Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

子どもを連れて車で長距離帰省するときに気をつけたいこと。

スポンサーリンク

f:id:damarin:20180508111857p:plain

ゴールデンウイークに、 0歳と3歳の子連れで、車で大阪から九州まで帰省しました。

 

私も夫も九州出身で、これまでは飛行機を利用していました。

車での帰省は初めてです。

 

子連れの車での帰省は、想像していた以上に大変な旅になりました。

 

車で帰省することにした理由 

夫は普通の会社員です。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆と、年に3回のまとまったお休みがあるので、そのときはできるだけ実家に帰省しています。

 

わざわざ帰省する理由は、両親に0歳と3歳の息子たちを会わせるためです。

 

しかし、長男が3歳になり、飛行機代がかかるようになりました。(2歳までは無料で抱っこで乗れます)

 

飛行機の金額は(大人2・子ども1・乳幼児1)往復で

  • JAL 77,400円(伊丹-福岡)
  • ANA 83,100円 (伊丹-福岡)

という、早割を利用してもこんな金額です。

 

高いな〜〜!

 

一方、今回の帰省(車)でかかった交通費(高速代)は往復で17,060円でした。

 

年に3回の帰省を続けるためにも、飛行機ではなく車で帰省することにしました。

 

 

 

大阪から九州(福岡)までの道のりと時間

大阪から福岡までの距離は、高速道路のみで約560kmです。

 

朝の7時半に家を出て、夕方17時に到着しました。 

かかった時間は9時間半!(ナビでは7時間予想でした)

 

疲れました〜。

 

 

新名神をとおってみた

大阪の自宅から西(九州)に行くには、中国道の池田〜宝塚を通ります。

関西の人はご存知の、宝塚の渋滞を超えないといけません〜〜〜。 

 

その渋滞を回避したいので、開通したばかりの新名神を通りました。

f:id:damarin:20180507234029p:plain 

宝塚をひょいーっと飛び越え西に移動することができ、あっという間に神戸JCTから山陽道へ抜けることができました。

(帰りは神戸JCTと、宝塚北SAを過ぎたところで少し渋滞していました)

 

ちなみにわが家の位置的に、「箕面とどろみ」という山奥から高速に乗るのですが、新御堂から繋がっている箕面の有料トンネル(410円)を 5分ほどで抜けてすぐのところなので、車で行くと案外遠くはないのです。

 

 

長男(3歳)の車酔い

家を出て2時間ほどで、長男が「お腹が痛い」「降りたい」と言うので、「疲れたのかな?」と思いSAの外のベンチで休憩していたところに、どぴゃーっと吐いてしまいました。

 

まさかの車酔い!

 

長男が車酔いするなんて初めてのことで、全く想像していなかったので、吐いてはじめて「車酔いしてたのか!」と気づきました。

 

何も持たずに車を降りていたので、とりあえず夫に長男をまかせ、私は車に着替えやタオルを取りに行き、外で2人がかりで着替えさせたり汚物を拭いたり汚れた服を洗ったりと、大慌てでした。(0歳の次男はベビーカーでおとなしく待機していた)

 

初めての車酔いでしたが、食べ物をこぼしたとき用に着替え以外にも、タオルなどを準備していたので助かりました。 

準備していて良かったもの
  • 着替え
  • バスタオル
  • ティッシュの箱
  • ウェットティッシュ
  • ビニール袋

「お菓子のゴミがたくさん出るだろう!」と、ビニール袋をいくつか準備していて良かったです。

  

車にのったところから体調が悪そうだな〜と心配していたので、正直なところ、「ああ、車酔いなら良かった」と思いました。

 

その後はスッキリしたようで、元気になり安心しました。

(しかしその後、2回吐きました)(!)

  

 

お昼ごはんはちょっと早めに

お昼ごはんは、朝が早かったこともあり11時頃にSAのフードコートで食べました。

 

大人だけならまだしも、0歳と3歳がいると食べさせるのもそれなりに大変なので、まだ他のお客さんが少ない時間に食べて正解でした。

 

 

運転する人としない人の役割分担

車で帰省することに決めた時から、車の中での4人それぞれの過ごし方を想像していました。

 

想像では

  • 大人は会話したりお菓子を食べたり、疲れたら運転を交代しながら
  • 3歳はお絵描きしたりDVDを見たりお菓子を食べながら
  • 0歳は水分不足にならないようにPAやSAで授乳休憩しながら

なんて考えていました。

 

実際はこんなかんじ
  • 運転する人は運転に集中
  • 運転しない人は長男と遊ぶ
  • 長男は退屈すると車酔いする
  • 0歳は結構寝てる
  • 長男がぐずると0歳が起きて泣き出しカオス

長男が車酔いしたため、ipadやDVDや本に頼ることができなくなりました〜。

 

 

パパとママ、それぞれの役割

というわけで、夫が運転、私は長男の相手をしていました。

(長男のリクエストにより、ママが遊び相手に選ばれた)(パパが選ばれたらパパが遊び相手です)

 

遊び相手の私は、長男が寝たときに(次男はほとんど寝てる)ウトウトと寝てしまいました。

その間も運転をしている夫は疲れただろうと思います。

  

私は1回だけ(!)運転を変わりましたが、ずっと集中していないと危険なので、どっと疲れました。

 

 

 

PA・SAで休憩しながらゆっくり進みました

f:id:damarin:20180507234902j:plain

疲れるので、ピューーっと急いで駆け抜けたいところですが、SAやPAでこまめに休憩を挟みました。

 

長時間の運転は、危険ですね。

 

慣れていないし、かなり疲れます。

SAに広場があるようなところでは散歩して、大人も子供も気分転換しました。(写真は吉備SA)

 

立ち寄ったPA・SAはこちらです

  • 権現湖PA
  • 竜野西SA
  • 吉備SA
  • 古谷PA
  • 沼田PA
  • 壇ノ浦PA

「 ?」があるのは、「立ち寄った気がするけど記憶がない・・」場所です。 

最後の方はフラフラでした。

 

 

  

次男(0歳)は8割寝てた

いちばん心配していた次男(0歳)は、ほとんど寝ていました。

 

もともと、車に乗るとよく寝る子です。

 

いつもは3歳児に邪魔されてお昼寝できない日もあるし、できても1時間ほど。寝れる環境があればこんなに寝るんだ…と驚きました。

 

あんなに寝てても、夜もすぐに寝てしまいました。

 

 

   

学んだこと 

f:id:damarin:20180509111246j:plain

【第2類医薬品】センパア プチベリー 10錠

 

行きで学んだことは、なんといっても、長男の車酔い対策ですね。

帰りは酔い止めの薬を飲ませました。

 

薬のおかげで酔わなかったし、車に乗ってすぐに寝てしまったのでかなりのスタートダッシュに成功しました。(帰りは休憩なしで下松SAまで行けました!)

 

わりとずっと元気にしていました。

 

大人にとっては、子どもが元気な姿がいちばんのパワーになりますね〜。SAやPAで甘いものをチャージしながら帰りました。(スタバとかあるので良いですね!)

 

 

ただ、車の帰省はやっぱり結構疲れました。次回の帰省、車か飛行機か迷うところです。

 

 

 

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

キーワードで探す