Numbersで作る家計簿。エクセルが無くてもMacでかんたん家計簿づくり。

Numbers」とは、アップル製品の中に初めから入っているエクセルのようなものです。

ただ、10年以上エクセルで生きてきた私にとってはこれまでずっとよく分からないものでした。

 

約1年間MacBook Airを使ってきましたが先日、なんとなく家計簿のためにNumbersをいじっていると、簡単にきれいで分かりやすい家計簿を作ることができました。

 

この記事では、Macに初めから入っているNumbersで作るわが家の家計簿についてまとめています。

Numbersって何ですか?

f:id:damarin:20180309152330j:plain

Numbersの説明としてはこちら。

Numbersなら、魅力的なグラフ、表、画像が入った美しいスプレッドシートを作れます。

リアルタイムの共同制作機能を使えば、チームのみんなで一緒に作業ができます。Mac、iPad、iPhone上はもちろん、Windowsパソコン上でもiCloudのためのiWorkを使って共同制作に加われます。

(出典:アップル公式サイト)

ずっと、「Numbersって何ですか?それよりエクセルを使いたいです。」と思っていました。

実際、オンラインオフィスでエクセルを使っていましたし。

 

当時の私に「それは時間の無駄だよ」と言いたいくらいに、Numbersは超便利なスプレッドシート(表計算ソフト)です。

 

よく考えてみると、アップル製品のパソコンやスマホってとっても使い心地がいいです。

そのアップル製品の表計算ソフトが使いにくいわけないんですよね。

 

Numbersを使ってみた

Numbersを使ってみたいと思ったきっかけはこちら。

  1. iPhoneから見たい→見れる
  2. iPhoneから編集したい→できる
  3. Windowsのパソコンでも使うかも→使える

実際にNumbersで家計簿をつけていますが、ふと気になった時にiPhoneですぐに確認できるのが便利で気に入っています。

 

テンプレートの家計簿を開く

まず、デスクトップのNumbersのアイコンをクリックし「新規書類」を開くとこちら。

f:id:damarin:20180124134609p:plain

さまざまなテンプレートが出てきます。

 

家計簿を作りたいので、左側の「個人財務」へ。

  • 空白
  • チェックリスト
  • チェックリストの合計
  • グラフの基本
  • 簡単な予算
  • 家計簿
  • 貯蓄プラン
  • マイ株式

などといった、家庭で使うのに十分な種類のテンプレートが出てきました。

 

「個人財務」以外にも「パーソナル」「ビジネス」などのカテゴリもありさまざまなテンプレートが準備されています。

 

次に「個人財務」→「家計簿」のテンプレートをクリック。

 

するともうこんなかんじです。

f:id:damarin:20180124134845p:plain

テンプレートをクリックしただけでこれなので、場合によっては編集せずにこのまま使えますね。

現在は家計簿以外にもNumbersを使っていますが、Numbersを使う際は基本はテンプレートからはじめて行きます。

 

テンプレートがあるのであっという間にグラフも完成。棒グラフで直感的な把握も可能です。

 

テンプレートの家計簿を編集してみる

f:id:damarin:20180124152312p:plain

費目や数字をクリックすると、画面右にクリックした部分に必要な編集画面が出てくるので、ここで編集していきます。

(座標のメモリの単位や、グラフの色の変更、数字の配置など全てをここで編集します)

 

わが家の家計簿はこちら

わが家の家計簿は

  • 1番目のタブ:家計簿(ここでは分かりやすいようトップページと呼びます)
  • 2番目以降のタブ:費目(ここでは分かりやすいようサブページと呼びます)

という、トップページが家計簿、2番目以降のサブページのタブはトップページに紐づくような費目ごとの詳細(金額や買ったものなど)を入力しています。

 

作った家計簿はこちらです

f:id:damarin:20180223085757p:plain

家計簿のトップページは「家計簿」テンプレートから、グラフのカラーやスタイルを変えたり、費目を変えています。

 

テンプレートにあったグラフはそのまま使い、

  • 円グラフ:費目ごとの割合
  • 棒グラフ:費目ごとの予算との差

が、直感的に確認できるようになりました。

月末に見返す時に便利です。

 

費目の金額の入力は別タブから

サブページでは費目別の支出などの詳細な金額を入力しています。それがトップページの「家計簿」タブに紐づくように作っています。

 

金額を知りたい費目

  • 食費
  • 外食

この2つは、金額だけが知りたい費目です。

f:id:damarin:20180223090120p:plain

レシートを見ながら金額を入力します。

この合計金額がトップページの「家計簿」タブに紐付くようにしています。

 

エクセルと同じで「=SUM」などを使って紐付けできます。

 

金額・内訳を知りたい費目

  • 車・交通費
  • 健康・教育

金額と内訳が知りたい費目はこの2つです。

f:id:damarin:20180223090331p:plain

何にどのくらいの金額を使っているのかを把握できるよう、内訳が分かるようにしています。

  • 左:詳細・費目・金額
  • 右:各費目ごとの金額

左に入力する際、費目の内容はポップアップメニューで選択できるように設定しています。

f:id:damarin:20180223090426p:plain

「グラフの基本」にこのようなポップアップメニューのテンプレートがありますし、自分で作ることもできます。

 

ポップアップメニューの名前の追加・削除はこんなかんじです。

f:id:damarin:20180223090938p:plain

「+」で追加、「−」で削除します。

 

ポップアップメニューで選んだ費目の金額は、自動的に右の表に集計されます

f:id:damarin:20180223090524p:plain

さいごに、右の表の合計金額がトップページの「家計簿」タブに紐づくようになっています。

 

金額・内訳・詳細を知りたい費目

  • 日用品
  • 自由費

去年の反省をふまえ、詳しく知りたい2つの費目です。

金額と内訳だけではなく、購入したものの名称を入力しています。

 

例えば日用品はこんなかんじです。

f:id:damarin:20180223090845p:plain

店名、商品名、費目、金額をレシートを見ながら入力していきます。

円グラフも作り、何にどのくらいのお金を使っているかを直感的に分かるようにしています。

 

詳細を入力する理由は、その月の合計金額が高額になった時に詳細を見直したいからです。

「家計簿が高くなった!理由は不明!」というのが一番よくないので、高額になった時に詳細が分かりにくいこの2つの費目は記録するようにしています。めんどくさいですが、理由が分からないよりは良いかな・・・と。

 

Numbersで家計簿をつけるのが楽になりそうです

f:id:damarin:20180124133021j:plain

仕事で10年以上エクセルを使い慣れていたこともあり、これまでは家計簿もエクセル管理でした。

仕事でもプライベートでも、エクセルって便利に使えますよね。

 

ただ、エクセルを使えるならNumbersはもっと簡単に使うことができるんじゃないかなと思います。

Numbersは好みのテンプレートを選んで、あとは直感的に分かりやすく自分仕様にしていくのみでとっても簡単です。

 

すべての金額の合計がトップページにリンクしているので、日々のレシートを入力するだけで1ヶ月の家計簿がまとまることになります。

 

これまで、小計や合計を電卓で計算していましたが、Numbersで作った家計簿ではもっと簡単に、分かりやすい家計簿が作れそうでよかったです。

 

予算化など家計簿の考え方はこちらの本を参考にしています。

このような記事もあります

マネーフォワードMEと手作り家計簿を比べてみた|2ヶ月分の暮らしの支出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one + 9 =