トミカのマグネットBOOKは1歳のお出かけ絵本にぴったり!楽しい&便利な絵本

こんにちは。マリ(@damarino_oheya)です!

現在、1歳と4歳の男の子の育児中です。

 

長男も次男もトミカが大好きで、トミカの車や道路をたくさん所有しています。

外出時にもトミカを持っていくこともありますが、5台も10台も持っていくと、荷物が増えて重いんですよね。

 

先日、「トミカのマグネットBOOK」を本屋さんで発見し、購入して使ってみました。

これまで、外出時はトミカのシールブックを愛用していましたが、シールブックのシールって、結構すぐにダメになりがちです。

シール以外のぺたぺた系も使っていましたが曲がったり裏が汚れて粘りつきが悪くなったりするところが残念でした。

マグネットブックは、トミカがマグネットタイプになっており、シールブック同様に絵本にぺたぺた貼って遊びます。

マグネットは、シールと比べると

  • 曲がりにくい
  • 裏が汚れにくい
  • 何度も使える

ので、1歳の次男でも遊びやすいアイテムで良かったです。

 

この記事では、トミカのマグネットBOOKを使った感想をレビューしています。

トミカのマグネットBOOK(マグネットブック)

トミカのマグネットBOOK(マグネットブック)は、トミカのマグネットを貼って遊ぶ絵本なので、絵本にも磁石が入っていると思います。

が、絵本自体はこんなに薄くて軽いです。

とはいえ、絵本を立ててもトミカのマグネットは落ちないので安心。

マリ

強い磁石ではありませんが、薄いのでしっかり張り付きます。

 

101パーツのマグネットでたっぷり遊べる

トミカのマグネットBOOK(マグネットブック)には、

  • 人気のトミカ
  • 標識
  • 工事現場の道具

など、101パーツのマグネットが入っています。

自分たちが持っているトミカのマグネットもあるし、これまで興味がなかったバスや大きめトラックのマグネットにも興味津々。

いろんな種類のマグネットが入っているので、息子たちの満足度も高いみたいです。

 

量がかなり多いので、もしも1つ2つ無くしてしまっても大丈夫!

マリ

パトカーや消防車など、人気の車は複数入っているのも良かったです♩

 

遊び方①道路を走らせて遊ぶ

シールブックではトミカのシールを絵本に貼り付けることしかできませんでした。

マグネットブックでは道路上でトミカのマグネットをすーっと動かしてトミカを走らせるように遊ぶこともできます。

マリ

シールブックと比べて、集中して遊ぶ時間が増えました。

 

遊ぶ方②3つのシーン別に遊ぶ

トミカのシールBOOKは、見開き3ページのシーン別に遊べます。

1ページ目はタウンクルーズ

2ページ目は工事現場

3ページ目は山と海へドライブ♩

シールブックと比べると3つのシーンだけ、という感じでしたが、トミカのマグネットを動かしながら遊べるので、3つもあれば十分かなという感想です。

 

粘着を気にしなくていい

トミカのマグネットの裏は当然ながらマグネットで、しかもツルツルしています。

なので、汚れの心配無し!です。

マリ

粘着を気にせず遊べるのでありがたい♩

粘着や汚れを気にすることなくぺたぺた貼って遊べて、シールブックよりも断然扱いやすいので親としても楽ですね。

 

マグネットブックはトミカだけじゃない

今回購入したのはトミカのマグネットブックでしたが、他にもいろんな種類のマグネットブックがあります。

プラレールもありました♩

はらぺこあおむしのマグネットも良さそうです。

のりもののマグネット

こちらは動物バージョンです

アンパンマンのシリーズも。

幼稚園の保護者会など「ちょっと静かに遊んでてほしいな・・・」というシーンが多いので、あおむしやアンパンマンのマグネットも気になります。

 

あと、わが家の子どもたち、わらべきみかさんイラストの「あいうえおDVDえほん」が大好きなので、わらべきみかさんイラストのマグネットブックがあることもありがたい・・・。ほしい・・・

マリ

長男は3歳のときに「あいうえおDVDえほん」で「あ〜ん」の読み書きを覚えました♩

 

マグネットBOOKの対象年齢は2〜3歳

トミカのマグネットBOOKの対象年齢は2〜3歳です。

 

マグネットは、トミカは大きいので良いのですが、工事現場の道具や道路標識のマグネットは小さく、

  • 掴みにくい
  • 誤飲したら危ない

ので、ほとんど使わないようにしています。

 

4歳の長男も一緒に遊びたい時は出していますが、1歳の次男だけの時は使っていません。

マリ

トミカのマグネットは1歳でも掴みやすい大きさで、自分で掴んで遊んでいます♩

 

トミカのマグネットBOOK感想まとめ

というわけで、トミカのマグネットBOOK(マグネットブック)で遊んだ感想でした。

POINT
  • トミカのマグネットがたっぷり
  • 道路を走らせて遊べる
  • 3つのシーン別に遊べる
  • 粘着を気にしなくて良い

親としては粘着を気にしなくていいので管理が楽です。

 

値段はシールブックより少しお高めですが、シールブックと違ってなんども貼って遊べるし、家の冷蔵庫やクローゼット扉など、磁石を貼れるところにペタペタ貼ることもできて楽しいみたいです。

マリ

トミカのマグネットBOOKは、お出かけアイテムにもぴったりの絵本です♩
【絵本】こぐまちゃんシリーズならコレ!全15冊を読んだ私のおすすめ5冊とその魅力を語りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen + eleven =