Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

メルカリで売る前提でベビービョルンの抱っこ紐を使った話

スポンサーリンク

f:id:damarin:20181120080038p:plain

去年の6月に生まれた次男はもうすぐ1歳半になろうとしています。

 

抱っこ紐は首すわりの頃から毎日のように活用していました。

  • 首すわり〜生後6ヶ月ごろ*ベビービョルンのベビーキャリアオリジナル
  • 生後6ヶ月ごろ〜1歳すぎ*ベビービョルンのベビーキャリアONE+

約1年間でベビービョルンの2種類の抱っこ紐にお世話になりました。

 

長男のときに、抱っこ紐は生地が強くてなかなかボロボロにならないと思っていたので、次男のときは「使わなくなったらメルカリに出品しよう」というつもりで購入しました。

 

この記事では、ベビービョルンの抱っこ紐をメルカリで売る前提で購入・使用し、実際にメルカリで手離したことをまとめています。

 

 

ベビービョルンの抱っこ紐はすぐにメルカリで売れた

抱っこ紐にベビービョルンを選んだ理由は、子供から手を離さずに装着できるからです。

外出の際は必ず使っていた抱っこ紐ですが、2つの抱っこ紐ともにメルカリに出品して半日ほどで売れてしまいました。

 

ベビーキャリアオリジナルの場合

f:id:damarin:20181119235101j:plain

ベビーキャリアオリジナルは首すわりが完了した生後4ヶ月頃から使用しました。使用期間は約3ヶ月。

アカチャンホンポのセールで5,000円ほどで購入しました。

 

このベビーキャリアオリジナルはとにかく着脱がしやすく、とってもお気に入りでした。

赤ちゃんが大きくなってもこういうタイプが使えたらいいけど体重が重くなるとそうもいかないですよね。

 

生後6ヶ月になったあたりであまりに重すぎて疲れるので使うのをやめました。

 

取引情報はこんなかんじ

f:id:damarin:20181120000455j:plain

ベビーキャリアオリジナルの使用期間は3ヶ月と短く、生後4ヶ月〜6ヶ月という赤ちゃんの中でもおとなしい時期に使用しているためほとんど消耗していませんでした。

また、専用のよだれカバーも付属しているので「高いかな?」と思いましたが3,000円で出品しています。

 

出品後、半日もしないうちに売れてしまいました。 

 

 

ベビーキャリアONE+の場合

f:id:damarin:20181120000535j:plain

ベビーキャリアONE+は生後6ヶ月頃から1歳3ヶ月頃まで使用していました。

アカチャンホンポで2万円くらいで購入。生後6ヶ月まで使っていたオリジナルと比べるとお高い抱っこ紐です。

 

メッシュ生地ですが真夏の旅行ではそれなりに蒸れました。が、真夏以外では蒸れは気にならなかったです。

メッシュなので洗濯して乾きが早く、かなり助かりました。

 

1歳半になろうとしている今(9キロくらいです)も使える抱っこ紐なのですが、移動はバギーか歩き、お店ではカートに乗ることが多くなったので手放すことにしました。

 

取引情報はこんなかんじ

f:id:damarin:20181120000556j:plain

周りの出品者と比べるとちょっとお安い値段設定かもしれません。

 

ベビーキャリアオリジナルとは違い、10ヶ月ほど頻繁に使い、夏場は汗をかくので週に1回は洗濯して、たっぷり使いました。

また、よだれカバーを忘れることも多く、赤ちゃんの口に当たる部分が消耗していたこともありお安めに値段設定しました。

 

もちろん消耗している部分があることは説明欄に記載し、それでも良いという方が購入されました。

こちらも出品して半日もしないうちに売れていました。

 

 

メルカリで売るため気をつけていたこと

購入する時から「メルカリで売る」 ことを決めていたので、使っている時も頭の片隅に意識しながらすごしていました。

 

気をつけていてよかったなというところはこちら。

POINT
  • 箱や説明書を取っておく
  • マメに洗濯する
  • 形が崩れないよう洗濯後しばらくはハンガーにかけておく

箱や説明書などが揃っていると写真に信頼感が出る気がするので取っていました。(抱っこ紐や説明書などを入れた箱を紙袋に入れてらくらくメルカリ便の宅急便で郵送しました。)

 

また、汚れや汗染みが取れなくなったり、カビたり色あせると困るのでマメに洗濯し、とにかく意識して丁寧に扱っていました。

 

自分のものだけどいずれ人に渡るものなので、他の育児用品よりも大切に使いました。

  

捨てずに手放せるところがいい

抱っこ紐をメルカリに出品する前提で使っていた理由は、お金のこともありますが、捨てるのはもったいないと思っていたからです。

特にベビービョルンの製品はお安い値段ではありませんが、そのぶん丈夫で消耗しにくい印象です。 

 

 

実はお下がりでいただいたベビービョルンのバウンサーが、使用感はあるもののわが家の兄弟2人とも問題なく使うことができました。

意外と育児用品もお下がりでいけるものなんですよね。

 

抱っこ紐がゴミにならずにお金になって、次の赤ちゃんも使ってくれているのが嬉しいです。

 

 

このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

わが家に合わなかったベビーサークルもメルカリで手放しました・・・!メルカリありがたいです。

キーワードで探す