Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

マリメッコ「BOTTNA(ボットナ)」で玄関収納をお気に入りの場所に。

スポンサーリンク

 

現在、築20年以上の賃貸マンションに4人家族で暮らしています。


玄関に靴箱はありません。廊下に作り付けの棚が付いていたのでそれを靴箱兼パントリーとして使っています。


作り付けの棚にはドアが無いため、むき出しで使ったり家にある布で目隠しをしていましたが、常に目につく場所なので思い切ってマリメッコのファブリックに変えてみたらとてもいいかんじになりました。


この記事では、マリメッコの「BOTTNA」で玄関収納の雰囲気を変えた方法についてまとめています。

 

 

マリメッコの「BOTTNA」を使った玄関収納

f:id:damarin:20180905233650j:plain

現在の玄関収納はこんなかんじです。

この一帯だけなんかすごい垢抜けていてお気に入りです。大きな柄が空間が引き締めてくれていますね。

 

f:id:damarin:20180905233756j:plain

靴べらを取りたい時も、BOTTNAのおかげでさわやかです。

 

 

BOTTNAを選んだ理由

マリメッコの数あるテキスタイルの中からBOTTNAを選んだ理由は、このインパクトのある大きな柄です。

とてもはっきりとしている線で描かれていながらも優しい雰囲気のデザインが、わが家のマンネリ玄関を変えてくれるかなあと期待していました。

 

実際に、窓がなく電気をつけてもパッとしない玄関でしたが、BOTTNAのおかげで玄関の雰囲気が好きになりました。

 

 

これまでの玄関収納

こちらは引っ越してきた当初の玄関収納です。

f:id:damarin:20180906111616j:plain

収納が少ないので、ここに溢れんばかりにものを収納していた時期です。

どこに何があるか覚えていないと分かりにくく、見せる収納は今の好みでは無くなりました。

 

ここから、モノを持ちすぎない暮らしにシフトしていきました。

 

 

次はこちら。

f:id:damarin:20180906111636j:plain

モノを減らし、かなりすっきりとした場所になった頃の玄関収納です。

家にあった布で目隠しカーテンを作りました。ピンクのボーダーで可愛い柄ですが、なんとなくぼんやりとしていました。

 

 

マリメッコの生地はネット通販で購入

しばらくは生地を実際に店舗で見て購入したいなあと思っていましたが、なかなか店舗に行く機会がないのでネット通販で購入しました。

 

購入のポイントとして、BOTTNAの柄を生かした販売方法をしているネット通販のお店を探しました。

 

cortina(コルティーナ)さんでは、BOTTNAの柄(80センチくらい)ごとにリピート売りされているので購入したときの柄の位置が想像しやすいです。

北欧ブランドの取り扱いも豊富だし、当時は楽天で初めての購入で1,000円引きというキャンペーン中だったことや、購入者の評価も高いことから利用させていただきました。

 

 

目隠しカーテンのポイント

f:id:damarin:20180906124946j:plain

これまで、玄関に目隠しのカーテンってなんだかパッとしない印象でした。

見せる収納のほうが実用的だし、インテリア的にもこだわりながらカッコいい収納を…と。

 

ただ、玄関に収納したいものって靴や外遊びの道具などほとんどが屋外で使うものなんですよね。すぐに汚れるものだし、見せる収納とかシンプルなインテリは難しいです。

私の場合、収納をセンス良く見せるより収納するモノを減らす方が簡単で、今の暮らしに合っていました。

 

わが家の玄関収納の目隠しカーテンのポイントとしてはこちら。

POINT
  • 収納するモノを減らす
  • 「隠す」ための場所ではない
  • 必要なものだけを収納している
  • 生地のとりあえず感をなくす

玄関収納にふんだんにあったモノを減らしたことで、隠したいわけではなく、必要なモノを収納する場所ということを意識したいと思い、マリメッコの生地で目隠しカーテンを作りました。

 

平凡なわが家にあのマリメッコの生地が…と、どうなるかドキドキでしたが、結果的にはBOTTNAにして良かったです。

 

 

 

▼このような記事もあります

イッタラのティーマを愛用しています。

www.oheya-migaru.com

 

www.oheya-migaru.com

 

キーワードで探す