Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

乳腺炎になったので母乳外来へ。対処してもらったこと、薬、費用など。

スポンサーリンク

 

先日、乳腺炎で38.5度の熱が出ました。

 

2ヶ月ほど前も熱が出て「風邪かな?」と内科にかかり、担当医に「高熱の原因がわからん!」とはっきりと言われ、その後よくよく考えてみると胸が痛かったので「乳腺炎だったのかな?」と思いつつ、熱が引いたので放置していました。

 

今回も、前回と同じく高熱と胸が痛いという症状だったので、内科ではなく母乳外来を受診しました。

 

この記事では、乳腺炎で母乳外来にかかり、対処してもらったことや薬、費用などについてまとめています。

 

 

乳腺炎1日目・母乳外来で対処してもらったこと

f:id:damarin:20180919083418j:plain

朝から高熱と胸が痛かったので乳腺炎を疑い、産婦人科の母乳外来に電話で予約。

その日のうちにはじめて母乳外来を受診しました。 

 

母乳外来では、助産師さんに胸をマッサージをしてもらいながら原因や問題点を探ってもらい、問題となるところを取り除いてもらいました。 

 

乳腺炎の原因となっていたこと

高熱・胸が痛い症状で「乳腺炎かも!」と思ったものの自分では確信は無いし、もちろん原因や問題点となっているところは分かりませんでした。

 

左胸だけが痛かったのですが、診察してもらった結果、どちらの胸もそれぞれ違った問題を抱えていました。

 

 

乳腺炎の原因(右)

f:id:damarin:20180918224626p:plain

右胸は痛くなかったので左胸に原因があるのだろうと思っていたところ、右胸も乳腺炎の原因になっていました。

  • 乳腺の先が詰まっている(油)
  • 乳腺が細い(体質)
  • 乳腺が詰まっているので中に母乳が溜まっている
  • その自覚がない

乳腺の先が詰まっているのを全て取り除いてもらい(痛いです)、乳腺が詰まることで蓋になってしまっていたので中に溜まっていた母乳を搾乳してもらい(冷たい母乳)、母乳が出やすいようにしてもらいました。

 

 

乳腺炎の原因(左) 

f:id:damarin:20180918224612p:plain

左胸は自覚症状として「痛い」「赤く腫れている」といったことがありました。

 

診察してもらった結果、赤く腫れているのは中でピンポン球くらいの塊(しこり)になってしまっているとのこと。捻挫と同じような状態らしいです。

乳腺のつまりはありませんでしたが中で塊となり滞っているので、その塊が母乳として外に出て行くよう塊をほぐすようなマッサージをしてもらいました。

 

もし翌日になっても高熱が続くのであれば塊が外に出ない=乳腺が胸の中で詰まっているので外からは取れないしマッサージでもどうしようもなく、最悪の場合は外科的手術もありうるとのことでした。

 

 

 

母乳外来で処方された薬

マッサージで胸はかなりいい感じになりましたが、マッサージが終わった時点ではまだ熱と頭痛が残っていたので薬を出してもらいました。

 

処方された薬はこちら。

  • カロナール(鎮痛剤)
  • バナン(抗生剤)

カロナールは、熱・頭痛の症状がある時に服用。抗生剤は、乳腺炎の原因が細菌によるものを疑って処方されました。

 

カロナールを飲んでも高熱が続くときは例の塊が滞ったままなので、早めに来院するようにとのことでした。

 

 

乳腺炎3日目と1週間後に再診

初診でマッサージと薬を処方してもらい、その2日後と1週間後に再度受診し、乳腺炎の様子を見てもらいました。

 

その間、授乳はいつも通りに行なっています。(添い乳は母乳が出にくい原因の一つのため控えめにしました。)

 

乳腺炎3日目

初診でマッサージをしてもらい、薬を飲んだことで頭痛や高熱は治まりました。

 

例の塊が無くなると乳腺炎は治ったことになるらしいのですが、塊は小さくなっていたもののまだ残っていました。外側からもまだ赤く腫れていたので再度マッサージをしてもらいました。

右胸も乳腺が細く母乳が中に溜まりやすいのでマッサージを。

 

乳腺が細いのは体質なので、母乳が溜まりやすいのはどうしようもない感じですね。

 

 

乳腺炎1週間後

正直、「もう治っただろう♩」と「予約キャンセルしようかしら」くらいに思っていましたが、例の塊はまだ小さいながらも残っていました。

 

自分では分かりにくいのですが、ベッドに寝転んでマッサージをしてもらうと痛いので残っているのが分かります。再度、入念にほぐしてもらいました。

 

右胸も、やはり母乳が溜まりやすいのでマッサージを。(こちらも痛い!)

また1週間後に再診することになってしまいました。

 

 

乳腺炎で母乳外来にかかった料金

母乳外来は保険適用外で全額自己負担なので、結構な費用がかかります。(涙)

 

今回かかった費用はこちら。

  • 初診・5,310円(薬含む)
  • 2回目以降・2,500円

2回目以降の診察がすでに2回、1週間後にもう1回あるので約13,000円の出費となってしまいました。

 

 

乳腺炎の原因とは

私の乳腺炎の直接の原因は、塊ができる・乳腺が詰まるといったことでした。

なぜそのようなことになるのか?というと、ストレス、冷え、食生活などが原因となるそうです。

 

助産師さんに聞かれたことは

  • ジャンクフードをめっちゃ食べた?
  • 甘いものを食べた?
  • 脂っこいものを食べた?

という、食生活に関することをやんわりと聞かれたのでやんわり答えました。(笑)

やはり食生活も要因になるみたいですね。

 

食生活の乱れで生活習慣病になるように、母乳も血液でできているので食生活が影響するんだろうなあ。

 

私は「夜間に子供があまり母乳を飲まなかったから塊ができてしまった!」と思っているのですが、それはよくあることです。

さらに育児はストレスフルだし、冷えるし、確かに甘いものは毎日食べています。

一方で、乳腺が細いという自分の胸の性質もあります。

 

乳腺炎はいろんなことが重なって起きることなんだろうなと思いました。

 

 

母乳外来を受診して良かったです

f:id:damarin:20180919012138j:plain

これまで、母乳外来といえば料金が高いし、何をする所かよく分からないし、母乳外来に行った人の話も聞いたことがないし、とにかく料金が高いけどよく分からない場所といったイメージでした。

 

得体の知れない場所だったので、自分の中で良い印象の医療法人の母乳外来を選びました。

POINT
  • 無痛分娩を行うような産婦人科の母乳外来である
  • 里帰りするまで通っていた産婦人科である
  • 子供たちのかかりつけ小児科と同じ系列
  • 託児所があり保育士さんも充実している

そうすることで、安心して初診を受けることができました。 

 

母乳外来は母乳相談をする場所

母乳外来を受診して良かったことは、マッサージしてもらいながら母乳の相談を聞いてもらえたことです。

 

実際に胸のマッサージをしながら母乳に関する悩みや何気ない疑問に答えてもらうことで、胸の特徴やトラブルになりやすい要因などを教えてもらいました。

母乳のことを誰かに相談したのは初めてでした。

 

母乳外来を受診するまでは「なんで乳腺炎なんかになったんだろう??」と不満でしたが、自分の胸の特徴が分かった今では乳腺炎を避けるのは難しかっただろうなと納得できます。

母乳外来を受診したことは、精神的にも良かったと思っています。

 

 

▼このような記事もあります

2人目出産の時、里帰り先で上の子を保育園へ通わせました。申請方法やよかったことなど。

www.oheya-migaru.com

 

長男の3歳半検診の尿検査の再検査を受けたときの記事です。

www.oheya-migaru.com

 

長男の卵アレルギーの0歳から4歳の付き合い方です

www.oheya-migaru.com

 

 

 

 

 

キーワードで探す