とわが家の家計簿の比較はこちら

2018年の実際の家計簿(支出)はこんな感じです。

*食費と外食が別れていますが、「家計の理想割合」と比べる時は合算して6つの費目で考えていきます。

比較した結果がこちら

手取り金額・居住費・生命保険は「家計の理想割合」そのままの金額で、みどりの部分が実際の金額と割合です。

比較結果から言えること

仮定として、手取りが30万円・居住費が75,000円・生命保険が18,000円の場合のわが家の支出の割合は

  • 水光熱・通信:13%(理想10%)
  • 食費・外食:26%(理想16%)
  • 日用品:6%(理想2%)
  • 交通費:3%(理想1%)
  • 医療・教育:8%(理想8%)
  • 自由費:22%(理想17%)

という感じ。

う〜ん。どれも高いですね。

貯蓄はできず、毎月32,239円の大赤字です。

これは年間386,868円をボーナスから補填する感じになるんですかね。

もう一つ、わが家は旅行や帰省など大きな支出として「特別費」を設けていて毎年約50万円です。

1ヶ月の赤字額(32,239円)と特別費(50万円)を合わせると、1年間で886,868円をボーナスで補填しなければなりません。

わが家の安心材料

現在のわが家の安心材料として、居住費がほとんどかかっていません。

夫は転勤で大阪に来ており、現在は借り上げ社宅に住んでいます。(家賃はほとんど会社持ち、手出しは5,000円ほどです。)

1ヶ月の居住費75,000円×12ヶ月=90万円

これが、ほぼ60,000円ですんでいることになります。これはありがたや。

あと生命保険(18,000円)ももう少し安いです。

(*すみません。夫のお給料&保険なので実際の金額は公表していません)

「借り上げ社宅っていいな〜」と思っていましたが、そのぶん私も夫も近所に友だちはおらず、年に3回の帰省の往復でお金と時間を大量に消耗しています。

わが家の家計で改善したいこと

夫の会社はありがたいことに、転勤先では借り上げ社宅、本社近くでは社宅があり、家を購入するまでは居住費は1年間に10万円もあれば足りますし、住むところに困ることはありません。

ただ、今は転勤族で居住費がかかっていないのでのんきですが、いつかは家を購入するつもりです。

家を購入する方法としては

  • 新築の建売を購入
  • 注文住宅を購入
  • 中古マンションを購入しリノベーション
  • 新築マンションを購入

というのを考えています。

頭金とか住宅ローンとか全然わかりませんが(これから勉強して行かねば)家を購入したら月に75,000円くらいはかかるんじゃないかなと想像しています。

これはもう、あさイチ「家計の理想割合」との乖離が現実的になる日が来るということですね。

つまり家を購入することになったら、今の割合のままではかなり厳しいです。

「実際の割合」を「理想の割合」にするための手取り

ちょっと計算してみたのですが、今の「水光熱・通信費」13%の40,336円を、理想の割合10%にするには手取りで403,360円必要です。

他の費目も同様に考えてみるとこんな感じ。

費目実際の金額実際の割合理想の割合理想の手取り
水光熱・通信40,336円13%10%403,360円
食費・外食費80,679円26%16%504,243円
日用品17,226円6%2%861,300円
交通費10,200円3%1%1,020,000円
医療・教育23,606円8%8%295,075円
自由費67,192円22%17%395,247円

(*仮定として手取り30万円・居住費75,000円・生命保険18,000円の場合)

うーん?手取り100万円とか無理ですね。

「実際の割合」を「理想の割合」に近づけるためのポイント

本当は収入を増やす(=私が働く)というのがいちばんの解決策ですが、それより割合を少しでも減らすことが先決と考えます。

  • 食費・外食費を26%→20%(60,000円)
  • 日用品6%→4%(12,000円)
  • 自由費22%→19%(57,000円)

この辺が現実的かもしれません。

合計で約35,000円の節約となり、貯蓄率15%にはまだまだ遠いですがひとまず32,239円の赤字は無くなります。

食費・外食費

子どもがいると食費が増えるのは仕方ありませんが、まだ4歳と1歳なのに8万円もかかっているのは怖いと思っていました。

男の子だし、中学生・高校生とかになったらどうなるのかと。

今なら

  • 外食費を娯楽費として節約する
  • コンビニスイーツを制限する

とかで改善したいところです。

日用品

日用品は実際は17,000円のところを理想の12,000円と5,000円の節約が必要です。

  • まとめ買い
  • ポイ活
  • 定期便

とか、できるだけ負担のないような節約がしたいです。

自由費

自由費は実際は67,000円を理想の57,000円と、1万円の節約が必要です。

2018年の自由費の内訳はこんなかんじです。

2018年の自由費の詳細な金額はこちら。

自由費の中でも「衣類」と「住まい」が67%(541,748円)と、かなりの部分を占めています。

考えてみると、たしかに「必要なものだから^^」という無意識が強い気がしますね。

日々の支出は1ヶ月ごとに予算を決めているのですが、自由費の中の衣類と住まいの予算を作った方がいいですね。

特に「住まい」は使いすぎになりがちなので気をつけます。

まとめ

というわけで、あさイチ「理想の家計割合」と実際の家計を比べてみたことで、今は借り上げ社宅でのんきにしていますが、将来のことを考えると

  • 食費・外食費
  • 日用品
  • 自由費の中の衣類と住まい費

この3つを見直すべきことが分かりました。

家を購入する以外にも、子どもたちは大学に通う予定ですし、老後の貯蓄も気になります。

あらためて「家計を引き締めたい!」という気持ちになりました。しっかりしないとです。

このような記事もあります

エクセルがなくてもMacでかんたん家計簿づくり。Numbersが使えます

Numbersで作る家計簿。エクセルが無くてもMacでかんたん家計簿づくり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × two =