2020年|今年買ってよかったもの(随時更新)

ティーマのマグカップは300mlがちょうどいい。他のティーマと比べてみた

イッタラのティーマが好きで、毎日使っています。

秋〜冬にかけて、マグカップが活躍する季節ですが、ティーマのマグカップは300mlがちょうどいいです。

マリ
マリ

温かいお茶やコーヒーって「いっぱい飲む!」ってわけでもないので、マグカップは300mlがちょうどいいんです。

ティーマのマグカップって、なぜだか全然飽きないんですよね。

POINT
  • シンプル
  • ちょうど良いサイズ
  • カラーも色々

マグカップをティーマにして以来、なぜだか、他のマグカップが欲しくならないんです。

この記事では、ティーマの300mlマグカップへの愛を叫んでいます。

ティーマは平凡な家庭でも使えます。わが家の使いやすいサイズと形をまとめてみました。

ティーマのマグカップ300mlは色々ちょうどいい

ひんやり冷える季節になったら、朝からホットコーヒーをこのティーマのマグカップにそそぎます。

寒いし、布団の中にまだいたいって思うけど、ティーマの300mlのマグカップがあるからがんばって起きてコーヒーメーカーまでたどり着けるんです。

コレ、結構冗談じゃなく、お気に入りのマグカップがあるのって朝のモチベーションに関わってくると思うんですよね。

それならティーマの300mlのマグカップがおすすめです。

取っ手がちょうどいい

ティーマのマグカップの取っ手は、シンプルに持ちやすいです。

  • カーブが良いとこにある
  • 太すぎず細すぎずベスト
  • 持ったときの安定感も良い

持ってみると、手にしっくりなじんで安心感があります。

私はこれまでマグカップにこだわるような人間ではなく、以前は結婚式の引出物を使っていたくらいです。

なんですけど、ティーマにしてみたらすごく良い。好きなんです。

次に買うなら迷うことなくティーマのマグカップです。

300mlがちょうどいい

スタバのアイスコーヒーショートサイズ:ティーママグ300ml

スタバのドリンクサイズは、

  • ショート(240ml)
  • トール(350ml)
  • グランデ(470ml)

という感じで、ショート〜グランデくらいまでが一般的かと思います。

ホットコーヒーを注文するとき、いつもショートかトールか迷いますが、スタバで少し休憩するだけならショート(240ml)、長居するならトール(350ml)を選びます。

ティーマのマグカップの300mlは、スタバのショート(240ml)とトール(350ml)の真ん中サイズで、本当ちょうどいいんですよね。

朝から入れるホットコーヒー、ティーマのマグカップ300mlだと多すぎず、少なすぎず、しっくりくる量が楽しめるんです。

もちろん!カラーもたくさん

ティーマなら、カラーが色々選べます。

私はホワイトとブラック1つずつ持っていますが、じゅうぶん満足。

グラスや食器や箸は夫婦兼用ですが、なんとなくマグカップはお互い、使うカラーが決まっています。

私はホワイト

夫用はブラックにしました。ティーマのブラックはかっこいいです。

ティーマのマグカップ300mlをほかのティーマと比べてみた

ティーマのマグカップ300mlをほかのティーマと比べるとこんな感じです。

  • 左:プレート17cm
  • 右:ボウル15cm

わが家でいちばんよく使う食器はティーマのプレート17cmですが、ティーマの300mlのマグカップと並べてみると、しっくりくるこのサイズ感。

本当、ティーマの300mlマグカップは、大きすぎず小さすぎず。

使い勝手だけでなく、見た目にも良いんですよね。

【イッタラ】ティーマのプレート17cmがおすすめ|いちばん使いやすいサイズとカラー

おわりに

というわけで、ティーマの300mlのマグカップが良いよ!っていう記事でした。

POINT
  • シンプル
  • ちょうど良いサイズ
  • カラーも色々

お気に入りポイントとして、ほかのマグカップが欲しくならないところも大きいです。

ティーマの食器全てに言えるんですけど、ティーマで食器を揃えるようになり、食器の物欲がなくなりました。

家族の成長に合わせて、食器が足りなくなってきたかな?と思えばティーマで探すだけ。行動がシンプルになって快適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − nineteen =