Windowsの音楽をMacに移行する方法|外付けHDDでiTunesに取り込むステップとは?

先月、MacBook Airを購入しました。

 

プライベートも仕事でも15年はWindowsを使っていたし、ついこの間までWindows vistaを使っていました。

今は少しずつMacに慣れていっている状況です。

 

MacBook Airを選ぶ中で、気になっていたことのひとつが、WindowsからMacに音楽データを移行することができるのか??ということ。

結果的にはカンタンに移行することができました♩

 

この記事では、iTunesの音楽データをWindowsからMacに移した方法をまとめています。

MacにWindowsの音楽データを移す方法|準備

WindowsからMacに音楽を移行する方法は、

  1. Windows:外付けハードディスクに音楽を保存する
  2. Mac:1のデータをMac側のFinder→ミュージック→iTunes→iTunesに自動的に追加

という流れがベストです。

 

Windowsですること

外付けハードディスクにiTunesの音楽を保存しておく。

 

えーと、これだけです。

ハードディスクは、せっかくなので1TBのものを購入しました。

 

Macですること

Macでしたいことは、ハードディスクのiTunesを、Macのミュージックフォルダ内のiTunesに移したいということです。

 

今となっては簡単なことですが、はじめはMacのどこに音楽を扱うフォルダがあるのか分かりませんでした。。

Macの「Finder」というのがWindowsの「マイコンピューター」みたいなものということを知っていたら楽でしたね。

 

というわけで、Macへの音楽の取り込みは「Finder」からはじまります。 

 

Finderにミュージックを表示させる

デフォルトでは「ミュージック」フォルダが隠れているので、どこを探しても音楽関係のフォルダがありませんでした。

まずは「ミュージック」フォルダを表示させることからです。

 

Finder(青と白の顔みたいなアイコン)をクリックします。(画面下のアプリのアイコンが並んでる左端にあります。)

「Dock」には、「メール」などのよく使うアプリケーションのアイコンが表示されています。デフォルトで「Dock」は画面の下部にありますが、画面のいずれかの端に移動したり、表示方法をカスタマイズしたりすることができます。「Dock」内のアプリケーションを開くには、そのアイコンをクリックします。

OS X Mountain Lion: Mac の一般的な用語について調べる

 

次に、左上のリンゴマーク隣の「Finder」をクリック。

f:id:damarin:20170424104019p:plain

 

環境設定→サイドバーから、「ミュージック」にチェックを入れます。

f:id:damarin:20170424104033p:plain

これでFinderに「ミュージック」が表示されるようになりました。

 

MacにWindowsの音楽データを移す方法|Macに音楽を取り込む

Finderにミュージックを表示させることができればもうすぐです。

 

Macに音楽を取り込む

ハードディスクを取り込みます。

デスクトップの右上にハードディスク名が出てきます。

f:id:damarin:20170424104647p:plain

 

Finder→「ミュージック」→iTunesのファイルを確認

f:id:damarin:20170424104424p:plain

 

ハードディスク内のiTunesを、Finderの「ミュージック」→iTunes→iTunes musicに入れます。

f:id:damarin:20170424105408j:plain

ハードディスクのiTunes musicを、MacのiTunes musicへスライドすると上書きされます。

 

Macに音楽を取り込むのにかかった時間

移行したい音楽データは22GBもありましたが、10分で終了しました。

早い!

古いパソコンの時には考えられない早さです。。

 

ただ、これだけではiTunesに反映されませんでした。

 

MacにWindowsの音楽データを移す方法|音楽をiTunesに反映させる方法

Macに音楽は取り込むことができましたが、それだけではiTunesで音楽が反映されていませんでした。

 

「iTunesに自動的に追加」にデータを入れる

「ミュージック」のiTunesフォルダの中に「iTunesに自動的に追加」というアイコンがあるので、iTunesに入れたい曲をこの中に入れます。

f:id:damarin:20170424110948j:plain

「ミュージック」→iTunes→iTunes music→「iTunesに自動的に追加」へiTunesに入れたいファイルをスライドさせる

 

iTunesで反映されました♩

f:id:damarin:20170424111151p:plain

嵐のファイルを追加したので、嵐の曲が全て反映されていました。

f:id:damarin:20170424111304p:plain

バナナマンのポットキャストも移すことができましたー!

 

MacにWindowsの音楽データを移す方法|もっと簡単にiTunesに反映させる方法

私が終わったあと、夫が音楽データを移行しはじめました。

私は①ハードディスクの音楽全てをパソコン内に移動し、②聴きたい曲を「iTunesに自動的に追加」へ移動しました。

 

なんですけど、夫を見ていると、ハードディスクに入れた音楽の中からiTunesに入れたい曲だけを選んで「iTunesに自動的に追加」に直接移動していました。

当然、データが少ないのであっという間に移行完了。。。

うん。それが正解ですね。

 

私のように、音楽を全てMacに入れてしまうと容量が大きくなってしまうので、容量を気にする場合は聞きたい曲だけをiTunesに直接入れるのがベストです。

もちろん、全曲入れたい!という場合でも直接移動がおすすめです。

 

MacBook AirにCDから音楽を入れるにはDVDドライブが必要

MacBook Airを購入する際「CDの音楽を取り込めるのかな?CDを焼けるのかな?」というのも気になるポイントでした。

MacBook AirにはDVDドライブが付いていないので、新たに購入することでCDを取り込んだり焼いたりできるようになりました。

 

BUFFALOのDVDドライブを購入

f:id:damarin:20180528235323j:plain

BUFFALOのDVDドライブを購入しました。

 

中身はこんなかんじです。

f:id:damarin:20180528235345j:plain

インストールするためのCDが付属していますが、Macは不要。(Windows用です)

使い方は、本体のDVDドライブをMacBook Airに接続するだけなのでとても簡単でした。

 

できたこと

DVDドライブを使ってiTunesのプレイリストからCDを作ってみました。

  1. CDをDVDドライブに入れる
  2. iTunesのプレイリストにCD化したいアルバムをペースト

これで6分くらいで書き込みできました。

 

そのほかにも、DVDもちゃんと見れたし、CDをMacへ取り込むこともできましたよ。

今やクラウドやインストールの時代ですが、現実的にはCDを買ったりレンタルもするのでDVDドライブは必要ですね。

 

デメリットというか、気になったこと

BUFFALOのDVDドライブを使っていて、

  • 音がちょっと気になる
  • なんか変なニオイを感じる(新しいからかな?)

ということが気になりました。

MacBook Airのマシーンの音が全く聞こえないので、よりDVDドライブの音が引き立つんですよね。

 

ただ、本体が熱くなっているわけでもないし、DVDドライブを使うのはCDをインストールする時だけなので大丈夫です。

 

まとめ

というわけで、iTunesの音楽データをWindowsからMacに移した方法についてでした。

POINT
  1. Windowsの音楽データを外付けHDDに移行
  2. MacのFinderの「ミュージック」を表示させる
  3. 「iTunesに自動的に追加」に必要な曲だけを取り込む

すごく簡単なので、安心してくださいね♩

Numbersで作る家計簿。エクセルが無くてもMacでかんたん家計簿づくり。【無印良品|入れたまま使えるパソコンケース】MacBook Airを入れるのに購入しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 − 3 =