Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

頑張らなくてもベランダに野良猫が来なくなった3つの猫よけ対策

スポンサーリンク

 

今のマンションに引っ越してきて 3年ほどです。

 

引っ越してきてすぐにベランダが野良猫の通り道になっているのに気づきました。たぶん、私たちが引っ越して来る以前からそうだったのだと思います。

 

その被害があまりにもひどいので本気で野良猫よけの対策をしました。

 

この記事では、ベランダに来る野良猫に、実際に効果があった猫よけ対策についてまとめています。

(猫好きな方はお引き取りくださるか、承知の上でお進みください)

 

 

野良猫による被害(実体験)

猫ブームの中、私はあまり野良猫に興味がないので、可愛がったり餌をあげたりはしません。が、ベランダを通過するくらいならなんとも思いません。

 

ただ、どうしても我慢できず、猫よけをしようと本気になった実害としては

  • 糞尿をする
  • 亡くなる

というところです。精神的にきつくなりましたが、今は猫よけ対策をしたことでなんとか立ち直っています。

 

糞尿をする

とある日に、ベランダが猫の毛や糞尿の臭いであまりに酷くなってきました。

 

掃除道具を買いに行くことからはじまり、1時間くらいかけてベランダを掃除したのですが、その翌朝、カーテンを開けるとガッツリと糞尿被害がありました。

前日に掃除してピカピカになっていたベランダに、です。

 

体調が悪いのか、そういうものなのか知らないけど、赤いんですね。野良猫の糞。

ベランダの3か所くらいにしていました。

 

赤いし、ショックだし、どうにもできずに1日放置していたら糞が無くなっていたので食糞しているようです。とはいえカスや尿の臭いは残っていたので、再び掃除しました。

 

(糞尿被害はもちろんこの日だけではありません)

 

 

亡くなる

冬の朝、カーテンを開けると猫が横たわっているのが見えました。気づいて逃げるかな?と思いきや動じない。寝ているのかな〜?と、まじまじと見ているとピクリとも動かないんです。

夜、寒かったせいでしょう。

 

わが家の近所ではカラスもよく見かけるし、カラスに見つかったら集まって来るかもしれません。そうなるとカオスです。

 

すぐに保健所に連絡し引き取ってもらいました。(ありがたいです!)

 

 

野良猫がベランダに来る原因

野良猫が来る原因は、どこかで餌をあげている人がいるのか、どこかの生ゴミを漁っているのか、はっきりとは分かりませんがわが家は野良猫たちのテリトリーに入ってしまっているみたいなんですよね。

 

誰かが餌をあげたりしている現場を見たことはありません。

 

ただ、フライドチキンをベランダで食べ、チキンの骨を置き去りにされたことがありますし、ジャンクフードが落ちていたこともあります。

 

近所に餌をあげている人がいて、通り道になっているというのは間違いありません。

 

わが家で実施中の効果があった猫よけ対策

最近、子猫が4匹も生まれてベランダが騒がしくなり、すぐに汚れるようになったし子猫が大きくなったらと思うと大変です。

そのため、意を決して猫よけ対策をすることにしました。

 

ベランダを掃除して清潔にする

少し調べてみると、猫はマーキングをするらしく、縄張りに他の野良猫が入ってこないように尿をつけて警戒しているとのこと。わが家にもマーキングをしていたんでしょうね〜

 

とにかく臭うので、臭いを消すことからはじめました。

要は、ベランダの掃除です。

  • 食器洗剤
  • デッキブラシ

普通の賃貸マンションなのでベランダに蛇口はなくホースが通せません。なので、ペットボトルに水を入れての繰り返しでベランダを洗剤で掃除します。

 

糞尿被害のたびに掃除しないといけないので、かなりの重労働ですが糞尿の臭いを消して、縄張りにさせないことが重要です。

 

 

猫よけのシートを設置

f:id:damarin:20180713105935j:plain

こちらはダイソーの「どんとキャット」です。

 

トゲトゲのシートで、猫が入って来る場所や猫が寝ている場所にいくつか設置しました。

 

物理的に侵入できないようにしたのですが、これは親猫にはかなり効果がありました。

ただ、生まれたばかりの子猫は体重が軽すぎてこの上を歩いていました。(追記*子猫が大きくなり、効果が出てきました!)

 

こういったトゲトゲシートはダイソーなどの100円ショップでも購入できますし、アマゾンでも購入できます。どちらも使いましたが、効果は同じです。 

 

 

設置した場所

猫よけのトゲトゲシートを設置した場所はこちらです。

  • ベランダの塀の上
  • ベランダの隣との境界扉付近
  • 室外機の上
  • 室外機の裏

わが家の場合、猫はベランダの塀の上か隣との境界扉の下から侵入してきているので、侵入口を防いだ形になります。

 

はたから見ると「やばい家」と思われるかもしれませんがうちのマンションの1階の部屋のベランダは、高確率でトゲトゲシートを設置しています。(笑)

やっぱり1階の他の部屋の人たちにも被害があるんでしょうね。

 

ベランダの塀にはカラスよけも設置していますが効果ありです。

 

 

水を入れたペットボトルを猫の通り道に置く

ペットボトルは効果がないという噂ですが、本当に効果ないです。ペットボトルごときで猫は戻っていきません。

 

でも、水をたっぷり入れたペットボトルを猫の入って来るような隙間に置いておくと、猫は動かせないので効果があります。

 

ただ、小さい猫は小さな隙間から入ってきます。実際に親猫は入れないベランダの塀の隙間から子猫が入ってきたのを見たことがあるので、その場所にすのこを設置し、紐で結んで念のためにすのこが動かないようペットボトルで固定しています。

 

ペットボトルではなくブロックも有効だと思いますが、捨てるのが楽なペットボトルの方が使いやすいです。

 

効果が微妙だった猫よけ対策

できれば楽して猫よけしたかったので、猫よけは色々お試ししました。その中で効果があったのかなかったのか、微妙だったものもありました。

 

柑橘系の芳香剤

猫は柑橘系の匂いが苦手とのことなのでベランダに置いてみましたが、その翌日には小猫が3匹くらい来て全然気にしていませんでした。 

 

 

猫よけのスプレー

糞尿の臭いを消すためにスプレーを購入しましたが、臭いを消してもモノは残っているので、やはりデッキブラシで掃除をした方がいいですね。

掃除をする時間がないときは良いかもしれませんが、スプレーをしても猫は来ました。

 

 

侵入させないことがいちばん効果的

f:id:damarin:20180715003736j:plain

猫よけでいちばん重要なのは野良猫を侵入させないということです。

 

猫よけをしたいならまず猫をよく観察し、猫が入ってくる隙間を特定します。(いくつかルートがあるはずです)

その侵入口を猫よけシートとペットボトルで塞ぎ、もし侵入しても身動きがとりにくいように塀の上には猫よけシートをしたり、寝ている場所にも猫よけシートを。

 

わが家で猫よけをした結果、ベランダに野良猫が入って来ることがかなり減りました侵入してくる確率100%が5%になった感覚です。

 

広くて、安全で、日向ぼっこもできるし日陰もできる。とっても居心地が良かっただろうに、来なくなるものなんですね。

 

野良猫を見ていると、猫は場所に執着しない生き物のようなので、猫よけ対策はコツをつかめば可能です。

 

(ただし糞尿まみれのベランダ掃除やトゲトゲシートの設置は大変です。わが家はぜんぶ夫がしてくれました。)

 

 

このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

猫も来ますがダニも来ます。ほんと嫌ですね〜

キーワードで探す