ティーマは平凡な家庭でも使えます。わが家の使いやすいサイズと形をまとめてみました。

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

ティーマは北欧食器で有名なiittala(イッタラ)の人気シリーズで、シンプルな暮らしにフィットするデザインと使いやすさで人気です。

私もティーマが好きで、数年前からプレート・ボウル・マグカップなど、日常使いの食器をティーマで揃えています。

また、ティーマはデザインだけでなく、

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • 冷凍
  • 食洗機

に対応しているのですごく使い勝手がいいんですよね。

マリ
マリ

値段はちょっとお高めだけど、毎日気分良く使える&使い勝手も良いのでお気に入りです♩

この記事では、わが家の超平凡な食卓で使っているティーマのサイズと形についてまとめています。

平凡なわが家でも使いやすいティーマ

少しずつ増えてきた、わが家で使いやすいサイズと形をまとめました。

プレート

ティーマのプレートは5種類のサイズがあります。

  • 15cm(ホワイト)
  • 17cm
  • 21cm
  • 23cm
  • 26cm

17cmのプレート

17cmプレートは毎食使うほどにかなり使いやすいサイズです。

ケーキを盛り付けるのにも小さすぎず大きすぎず、本当にちょうどいいサイズなので、いろんなカラーで買い足して揃ってきました。

ティーマ17センチのターコイズブルーのプレート写真

普通の食事にもぴったり。ターコイズブルーのプレートもかなり良い色で、すごく気に入っています。

派手だけど派手じゃない。ちょうど良いんですよね。

実はターコイズブルーを購入した帰り道「ド派手な色を買ってしまったかも」と後悔したのですが、使ってみると意外にも料理と馴染んでとても良い色で驚きました。

マリ
マリ

今ではお気に入りのカラーです♩

17cmのプレートはいちばん数を持っていますが本当によく使います。

  • 朝ごはんの食パン
  • ケーキなどのおやつ
  • ひとりぶんの昼ごはん
  • 主菜が小ぶりなとき
  • 取り皿として
  • 子どものカレー皿として

などなど。

毎日というか、毎食使っているほどかなり使えるサイズなので、ティーマを初めて使う人にはこれがおすすすめ。これからも揃えていきたいサイズです。

【イッタラ】ティーマのプレート17cmがおすすめ|いちばん使いやすいサイズとカラー

21cmのプレート

ティーマ21センチのプレート写真

21cmのプレートは、パスタ一人前にピッタリ。ちゃんと大きいサイズです。

使い方としては

  • 夫婦の夜ご飯の大皿 
  • 夫の夜ご飯のメイン皿
  • パスタ皿として
  • 私のカレー皿として(夜)
  • ホールケーキをのせる

などなど。

21cmは、男性ひとりぶんか夫婦で1つのメイン皿(キャベツの千切り+トンカツ)として、かなりいい感じの大きさです。

マリ
マリ

もうちょっとお皿に余白が欲しいな〜っという人には23cmもありますよ♩

【iittala】ティーマのプレート21cmはパスタを盛り付けるのにぴったりなサイズ

ボウル

ティーマのボウルは2種類のサイズです。

  • 15cm
  • 21cm

15cmのボウル

ティーマでいちばん使っているのは17cmのプレートですが、15cmのボウルは2番目によく使う食器です。

深さがあるので、ちいさめの丼として使うことも多いです。

  • 朝食のグラノーラを入れる
  • フルーツを盛り付ける
  • 鍋のときの取り皿として
  • サラダボウルとして
  • ミニ丼のお皿として

などなど、毎日使っている食器です。子供のカレー皿としてもちょうどいい。

電子レンジOKなので、市販のレトルトカレーやレトルト牛丼のレンチンも大丈夫です。

ティーマのボウル15cmの使用例!普段使いに便利な食器です

21cmのボウル

ティーマの21センチボウル

ボウルの21cmは、成人男性(夫)のカレー用にちょうどいい大きさです。

初めて購入したのがこの赤い21cmのボウルでした。

この赤色も購入した際「ド派手な色を買った。。どうしよう。。。」と思いながら帰ってきましたが、全然OKでした!

ティーマの21センチのボウルのを使った食卓の写真

こちらはサラダを盛り付けてみた図。

ティーマの赤い色は、どんな食卓にも色合いがとても合うし、食卓が華やかになります。

クリスマスシーズンの期間限定色ですが、わが家では年中使っています。

スクエアプレート

ティーマのスクエアプレート

ティーマは、レンジもオーブンもOKなお皿なのでグラタン皿にもぴったりです。

スクエアプレートは、おかずの量が少ないな〜という時によく使うお皿です。

マリ
マリ

キャベツの千切りとフライ物の組み合わせなど、メインを盛り付けるのによく使います。サイズ感も使いやすいです♩

マグカップ

ティーマのマグカップは2種類のサイズ展開です。

  • 300ml
  • 400ml

わが家で使っているのは300mlですが、毎朝のホットコーヒーを入れるのにちょうどいい容量です。

300mlマグカップは、スタバのショートサイズ(240ml)とトールサイズ(350ml)のちょうど真ん中くらいのサイズ感。私にはぴったりサイズです。

マリ
マリ

いつもショートは少ないな〜、トールはやや多めかな〜〜と思っていたので、300mlはすごく良い感じの量なんです。

この持ち手のデザインも手にしっくりなじんで本当に素敵。

ティーマのマグカップは300mlがちょうどいい。他のティーマと比べてみた

おまけ・裏のデザインもかわいい

ティーマの裏の可愛いロゴ

ティーマのロゴはかわいくシンプルなデザイン。

お皿の裏に印字されているので、食器を洗うときに毎日目にするところです。

ふと目に入るこのデザインにほっこりな気持ちになっています。

iittala(イッタラ)ティーマが好きな理由

iittala(イッタラ)は、暮らしに馴染みながらも飽きのこないデザインが人気です。

実際、平凡なわが家の食卓でもしっくりと馴染んでいます。

洗練されたデザインとカラーが普段の食卓にもとても使いやすく、毎日使っているし、この先、一生使おうと思っています。

マリ
マリ

ほかの食器に目移りしなくなった分、カラーやデザインをじっくり選べるし、収納もしやすいです。

iittalaの成り立ち・ガラス製品も素敵

イッタラはフィンランドの村の小さなガラス工場から生まれたのだとか。

私がiittalaを知ったきっかけはティーマシリーズでしたが、カステヘルミやフローラなどのきれいなガラス製品もたくさんあることを知ってさらにiittalaが好きになりました。

マリ
マリ

ガラス製品って人を虜にする魅力があるんですよね・・・。

【iittala】カステヘルミ(Kastehelmi)のグラスにテンション上がる!良い買い物しました

タイムレスなデザインは本当に飽きない

イッタラの1950年代、1960年代にデザインされたシリーズものは今でも変わらず人気です。

  • アイノ・アアルト(1932年〜)
  • ティーマ(1952年〜)
  • カルティオ(1958年〜)
  • フローラ(1960年〜)

暮らしに馴染むiittalaの食器はいつまでも使いたいと思えるものばかり。

デザイナーのカイ・フランクが「必要な装飾は色だけ」と言っているように、ティーマのデザインってマジで飽きません。

スタッキングできるので収納もしやすく、他の食器を買わなくてもずっと満足度が続くんですよね。

街の雑貨屋さんやネットショッピングで「何か良い食器ないかな?」とふらっと立ち寄ることがなくなりました。

ティーマは機能が充実している

ティーマの使い勝手はデザインだけでなく機能も優秀。

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • 冷凍
  • 食洗機

に対応していてもうなんでも大丈夫って感じですよね。

電子レンジで作り置きを温めたり、冷凍食品を温めることができるのは便利です。

レンチンする場合、レンジOKかどうかを確認したり、家族の誰かがレンジ禁止の食器でレンチンしてしまう(汗)みたいな心配がなくなりめちゃくちゃ快適です。

まとめ

というわけで、わが家の超平凡な食卓で使っているティーマのサイズと形について書きました。

お気に入りの北欧食器ティーマですが、もちろんこれからも少しずつ買い足していく予定です。

ティーマはしょっちゅう購入できる金額ではないのですが、一度購入すれば毎日満足だし、次に買うときはカラーやデザインをどれにしようか迷ったり。年に数回の迷う楽しみがあることが嬉しいです。

マリ
マリ

カラーを選びながら少しずつ買い足していきたいです。 

おすすめ関連記事です

【イッタラ】ティーマのプレート17cmがおすすめ|いちばん使いやすいサイズとカラー ティーマのボウル15cmの使用例!普段使いに便利な食器です ティーマのマグカップは300mlがちょうどいい。他のティーマと比べてみた 【イッタラ】フローラ15cmボウルでトライフルを作りました。簡単&おいしい!家族に好評でした♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です