ティーマは平凡な家庭でも使えます。わが家の使いやすいサイズと形をまとめてみました。

北欧食器で有名なiittala(イッタラ)は、シンプルな暮らしにフィットするデザインと使いやすさで人気です。

 

イッタラの代表的とも言えるティーマシリーズ。

私はティーマが好きで毎日使っています。

平凡なわが家でも使いやすいティーマ

ティーマは、専業主婦の私にとってはけっこうなお値段です。

そのため、購入するのは年に数枚ずつ。

 

少しずつ増えてきた、平凡なわが家でも使いやすいサイズと形をまとめておきます。

 

プレート

ティーマのプレートは5種類のサイズがあります。

  • 15センチ(ホワイト)
  • 17センチ
  • 21センチ
  • 23センチ
  • 26センチ

私が持っているのは17センチ・19センチ(廃盤)・21センチのプレート3種類です。

 

17センチのプレート(3枚所有)

ティーマ17センチのターコイズブルーのプレート写真

ターコイズブルーのプレートを持っています。
とてもいい色なので、なにげない食事がオシャレに見える・・・気がします。

 

実はターコイズブルーを購入した帰り道、ド派手な色を買ってしまったかもと後悔したのですが、使ってみると料理と馴染んでとてもキレイでお気に入りです。

 

こちらは17センチのホワイトのプレートです。ホワイトは2枚持っています。

ティーマのホワイトのプレート写真

クッキーのクオリティは置いといて、まるくてちょうどよい厚みがあっていいお皿ですよね。カラーも良い。

17センチのプレートは合計3枚持っていますが

  • 朝ごはんの食パン
  • ケーキなどのおやつ
  • ひとりぶんの昼ごはん
  • 主菜が小ぶりなとき
  • 取り皿として
  • 子どものカレー皿として

などなど。

毎日というか、毎食使っているほどかなり使えるサイズです。

 

 

19センチのプレート(1枚)

ティーマのブルーのプレート写真

こちらは19センチのブルーのプレートなのですが、19センチは廃盤のようですね。

 

女性ひとり分のおかずを盛り付けるときは19センチくらいが好みなので残念です。

  • 夫婦2人ぶんの朝ごはんの大皿として
  • 私の昼ごはんのプレート
  • 私のカレー皿として(朝と昼)

朝ごはん(サラダとスクランブルエッグとウインナーなど)と、ちょっと軽めのごはんにちょうどいい大きさです。

 

21センチのプレート(1枚)

ティーマ21センチのプレート写真

パスタ一人前には21センチがちょうどいいです。

そのほかの使い方としては

  • 夫婦の夜ご飯の大皿 
  • 夫の夜ご飯のメイン皿
  • パスタ皿として
  • 私のカレー皿として(夜)
  • ホールケーキをのせる

などなど。

 

21センチは、男性ひとりぶん、もしくは夫婦で1つのメイン皿(キャベツの千切り+トンカツ)として、かなりいい感じの大きさです。

(ティーマの21センチは1枚だけですが、アラビアの食器を2枚持っています。21センチって色々使えますね。)

 

 

ボウル

15センチのボウル(2枚)

ティーマのボウル

次男のお食い初めのお祝いのときのもの。

赤飯と筑前煮のお皿がティーマで、グレーとホワイトです。

 

ティーマは和食を盛り付けてもきれいですよね。

 

 

21センチのボウル(1枚)

ティーマの21センチボウル

夫のカレー用にちょうどいい大きさです。実は初めて購入したのがこの赤いティーマです。

 

ティーマの21センチのボウルのを使った食卓の写真

こちらはサラダを盛り付けてみました。

 

ティーマの赤い色は、どんな食卓にも色合いがとても合って食卓が華やかになります。

 

 

スクエアプレート

ティーマのスクエアプレート

ティーマは、レンジもオーブンもOKなお皿なのでグラタン皿にぴったりです。

 

グラタン以外にもキャベツの千切りとフライ物の組み合わせなど、メインを盛り付けるのによく使います。

 

 

マグカップ

ティーマのマグカップは2種類のサイズ展開です。

  • 300ml
  • 400ml

わが家で使っているのは300mlですが、毎朝のホットコーヒーを入れるのにちょうどいい容量です。

ティーマのマグカップはブラックとホワイト

ブラックとホワイトのマグカップはコーヒーを入れた姿がかっこいいです。

 

おまけ・裏のデザインもかわいい

ティーマの裏の可愛いロゴ

かわいくシンプルなデザインの裏のロゴも好きです。

食器を洗うときに毎日目にするたびに丁寧に扱おう!という気持ちになります。

 

iittala(イッタラ)ティーマの人気の理由

f:id:damarin:20190109004516j:plain

iittala(イッタラ)は、暮らしに馴染みながらも飽きのこないデザインが人気ですよね。

 

実際、平凡なわが家の食卓でもしっくりと馴染んでいます。

洗練されたデザインとカラーが普段の食卓にもとても使いやすく、毎日使っています。

 

iittalaの成り立ち

フィンランドの村の小さなガラス工場からiittalaは生まれました。

 

私がiittalaを知ったきっかけはティーマシリーズでしたが、カステヘルミやフローラなどのきれいなガラス製品もたくさんあることを知ってさらにiittalaが好きになりました。

 

ガラス製品って人を虜にする力がありますよね・・・。

 

タイムレスなデザイン

iittalaは新しいシリーズものもありますが、1950年代、1960年代にデザインされたシリーズものは今でも変わらず愛され続けています。

  • アイノ・アアルト・1932年〜
  • ティーマ・1952年〜
  • カルティオ・1958年〜
  • フローラ・1960年〜

暮らしに馴染むiittalaの食器はいつまでも使いたいと思えるものばかりです。

 

1952年につくられたティーマは、わが家の食卓に毎日使っています。

 

デザイナーのカイ・フランクが「必要な装飾は色だけ」と言っているように、ティーマのデザインって飽きないんですよね。

 

ちょこちょこと他の食器を買わなくても満足度が高いです。 

 

ティーマの機能性

ティーマはオーブン、電子レンジ、冷凍、食洗機に対応しています。

グリルできることはもちろん、作り置きを少し温めたい時に安心して使えますし、食洗機対応も嬉しいですね。

 

 

これからのティーマ選び

毎日使っているお気に入りの北欧食器ティーマですが、もちろんこれからも少しずつ買い足していく予定です。

 

サイズ・種類が多い中で自分に合ったものから選ぶ

ティーマは形、サイズで選べますし、カラーも考えると選びきれないくらいに種類がたくさん。

 

好きなデザインの食器の選択肢が多すぎて選びきれない!って贅沢ですよね。毎年「次はどれにしようかな♡」という年に数回の迷う楽しみがあることが嬉しいです。

 

そんな迷いに迷うティーマの形とサイズですが、これからも自分に合うものを選びたいです。

 

これから子供達が育っていくわが家でこれから選びたいティーマは

  • カップアンドソーサー
  • ボウル15センチ
  • ボウル21センチ
  • プレート17センチ

この4種類ですね。

 

カラーを選びながら少しずつ買い足していきたいです。 

 

 

このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

ティーマでいちばん使いやすいのは白のプレート(17cm)!その他のサイズ・種類と比べみました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です