Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

無料アプリpixiv Sketchとセリアのタッチペンでプロフィール画像を描きました

スポンサーリンク

 

先日、このブログで使っている私のプロフィール画像を変更しました。

 

前回まではiPhoneに指でなぞりながら描いていましたが、今回は少し前に購入していたipadで描きました。

 

ipadで使ったお絵かきソフトは無料アプリのpixiv Sketchです。

そのアプリに、セリアのタッチペンで描いてみると意外にも、結構良かったんです。

 

この記事では、ipadで無料アプリのpixiv Sketchと108円のタッチペンを使ってプロフィール画像を作った方法についてまとめています。

 

 

プロフィール画像はこちらです

現在のプロフィール画像です。

f:id:damarin:20180915162850j:plain
 

ちなみに前回のプロフィール画像はこちら。

f:id:damarin:20180511171229j:plain

前回はiPhoneと指、今回はipadとタッチペンで描いているので、かなり描きやすくなりました。

 

 

無料アプリ「pixiv Sketch」が描きやすい

pixiv Sketchはイラストや漫画で交流するSNSです。

 

私はアプリでお絵かき機能だけを使っていますが、pixiv Sketchのお絵かきしやすいポイントとしてはこちら。

POINT
  • レイヤーが何個も作れる
  • 乗算とか使える
  • 戻る・進むボタンがある
  • 画像を取り込んで使える
  • ペンの種類が豊富(8種類)
  • 好きなカラーを使える

f:id:damarin:20180922010421p:plain

昔、Photoshopで薄い本を作ったりしていたのですが、今のところはプロフィール画像を作るだけならpixiv Sketchの機能で大満足です。

 

ペンの種類を選べるだけでなく、太さや色の濃さを変えることもできます。

www.pixiv.net

 

 

セリアのタッチペンが意外と良い 

f:id:damarin:20180922013909j:plain

初めてのお絵かきなので、お試しでセリアのタッチペンを購入してみました。

 

Apple Pencilを使ったことがないので比較しようがありませんが、少なくともipadに指で描くよりはセリアのタッチペンの方が断然かんたんです。

 

でも、Apple Pencilのサイトを見るとやっぱり全然違うようですね。(笑)

www.apple.com

 

セリアのタッチペンは先が丸くなっているので、ipadに描くときに若干の描きにくさがありますし、タイムラグもあります。

それでも単純なプロフィール画像を描くだけならセリアのタッチペンでも大丈夫です。

 

 

pixiv Sketchでプロフィール画像を描く方法

pixiv Sketchはレイヤーを何個も作ることができるので、レイヤーを駆使して描いています。

一発書きとかできない画力なので、レイヤーは本当にありがたいですね。

 

お絵かきの手順としてはこんなかんじです。

POINT
  1. 下書きの画像をレイヤーにUPする。
  2. 新しいレイヤーを作り、好みのペンを選んで輪郭をなぞる。(拡大できます)
  3. さらに新しいレイヤーを作り、乗算にして色をつける。
  4. 最後のレイヤーにイメージに近い色をつけてオーバーレイにする

f:id:damarin:20180922081651p:plain

過去にフォトショを使っていたとはいえ、全然使いこなせていなかったのでこんなもんです。汗

 

かんたんにまとめると、

  1. 輪郭を書く
  2. 乗算で色を塗る
  3. オーバーレイで色を合わせる

といった具合。下書きはあってもなくても良いと思います。

 

プロフィール画像にしたい絵ができたらiPadに保存し、スクエアにトリミングして終了です。

 

 

プロフィール画像を自分で作っている理由

f:id:damarin:20180922082843j:plain

プロフィール画像を自分で作ってしまった理由は、プロにお願いできなかったからです。

 

ココナラやREQU、積極的な方はツイッターなどで直々にお願いするなど、イラストのプロの方にプロフィール画像を作ってもらうこともできますよね。

 

私の場合、その時の心配事として、相手にうまくイメージを伝えられるかな?とか、自分の写真を送るの嫌だなとか、そもそもイメージすら湧かないのにどうやってイメージを伝えるんだろう?とか。

依頼者として、プロフィール画像のイメージがあまりにもぼんやりとしていたので依頼するまで踏み込めませんでした。

 

「30代の女で!写真はこれで!」と、好みのイラストレーターの方に全投げしたい勢いでしたが、それはあまりにも失礼なのかなと…

色々考えていたら自分で描くのがいちばん簡単でした。

 

無料アプリと100円ショップのタッチペンなので依頼するより安価だし、試してみて良かったな〜と思っています。

 

 

 

▼このような記事もあります

画像編集に、Canvaも使っています!

www.oheya-migaru.com

 

キーワードで探す