Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

SONYのRX100を使った感想と中古カメラを購入した理由

スポンサーリンク

f:id:damarin:20181129235827j:plain

先日、中古のカメラを購入しました。

 

購入したカメラはSONYのコンパクトデジタルカメラDSC-RX100(2012年製)です。

 

写真はスマホでも気軽に楽しめますが、スマホではなくカメラで写真を撮るというのに憧れていました。

 

SONYのRX100に関する記事を読みながら何気なくメルカリで検索したら中古のRX100を出品している人(しかも評価オール5)を発見し、その場ですぐに購入しました。

運命的な出会いでした!

 

この記事では、カメラ超初心者がRX100を使ってみた感想と、中古カメラを購入した理由をまとめています。 

 

 

 

SONYのRX100で写真を撮ってみた

f:id:damarin:20181128224220j:plain

先日更新した記事ではRX100で撮った写真を使っています。

 

実はもっと前に更新したい記事だったのですが、iPhoneできれいに写真が撮れず、泣く泣く下書きに置いたままにしていました。

カメラを購入したことで、お蔵入りになりそうだった記事が更新できたし、これからもさくさくいい写真が撮れて更新頻度も上がるかも!?しれません。

 

iPhoneの写真と比べてみる

こちらはRX100で撮ったものです。(加工なし)

f:id:damarin:20181201011923j:plain

 

こちらがiPhone6です。(加工あり)

f:id:damarin:20181201011935j:plain

RX100では物がくっきり背景はぼんやり。

iPhone6では物も背景もくっきりと写っています。

 

好みかもしれませんが、私はRX100のような写真に惹かれます。奥行きや空気感が伝わる写真の方が好きです。

 

RX100で子どもたちを撮った時も同じように「子どもをくっきり・背景は自然にぼけている」という、とても雰囲気のある写真が撮れるようになったので、これから子どもたちを撮る機会がもっと増えそうです。

 

私が購入したSONYのRX100はこちら

残念ながらRX100でRX100の写真を撮ることはできないので、iPhoneでRX100の写真を撮りました。

 

電源を入れて前から見た図です。

f:id:damarin:20181130000103j:plain

 

こちらは上から。

f:id:damarin:20181130000011j:plain
 

液晶はこんな感じです。

f:id:damarin:20181130000050j:plain

一度カメラで写真を撮ってみると、iPhone6で撮る写真が物足りなく感じてしまっている自分がいます。

 

最新式のiPhoneだともっと違うのかもしれませんが、このRX100というカメラは2012年製で、2014年製のiPhone6より2年前のカメラなんですよね。本物のカメラって違うんだなーというのを実感します。

 

また、カメラ用語や機能については全くわかりませんが、

  • おまかせオート
  • プレミアムおまかせオート
  • 絞り優先
  • シャッタースピード優先
  • マニュアル露出

と言った、各場面に合わせて呼び出せる機能がついているので問題ありません。

 

自分で設定した機能を呼び出すことができるみたいなので、こだわるようになったら使ってみるのも面白そうです。

 

最新式のRX100との違い

f:id:damarin:20181201020953p:plain

(写真はSONY公式サイトより)

 

SONYのRX100は2012年に発売以来、毎年のように新しいシリーズが発売されています。

2018年に発売されたものは左のRX-100VI(DSC-RX100M6)です。

 

初期のRX100と見比べてみると、小さい体に大きいレンズが埋め込まれているシンプルなデザインはほとんど変わっていません。

かっこいいですよね。

 

最新式(M6)との機能の違い
RX100M6(2018年) RX100(2012年)
有効約2010万画素 有効約2020万画素
24-200mm 28-100mm
F2.8-4.5 F1.8-4.9
手ぶれ補正・光学式(4段) 手ぶれ補正・光学式
ISO125-12800 ISO125-6400
高速連写24コマ/秒 高速連写10コマ/秒
タッチ操作・チルト液晶
重量301g 重量240g
138,880円(税抜)SONYストア価格 57,124円(税抜)SONYストア価格

機能はすごいけど、そのぶんRX100はM6より約60g軽いんですね。

 

カメラを使うために準備・購入したもの 

カメラ用品はまだ揃えている段階ですが、これまで準備・購入したのはこちらです。

  • マイクロメモリ
  • 液晶カバー(純正を購入)
  • カメラポーチ
  • ストラップ

今のところ、純正の液晶カバー以外は手持ちのもので代用しています。

 

カメラを使いながら、好みのカメラ用品があれば購入していこうと思っています。

 

 

中古カメラを購入した理由

メルカリで購入した中古のRX100ですが、金額は20,000円ほどでした。

 

Amazonでは約40,000円くらいで販売されているので、中古にしたことでかなりお安く購入できたかなと満足しています。

 

そんな私ですが、少し前まで中古カメラは選択肢になく「新品のカメラが欲しいからとりあえず10万円貯めなきゃ!」と思い込んでいました。

 

検討していたカメラは

  • 富士フイルムのX100F
  • CanonのG9XMARKⅡ
  • SONYのRX100M6

どれもお値段5〜10万円前後の高級コンデジです。

 

今も欲しい気持ちは変わっていませんが10万円を貯めるのは大変です。

 

カメラ以外にも食器や服、バッグ、家具などほしいものがたくさんあるのでカメラだけに注力するのは難しい(笑)

 

そのため、手に取りやすい価格でカメラを購入し、写真撮りの練習をしながら気長にカメラ代を貯めようという作戦に変えることにしました。

 

いつかは最新式の高級コンデジを購入するつもりですが、しばらくの間はカメラ好きな人の中古カメラで、写真撮りの練習をしながらカメラを楽しむつもりです。

 

中古カメラを購入したことで「スマホじゃなくてカメラで写真を撮りたい」という欲が満たされ毎日楽しいです。

 

キーワードで探す