Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

伊藤まさこさんの「本日晴天 お片づけ」を読んで私の中で変化したこと

スポンサーリンク

f:id:damarin:20181111014736j:plain

伊藤まさこさんの「本日晴天  お片づけ」を読みました。

 

センスのいい暮らしの写真が毎日のようにアップされるInstagramをフォローしたのは数年前です。

シンプルで潔いライフスタイルに夢中になり、仕事に料理に旅行に普段の暮らしの写真に釘付けで、伊藤まさこさんは今では憧れの女性です。

 

「本日晴天  お片づけ」は、あのInstagramの写真に入り込んだような気がして背筋がシャン!となる本でした。

 

この記事では伊藤まさこさん著書「本日晴天  お片づけ」を読んで私が変わったことをまとめています。

 

 

 

ひとまずクローゼットを整理した

まず第一に、私が変わったことはクローゼットの整理に乗り出したことです。

 

私の中でやりつくした感があり、クローゼット収納は断捨離や整理整頓などの対象外だったのですが「本日晴天  お片づけ」を読んでクローゼット及びその周りのチェストや衣類収納を見直すことにしました。 

 

本の中では伊藤まさこさんのクローゼットやキッチンや食器棚などが公開されているんですけど、実用的で、工夫があって素敵なんです。

 

「ああ。。うちのクローゼットを最初から見直したい!」と、本を読んでしまう前にクローゼットやその周りの収納を見直しました。

その結果、クローゼットは以前より使いやすくなり、部屋に置いていた4段式のチェストを手放す予定です。

 

 

アイロンがけする服を溜めたくない

f:id:damarin:20181111021852j:plain

アイロンがけには苦手意識があるので「アイロンかけてないから着る服が無い!」となってから一気にアイロンがけをしていたのですが(汗)溜まったシャツを一気にかけるのってすごく疲れるんですよね。

 

本の中で紹介されていた

出かける前にばたばたとアイロンがけするのがいやなので、時間に余裕のあるときにかけることにしています。

「本日晴天  お片づけ」P39

ということだけは真似できるかもしれないなあと、アイロンがけだけは余裕を持ってするように決めました。まとめてではなく1日1枚なので楽だし、これまでできていなかったハンカチのアイロンがけをする余裕も生まれました。

 

まだはじめたばかりですが、余裕のあるアイロンがけの時間は気に入っています。

頑張って続けていきたいです。

 

 

財布はいつでもスマートに、小銭を整理する

伊藤まさこさんは小銭はじゃらじゃらと持ち歩かず、財布の中にはカードやプリペイドカードとお札だけを入れているそう。

 

私も現金はほぼ持ち歩かずなんでもカード払いなのですが、カード対応していないお店や病院で支払った際のお釣りがじゃらじゃらと、財布が重くなっている時があるんですよね。いちど財布にお釣りが入ってしまうと現金を使わない限りずっと重いままでした。

 

おつりをもらった場合は家に帰ってすぐにお財布から小銭を取り出し、500円玉と100円玉の何枚か瓶に。それ以外はお菓子の空き缶に仕分け。同時に領収書の整理もしています。

「本日晴天  お片づけ」P107

家に帰ったら財布の小銭を整理する。

これ良いですよね。

 

財布はカバンから取り出して所定の場所に置くようにしていますが、その前に小銭を整理するようにしました。

 

その結果、もちろん財布はスッキリしたことと、車の中に置いておきたい500円玉や100円玉も気にするようになったので、いざという時(駐車場とか)に小銭が無い!ことがなくなりました。

 

これからは、お店でもらったレシートも帰ったらすぐにiPhoneから家計簿に入力しよう(したいなあ)と思っています。

 

 

子供が好きなキャラクターの収納家具

「本日晴天  お片づけ」は読者の質問に伊藤まさこさんが答える形式のページがたくさんあります。

 

その中で、子どものいる暮らしについて「こどもが自分で整理整頓できる収納家具は?」という質問に「子どもが好きなキャラクター(ミッフィー)のポリプロピレン製の収納家具」を使った経験談を答えていらっしゃっていて、大学生の娘さんは今でも大切に使っているのだとか。

 

これがすごく意外でした。だって伊藤まさこさんですよ?キャラクター物を使ってもいいんだあ。と、驚きました。

大学生になってからもまだ大切に使っている娘さんも素敵だし、そんな子育てをしている伊藤まさこさんもすごいなあ。(頭ごなしに「片付けなさい!」と言わない育児、長男はまだ4歳なのにすでに私できてない。。)

 

子供の好きなキャラクター。わが家の場合はスヌーピーかトーマスになりますが、探してみようかな。

あと「片付けなさい!」って怒らないような関わり方をしていきたいなと、ちょっと本気で思いました。

 

 

きれいに暮らすためには努力が必要

伊藤まさこさんと言えば、呼吸をするように片付けや掃除をさらりとこなし、すてきなスタイルで仕事をされているイメージでした。

余裕で、きちんと、きれいな暮らしぶりが素敵だなあと。

 

そんな中、印象的だった言葉はこちら。

身ぎれいを保つには努力が必要。面倒くさがらずマメに手入れをしてあげれば、いつかきっと形になって自分に返ってくる。そう信じてがんばる毎日。

「本日晴天  お片づけ」P36

こちらは街で注目してしまう年を重ねたきれいなおばあちゃまは長年の努力をしたからだろうというような文章の後につづく言葉なのですが、きれいを保つには努力が必要で、伊藤まさこさんも努力をしていらっしゃると。

 

身なりでも、部屋でも、暮らしでも、きれいを保つには努力が必要なんですよね。

面倒なことをきちんとするのは大変で、面倒なことをこなす日々の努力が10年・20年先にたぶん自分に返ってくるんだろうなあ。

 

20年後の目標として、自分も・部屋も・暮らしも身軽でいたいなあと思っています。きれいに暮らしていたいんです。

そのための努力を、ちゃんとしていきたいなと思いました。 

 

 

このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

2LDKの55平米に家族4人で暮らしています。せまいけど意外と快適です。

キーワードで探す