病院でもらった薬の保管。家族3人それぞれに書類ケースを使う。

 最近、家族全員が風邪を引いて病院にかかりました。

みんなだいぶ良くなり、ようやく病院でもらった風邪薬を片付けたところです。

 

病院でもらう薬って、薬を飲む必要がなくなっても(=治っても)出しっぱなしにしがちなんですよね。。

その理由は「置く場所がないから」なんですけど。

 

ただ、家族それぞれの薬入れを作ってみたら良い感じに暮らしやすくなりました。

この記事では、病院でもらった薬を家族ごとに保管する方法についてまとめています。

病院の薬を家族ごとに保管

これまで、病院の薬はかなりテキトウに保管していました。

でも、それだといざという時に分かりにくいんですよね。

 

息子が生まれるまでは、夫婦2人だけで特別な薬はなく、テキトーにビニール袋などに入れて管理していました。

子供は薬の種類も量も違うし、意外に頻繁に病院にかかり、薬も増えます。

そのため、今回の風邪をきっかけに、病院でもらった薬を家族ごとに保管することにしました。

 

子供の薬は大人とは区別していた方が安全ですもんね。。

 

家族それぞれの薬を「書類入れ」で区別

家族3人分のお薬

セリアでA4サイズの書類入れを購入しました。

  • ピンク:私
  • 黒:夫
  • 青:息子

という感じにファスナーのカラーで人別に病院の薬を収納しています。

 

これなら、薬を取り出したいときに色を探すだけなので分かりやすいです。

 

薬入れの中に入れているもの

お薬収納

  • お薬手帳
  • 薬の説明書

いつもらったかの経緯が分かりやすいように、上から新しい日付になるように入れています。

 

収納している場所

薬を入れた書類ケースはざっくり引き出しk収納

3つの袋は、専用の引き出しを作って収納しています。

引き出しをまるっと1つ使用していますが、わが家にはこれが合っているみたいです。

 

薬を区別した結果、意外なメリットがありました

以前は病院でもらった薬の袋のまま、ぽんっとどこかに入れていました。

 

ひとり暮らしの時はそれでも良かったのですが、結婚して子供が生まれて3人家族になった時に、夫が「このまえ病院でもらった俺の薬どこ?」とか、突然聞いてくるんですね。

 

すると、こんな会話が。。。

夫:俺の薬どこ?

私:(どこだっけ??)あそこの引き出しのどっかにあるよ?(曖昧)

夫:どこー?(探すがわからない)

結局、私が出向いて探し出すことになります。

 

夫:頭いたいなー。病院でもらったロキソニンどこだっけ?

やはり、私がさがす。

 

息子が発熱。病院で新しいお薬をもらってきたので「この前もらったのと同じかな?ちょっと確認してみよう。私息子抱っこしてるけど。あれ、お薬どこ?」

私が探す。

 

この、「私が探す」というのが、結構面倒なんですよね。

 

整理するようになってからは、

夫:俺の薬どこー?(←これは聞いてくる)

私:あの引き出しの黒い袋の中

夫:あった!

私:(一歩も動かず。)

 

と、とっても楽になって最高です。笑

 

おわりに

薬を整理する場所が決まっていて意外なメリットがありましたが、体調が良くなった後も薬をキッチンにそのまま置き続けるということもなくなりました。

元気になったらスッキリ薬も片付けると気分もいいし、元気になります♩

このような記事もあります

無印良品の引出しの仕切りにちょうどいいセリアのボックス。薬の整理に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 4 =