【EaseUS Data Recovery Wizard】カメラで消してしまった写真をSDカードから復元する方法

去年の年末、メルカリで中古カメラ(SONYのRX100)を購入しました。

 

それまで、写真は全てiPhoneで撮っていました。

iPhoneは本体に写真や動画を保存し、削除しても30日間は削除フォルダに残っています。

 

一方、今回購入したカメラは本体ではなくSDカードに保存するのですが、一旦削除してしまったら見れなくなってしまいます。

カメラから写真を削除してしまうのってありがちなミスですよね。

  • 勘違いして削除
  • 不意に手が動いて削除
  • バックアップしてるから削除したらバックアップしてなかった
  • 子供が勝手に触って削除

iPhoneに慣れていたので、間違えて削除したらやばいかなー…と思っていたところ、マック復元ソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard」でSDカードやUSBメモリで削除したファイルの復元ができることを知り、実際に使ってみました。

 

この記事では、削除してしまったファイルを復元する「EaseUS Data Recovery Wizard」の使い方をまとめています。

 

参考 EaseUS®Mac用無料データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard For Mac Free EaseUS公式サイト

 

「EaseUS Data Recovery Wizard」について

f:id:damarin:20190120230633p:plain

「EaseUS Data Recovery Wizard」はMacとWindowsに対応している復元ソフトです。

Macを使っている場合、App storeでも購入できますが無料版は公式サイトからのDLになります。

 

実際に使ってみましたが、とても簡単にSDカードで削除した写真を復元できました。

MacにはTime Machineという機能もありますがあくまでMacだけのバックアップで、SDカードやUSBメモリの復元はできません。

 

「EaseUS Data Recovery Wizard」があれば、カメラをいじっているときに間違ってお気に入りの写真を削除しても慌てずにすみそうです。

 

ちなみに、復元できるファイルは写真だけでなく

  • 音楽
  • 動画
  • エクセルなどのドキュメント他

などなど、多様なファイルに対応しています。

参考 EaseUS®Mac用無料データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard For Mac Free EaseUS公式サイト

 

無料版と有料版の違い

f:id:damarin:20190120160239p:plain

無料版と有料版で大きく違うのは、復元可能なデータ容量が違います。

POINT
  • 無料版は2GB
  • 有料版は無制限

ここでのデータ容量というのは、「EaseUS Data Recovery Wizard」で復元したファイルを自分のパソコンにダウンロードできる容量のことです。

 

復元できるかどうかの確認だけなら無料版でもでき、2GBまでならダウンロードすることができます。

2GBを超えるようなら有料版を購入すると容量は無期限になりますし、手厚いサポートをそのまま受け続けることも有りですね。

 

 

「EaseUS Data Recovery Wizard」で復元する方法

カメラで削除してしまった写真を復元する方法を、ざっくりまとめるとこんなかんじです。

POINT
  1. 「EaseUS Data Recovery Wizard」(無料版)をDL
  2. SDカードをパソコンに接続
  3. DLしたソフトでSDカードをスキャン
  4. 復元したい写真をDLする

私はカメラにもパソコンにも詳しくありませんが、数ステップで復元できてとても簡単でした。

 

カメラで削除した写真を復元する方法

f:id:damarin:20190120160058j:plain

というわけで、試しにカメラで撮影したデモ写真をカメラから削除→パソコンで復元していきます。

(デモ写真にはMacBook Airとデモと書いた青い付箋が写っているこちらの写真を使います)

 

カメラから削除します。

f:id:damarin:20190120160114j:plain

もし復元できなくてもデモ写真なので問題ありません。

 

次に、カメラのSDカードをパソコンに取り込み、あらかじめダウンロードしていた「EaseUS Data Recovery Wizard」で復元していきます。

 

まずはSDカードをスキャンする

削除したファイルを復元する方法はまずはこちら。

  1. SDカードをパソコンに取り込む
  2. 「EaseUS Data Recovery Wizard」のアイコンをクリック

 

するとこのような画面になり、ここからファイルをスキャンしていきます。(無料版と有料版の比較のダイアログが出ますが閉じて大丈夫です)

f:id:damarin:20190120154436p:plain

  1. 復元したいメディア(ここではSDカード)を選択
  2. Scan(右上)をクリック

 

スキャン開始

f:id:damarin:20190120154559p:plain

スキャンが始まると、進捗状況と残り時間が表示されます。

スキャン時間はスキャンする容量で違いますが、今回は数分で完了しました。

 

スキャン終了

スキャンが終わると、スキャンされたファイルのトータル容量(ここでは8.40GB)が表示されました。

f:id:damarin:20190120154639p:plain

さっそく、先ほどカメラで削除したデモ写真があるかどうかを見ていきます。

  1. サイドバーのTypeをクリック(デフォルトではPathになっている)
  2. 確認したいファイルを選ぶ

復元したいのは写真なので、「Graphics」から「jpg」の中身を確認します。

 

スキャンした写真を確認する

f:id:damarin:20190120154833p:plain

ファイル名だと分かりにくかったのでサムネイル表示から確認していきます。

 

削除したものを復元した場合はファイル名にゴミ箱のアイコンがついているので、サムネイル写真と見比べながら探すと分かりやすいですね。

  1. サムネイル表示に切り替え
  2. 削除した日付を探す

サムネイルからさきほどカメラで削除したデモ写真が確認できました。

 

復元したい写真をダウンロード

f:id:damarin:20190120155217p:plain

  1. 復元したいファイルにチェックを入れる
  2. Recover Now(右上)をクリック

ダウンロードが完了すると「Recovery Completed」というダイアログが表示されます。

f:id:damarin:20190120155325p:plain

以上で復元は終了です。

 

まとめ

f:id:damarin:20190120155748j:plain

パソコンで復元した写真を見てみましたが、特に問題なく復元できているようです。

 

というわけで、マック復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」を使ってカメラで削除した写真を無事に復元することができました。

POINT
  1. 「EaseUS Data Recovery Wizard」をDL
  2. SDカードをパソコンに接続
  3. DLしたソフトでSDカードをスキャン
  4. 復元したい写真をDLする

刑事ドラマなどで削除済みのファイルを復元するシーンがあったりしますが、素人にもできるんだなーと驚いた次第です。

 

今回はきれいに復元することができましたが、あくまで削除したものの復元なので全てがきれいに復元できるとは限りません。

安心はできるものの、引き続きカメラで撮った写真の取り扱いには注意です。

 

カメラから間違えて写真を削除してしまうのって結構やりがちなミスだと思いますが、素人でも楽に復元できるなんて安心ですね。

参考 EaseUS®Mac用無料データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard For Mac Free EaseUS公式サイト

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × five =