子どもを連れて車で長距離帰省するときに気をつけたいこと。

こんにちは。マリ(@damarino_oheya)です!

ゴールデンウイークに、 0歳と3歳の子連れで、車で大阪から九州まで帰省しました。

マリ

私と夫、2つの実家に行くには車で帰省するのが便利でした。

ただ、子連れ&車での帰省は、想像していた以上に大変な旅になりました。

この記事では、子連れの長距離帰省で気をつけたこと・子供たちの様子をまとめています。

大阪→福岡|車で帰省することにした理由 

夫は普通の会社員で、今は転勤で大阪に来ています。

  • 年末年始
  • ゴールデンウィーク
  • お盆

と、まとまった連休がある時は、できるだけ実家に帰省したいという考えです。

 

帰省する理由は、両親に0歳と3歳の息子たちを会わせるためです。

なんですけど、長男が3歳になり、飛行機代がかかるようになり(2歳までは無料で抱っこで乗れます)経済的に年に3回の飛行機帰省は難しくなってきました。

 

大阪→福岡の飛行機の金額はこちら。(往復)

  • JAL 77,400円(伊丹-福岡)
  • ANA 83,100円 (伊丹-福岡)

早割・家族4人(大人2人・3歳1人・0歳1人)

 

一方、実際に今回の帰省(車)でかかった交通費(高速代)は往復で17,060円でした。

マリ

どちらがお財布に優しいかは一目瞭然!年に3回の帰省を続けるためにも、車で帰省することを選びました。

 

大阪→福岡|高速道路の道のり&かかった時間

大阪から福岡の実家までの距離は、高速道路のみで約560kmです。

 

今回は、朝の7時半に家を出て、夕方17時に到着しました。 

かかった時間は9時間半!(ナビでは7時間予想でした)

 

はじめての子連れでの長距離移動。思った以上にとっても疲れました!

 

新名神をとおってみた

大阪から福岡に行くには、通常だと中国道の池田〜宝塚を通ります。

関西の人はご存知、宝塚の渋滞を超えないといけません。

 

その渋滞を回避するために、開通したばかりの新名神を通りました。

f:id:damarin:20180507234029p:plain 

宝塚をひょいーっと飛び越え西に移動することができ、あっという間に神戸JCTから山陽道へ抜けることができました。

ここ、ふだんから使えるルートです。

「箕面とどろみ」という山奥から高速に乗りましたが、新御堂から繋がっている箕面の有料トンネル(410円)を 抜けてすぐのところなので、車で行くと案外遠くはないのです。

 

PA・SAで休憩しながらゆっくり進む

高速道路の運転は、疲れるし、早く着きたいので急いで駆け抜けたいところですが、SAやPAでこまめに休憩を挟みました。

 

長時間の運転は、危険ですね。

特に初めてなので道に慣れていないし、思った以上にかなり疲れます。

f:id:damarin:20180507234902j:plain

写真は吉備SA(下り)の広場です。

天候も良かったので、SAに広場があるようなところでは散歩したり子供を遊ばせたり、大人も子供も気分転換しました。

 

お昼ごはんはちょっと早めに

お昼ごはんは、朝が早かったこともあり11時頃にSAのフードコートで食べました。(場所は忘れましたが)

 

0歳と3歳がいると食べさせるのもそれなりに大変なので、まだ他のお客さんが少ない時間に食べて正解でした。

 

大阪→福岡|子供たちの様子

子供たちの様子ですが、出発前の想像では

  • 3歳:お絵描き・DVD鑑賞・お菓子を食べながら
  • 0歳:乳腺炎や脱水予防のためにもPAやSAで授乳休憩しながら

なんて考えていました。

実際は

  • 3歳:車酔い
  • 0歳:ほとんど寝てる

という感じ。笑

マリ

3歳の長男が車酔いし、計画が全てゼロになってしまいました!

想定外!!3歳長男の車酔い

長男は旅行や普段の外出で車に乗るのは慣れており、車に乗るのも好きな方だと思います。

なんですけど、珍しく家を出て2時間ほどで、「お腹が痛い」「降りたい」と言い出しました。

 

確かに休憩をしていなかったので「疲れたのかな?」と、SAに停まり、外のベンチで休憩していたところに、どぴゃーっと戻して(吐いて)しまいました。

 

疲れではなく、車酔いしてました。。。

マリ

車酔いを全く考えていなかったので、戻したところではじめて「車酔いしてたのか!」と気づきました。

初めての車酔いでしたが、食べ物をこぼしたとき用の予備の着替え・タオルなどを準備していたので助かりました。

準備して良かったもの
  • 着替え
  • バスタオル
  • ティッシュの箱
  • ウェットティッシュ
  • ビニール袋

「お菓子のゴミがたくさん出るだろう!」と、レジ袋をいくつも準備していて良かったです。

マリ

体調が悪そうだな〜とは心配していたので、正直なところ車酔いならまだ良かったです。

その後はスッキリしたようで、元気になり安心しました。

(しかしその後、2回吐きました)(!)

 

次男(0歳)は8割寝てた

いちばん心配していた次男(0歳)は、ほとんど寝ていました。

もともと、車に乗るとよく寝る子です。

 

いつもは3歳児に邪魔されてお昼寝できない日もあるし、できても1時間ほど。寝れる環境があればこんなに寝るんだ…と驚きました。

 

寝てた割には疲れていたみたいで、夜もすぐに寝てしまいました。

負担が大きかったかな?と心配しましたが、その後も体調が悪くなるようなことはなく大丈夫でした。

 

大阪→福岡|大人の役割

というわけで、長男が車酔いしたことで、

  • 夫:運転
  • 私:長男の相手

という役割になりました。

(長男のリクエストにより、私が遊び相手に選ばれた)(パパが選ばれたらパパが遊び相手ですが)

 

遊び相手の私は、長男が寝たときに(次男はほとんど寝てる)ウトウトと寝てしまいました。

その間も運転をしている夫は疲れただろうと思います。

 

私は1回だけ(!)運転を変わりましたが、ずっと集中していないと危険なので、どっと疲れてしまいました。

 

大阪→福岡|初めての車での長距離帰省で学んだこと 

f:id:damarin:20180509111246j:plain

【第2類医薬品】センパア プチベリー 10錠

 

行きで学んだことは、なんといっても、長男の車酔い対策ですね。

行きは酔ってしまいましたが、帰りは酔い止めの薬を飲ませました。

POINT
  • 3歳からOK
  • いちご味
  • 水なしで飲める
  • 酔ってからも効く

3歳からでもOKの酔い止めがあって良かったです。

 

酔い止めのおかげで、車に乗ってすぐに寝てしまったので(次男も寝た)初めからかなりの距離のスタートダッシュに成功しました。

帰りは休憩なしで福岡自宅周辺→下松SAまで行けました!

マリ

スタートダッシュで出来るだけ広島近くに行けたら、そのあとが楽です。

大人にとっては、子どもが元気な姿がいちばんのパワーになりますね。

SAやPAで甘いものをチャージしながら帰りました。(スタバとかあるので良いですね!)

 

ただ、車の帰省はやっぱり結構疲れました。

次回の帰省、車か飛行機か迷うところです。

このような記事もあります

旅行や帰省に必要!車でスマホを充電したくてANKER(アンカー)のカーチャージャーを購入しました帰省の途中に山口県岩国市の【錦帯橋】に行ってきました|錦帯橋を「朝と夜」2回渡ってみた

2 COMMENTS

kuro-yan

私はまだ子どもがいませんが、自分が昔よく酔う口だった上に、ドライブ旅行が好きな家だったので、なんだか懐かしい気持ちで記事を読ませて頂きました^^
我が家の車中でも私対策が色々されました(笑)最長は東北から愛知への車旅行だったかな…
3歳だとまだ難しいかもしれませんが、酔いそうな道を行く時、私は助手席に乗せられ、エアハンドルを持って車を運転するフリをする遊びをよくやりました。運転するお父さんの真似をして楽しいのと、なんだかんだ集中するのが良かったようです。
弟(車酔いしない)がお姉ちゃんずるい、と言って交代した事がありましたが、私がよく吐くのでそのうち譲ってくれるようになりました(笑)
また出発は基本的に夜でした。今思えば夜行バスの要領でしたね。父が自営業のため、ドライブ旅行出発日の日中に昼寝ができた、という事情もありましたが、運転が交代できるなら夜だと道も空いているし、子どもは寝てしまうのでおすすめです^^私も夜中の出発で車に乗り込んで寝て、朝起きると目的地に到着していました^0^
微力ですが参考になれば幸いです^^

返信する
damarin

kuroyan (id:kuro-yan)様
わわ〜!コメントありがとうございます!返信が遅くなり申し訳ございません!!
懐かしい気持ちになって頂いたのことで、うれしすぎます〜。読んでいただきありがとうございます。
kuroyanさんも車酔いの体質なのですね。
東北から愛知!遠いですね〜〜!私の家はそこまでの遠出はないのですが(長崎から岡山が最古の記憶です)私も車酔いの体質なので、子供の頃は車移動が嫌いでした(笑)
kuroyanさんは良い思い出になっているとのことで、うちの息子もそうなってほしいなあと願います。しかも弟さんが前を譲ってくれたりと、なんだか微笑ましいですね。
うちの長男はまだ3歳なので、「助手席に乗せるのは危険かな〜」と、まだ後部座席を卒業できていません。でもたしかに大きくなったらkuroyanさんのように助手席に乗って車酔い対策するという案があるんですね〜!なんだか希望が見えてきました(笑)
夜の出発は、一応夫に提案したのですが「大人がきついだろう」と、却下されてしまいました。まあ運転するのはほぼ夫だったので何も言えませんが。。
でも夜に出発して、朝起きたら目的地!って、子供にとっては嬉しいですよね〜。
経験談を教えてもらい勉強になりました!コメントありがとうございました〜!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 − five =