Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

マネーフォワードと手作り家計簿を比べて分かったこと。6月・7月の子育て世代の暮らしの支出

スポンサーリンク

f:id:damarin:20180829214517p:plain

先日、iPhoneにマネーフォワードのアプリをインストールしました。

マネーフォワードとは一時期テレビCMでも流れていましたが、銀行やクレジットカードと連携して家計簿をつけたり資産管理ができるアプリです。

銀行口座の預金額やクレジットカードの引き落とし額を、アプリ画面でサクッとまとめて確認することができます。すごいですよね。

 

8月も終わろうとしていますが、6月と7月の支出についての記事を書いていなかったので、マネーフォワードの家計簿と私の手作り家計簿とを比べてみました。

 

 

マネーフォワードによる6月・7月の支出

f:id:damarin:20180829222050j:plain

f:id:damarin:20180829222104j:plain

わが家はほとんどの買い物をクレジットカードで支払っています。そのため、マネーフォワードはとても連携しやすい家計簿アプリです。

(夫の銀行口座は連携していないので収入が0になっています)

 

支出の内訳金額はこんな感じになっていました。(マネーフォワードアプリのクレジットカードの支払い先の名称で費目が分かるところは変更・編集しました

f:id:damarin:20180829222252p:plain

マネーフォワードの家計簿は、費目が9つに分かれています。

  1. 水道・光熱費
  2. 通信費
  3. 食費
  4. 日用品
  5. 自動車
  6. 教養・教育
  7. 衣類
  8. 趣味・娯楽
  9. 未分類

私の手作り家計簿では費目は7つなので、マネーフォワードの方がより詳しくて良さそうです。

 

 

手作り家計簿による6月・7月の支出

f:id:damarin:20180829222800p:plain

手作り家計簿では、費目は7つの項目に分けています。

  1. 公共・通信
  2. 食費
  3. 日用品
  4. 外食
  5. 車・交通費
  6. 病院・教育
  7. 自由費

上の表から分かるように、2ヶ月合計で約6万円の予算オーバーです。(汗)

 

マネーフォワードには現金支払いの金額が含まれていませんが(入力していません)、手作り家計簿には現金払いや銀行振り込みなども含んでいるので、正しいのはこちらの金額になります。

 

6月はボーナス月でしたが結婚して最高額のボーナスだったので、夫の「ごほうび!」の言葉に甘えました。(わが家は借金もローンもないので良しとしましょう。)

 

とはいえ、前回に引き続き食費や自由費が家計簿を圧迫しているのは気持ちがいいものではないですね〜。。。

 

 

手作り家計簿とマネーフォワードを比べて分かったこと

マネーフォワードの9つの費目と、手作り家計簿の7つの費目がまとまるように考えてみるとこんな感じです。

私の家計簿 マネーフォワード
公共・通信 水道・光熱費 | 通信費
食費 | 日用品 | 外食 食費 | 日用品
車・交通費 自動車
病院・教育 | 自由費 教養・教育 | 衣類 | 趣味・娯楽 | 未分類

かなりざっくりと、4つの項目になってしまいました。

 

4つの項目で2つの家計簿の金額を並べて見るとこんな感じです。

 

6月
f:id:damarin:20180829224444p:plain

 

7月
f:id:damarin:20180829224713p:plain

 

それぞれの費目の金額を割合で考えると、手作り家計簿もマネーフォワードもだいたい似たような割合になっていていい感じですね。

 

わが家はほとんどの買い物がクレジットカード払いなので、マネーフォワードに現金支払いのみ入力するだけでかなり信頼できる家計簿になるかと思います。

とっても楽に家計管理ができそう。

 

マネーフォワード、家計簿としてすごく良いです!

 

 

費目を編集して家計簿を作る

マネーフォワードは、銀行口座やクレジットカードを連携して自動的に家計簿が作られます。

 

ただ、お店の名前で費目が決まるらしく、間違っていることがあるので編集しました。

  • 阪急オアシス→「衣類」になっているので「食料品」へ
  • コーヨー→「日用品」になっているので「食料品へ」

といった具合にお店の名前で分かる範囲で費目の編集もできるし、もちろんレシートが手元にあったり何を買ったか覚えていれば編集することができます。

 

費目を編集することで、もっと正しい家計簿を作れそうな感じです。

 

 

おわりに

なんとなくマネーフォワードを使って家計簿を見てみたところ、思った以上に良いし、編集もできて使い勝手が良く驚きました。

アプリもとても分かりやすいデザインです。

 

雑誌のマネー特集などでマネーフォワードを家計簿と資産管理に使い「見える化」で「貯金が増える」というような記事を読んだことがありましたが、確かにお金への意識が高くなりそうです。

 

家計簿を楽して続けたいですし、お金への意識を変えるためにも、もっとマネーフォワードを使いこなしたいところです。

moneyforward.com

 

 

▼このような記事もあります

家計簿はMacのNumbersで作っています。

www.oheya-migaru.com

 

前回(4月と5月)の暮らしの支出記事です。

www.oheya-migaru.com

 

 

 

 

 

 

キーワードで探す