【2021年】今年買って良かったもの

tower水切りバスケットが良い理由|引越し後も愛用しています。

こんにちは。マリ(@damarino_oheya)です!

キッチンの食器かごとして、数年前からtower水切りバスケットを使っています。

POINT
  • 狭いキッチンで使いやすい
  • 食器を入れたときの見た目がシンプル
  • 2年使ってもキレイに使えている

towerの水切りバスケットは4人家族としてはちょっと小さめサイズですが、キッチンがせまいわが家にはコンパクトサイズでちょうど良いです。

以前はワイヤータイプの水切りかごを使っていましたが、1年ほどで錆が出て使えなくなってしまいました。

そのあとに買い換えたのがtowerの水切りバスケット

ABS樹脂なので錆びないし、汚れも落としやすくどこかが欠けることもなく、2年経ってもキレイに使えています。

この記事では、2年もtowerの水切りバスケットを使っている・引越ししても愛用している感想をまとめています。

▼2年前に感想を書いた記事はこちら。

towerの水切りかごを使った感想|狭い台所の水切りかご事情

towerの水切りバスケット|こんな感じで使っています

現在、キッチンにはこんな感じに横向きに置いています。

サイズは38cm×24×13cmで、食器かごとしては小さめサイズです。

▼ちなみに水が流れていくノズル部分は縦横どちらでも使えるようになっています。

水が流れるノズルを180度動かせるので、横向き・縦向きどちらでも使えます。

食器は入りきらないときもある

4人家族にしてはコンパクトサイズの食器かご。

わが家は大人2人・子供2人の4人家族ですが、

  • いつもの食事のときは食器がすべて入る
  • ちょっと豪華な食事のときはすべての食器は入らない

という感じです。

毎日の朝と昼の食器はすべて入ります。

問題は夜ごはんで、お休みの日などちょっと豪華めな食事のときはすべては入りきらないこともあります。平日の夜ならほぼ大丈夫(*品数は3品くらい。豪華な食事は作らないので。)

食器がすべて入りきらないときは、台にタオルを敷いてコップや子供の食器はそちらへ。

たまに食器が入らず不便を感じることもあるけど、それは大きい食器カゴでも同じかなと思います。

常に入らないわけではないので特に使いにくさは感じていません。

カトラリーの水切りは苦手

towerの水切りかごはカトラリー置き場がデザインされているのですが、そこは使いにくいので無印良品のステンレス箸立てをひっかけて、カトラリー置き場にしています。

もともとのカトラリー置き場は(写真左の包丁を置いているスペース)子供用のスプーンが中に落ちたり、大人の箸を置くのもちょっとしたコツがいるんです。

ちょっと使いにくいので、ここには包丁・キッチンハサミ・レードル、取っ手が取れるフライパンの取っ手など、調理器具を置くようにしています。(*カトラリーは写真右上の無印のステンレスカトラリー入れへ。)

メンテナンスは必要

ABS樹脂で、汚れに強いといっても汚れるし、使っていると水アカが目立ってきます。

そのときは(1-2週間に1回くらい)食器洗剤で洗ったあとに、中に水をためる&ブリーチをキャップ3/1くらい入れて10分ほど放置。

▼このときはまな板も一緒に漂白しました。

以前はこの作業をちょっと面倒だなあって感じていましたが、水をためてブリーチをちょっと入れて放置するだけでキレイになるので今はむしろ助かっています。

ブリーチの消毒水を流すときにシンクのゴミかごや、溝の中がキレイになるというメリットもあります。

▼ちなみに布巾や食器を漂白するときの桶としても使えるので便利です。

フックをかけて少し使いやすく

towerの水切りバスケットはステンレス製ではないのですが、フチが細いので写真のように、フックをかけることができます。

  • 100円ショップのペットボトルホルダー
  • 無印良品の引っ掛けるワイヤークリップ
  • S字フックと無印良品の柄付きスポンジ(の柄部分)

シンクにつける吸盤は取れるし、取れないものは汚れがつきやすいのでどうも上手に使えなくて。

このちょっとした引っ掛ける部分があると便利です。

食器かごを使う理由

[ 水切りバスケット タワー ]山崎実業 tower 水切りラック シンク上 水切りカゴ 水切りかご キッチン収納 水切り シンク ドレイナ 北欧 おしゃれ バスケット キッチン周り 水が流れる 皿 お皿 シンプル 箸立て 2452 2453【ポイント10倍 送料無料】

わが家で食器かごを使う理由は「夫も食器を洗うから」です。

食器かごがないキッチンで夫が食器を洗うと、

  • 洗った食器を置いた台が水浸しになる
  • 食器が乾かない
  • イライラする(私が)

というデメリットが多すぎて(汗)

シンプルライフを目指す者として、もちろん食器かごがない生活をしたことはありますが、イライラしていいことがなく、食器かご派に舞い戻った次第です。

(夫にはどんどん食器を洗ってもらいたいので。)

とはいえ、夫の件がなくても、

  • 洗いたいものが少しだけある(マグカップ2個だけとか)
  • 料理中に調理道具を洗って置きたい
  • 食事の前に料理に使った道具を洗っておきたい

みたいなときに、ふつうに便利でメリットが多いんです。

おわりに

というわけで、towerの水切りバスケットを使っている・引越ししても愛用している感想を書きました!

POINT
  • 食器は入りきらないこともある
  • カトラリーの水切りは苦手
  • メンテナンスは必要
  • フックとかをかけて使いやすくできる

引越し前・引越し後・どちらのキッチンでも使いやすくていい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen + 7 =