Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

1泊2日の淡路島旅行(子連れ)の楽しみ方

スポンサーリンク

 f:id:damarin:20180412082525p:plain

 

先日、淡路島に1泊2日で旅行してきました。

大阪から車で行くのにちょうど良い距離の淡路島。

 

0歳と3歳連れての家族旅行で淡路島を楽しんできました。

 

 

2度目の淡路島旅行でした

淡路島への家族旅行は今回で2度目です。

 

2度目の淡路島に行きたくなった理由は、前回の印象が良かったから。

POINT
  • 大阪からちょうどいい距離(0歳もいるので)
  • 海がある
  • 山がある
  • 野菜がおいしい
  • 新玉ねぎを買いたい!

というわけで、今年の家族旅行は淡路島に行くことになりました。

 

 

1日目

今回は残念ながら1週間前から雨予報だったので悪天候プランを考えていました。

 

淡路島のみどころは「山!海!自然!!!」です。雨天は残念ですが、まあ仕方ないですね。

 

1日目のプランはこちら

  1. 須磨海浜水族館
  2. 淡路SA
  3. あわじ花さじき

 

雨が降っても、ぬれない・退屈しない・時間を浪費しないように水族館をメインにしました。

 

 

須磨海浜水族館(神戸市)

大阪を出発し、明石海峡大橋を渡るまえに須磨海浜水族館へ。

 

悪天候なので仕方なく水族館に行くことになりましたが、結果的には悪天候のおかげで水族館に行く機会ができてよかったです。

 

sumasui.jp

 

f:id:damarin:20180327083341j:plain

水族館に行くのはかなり久しぶりでした。

3歳の長男が2歳の時に行って以来なので、1年半ぶりくらいの水族館です。そのときは、ただ「見るだけ」という楽しみ方でした。

 

今回はチンアナゴやカクレクマノミなどの本やipadで見ていた魚を実際に見て喜んだり、ペンギンのエサやり体験もでき、イルカのショーも刺激的だったようで。

 

「学んでいる」というシーンが多く見ることができ、長男の成長を感じました。

魚より"魚を見る子供"を見るのも楽しいよ〜

 

野外のイルカとペンギンは、雨が降る前に見ることができたのは運が良かったかな。

 

 

淡路SA

f:id:damarin:20180327083401j:plain

淡路サービスエリアは、高速で明石海峡大橋を渡ってすぐのところにあります。

 

ここではフードコートで昼食をいただきました。大好きな明石焼きも。(明石焼きは外に屋台があります)

 

景色がきれいな所ですが今回は悪天候のため外には出ず。残念っ。

 

ちなみに晴れたらこんな景色です。

f:id:damarin:20180405171501j:plain

 

観覧車があります。乗ったことはないけどきれいだろうなー。

f:id:damarin:20180405172704j:plain

明石海峡がとてもキレイに見えるので、淡路島に行くときはぜひぜひ立ち寄りたい場所です。

 

 

あわじ花さじき

淡路SAから下道に降り、ずーっと山道をのぼった山のてっぺんに、あわじ花さじきがあります。

春は、菜の花畑が広がっているところ。

 

NHKの朝ドラ「あさが来た」のラストシーンのロケ地です。

 

菜の花の向こうに、明石海峡、明石海峡大橋、神戸、大阪の工業地帯、関空も見えます。晴れているととっても気持ちいい場所なのです。

 

しかしながら今回は相変わらずの悪天候で、次男(0歳)は夫の抱っこ紐、長男(3歳)はレインシューズとレインコートで臨戦態勢で外に出ました。

 

が、風が強すぎて寒すぎて。

外に出たものの、5分ほどで限界になり車に戻って来ました。

 

ちなみに晴れたらこんなかんじです。

f:id:damarin:20180405171909j:plain

 

f:id:damarin:20180405171926j:plain

2年前の旅行時の写真です。

 

今回は残念ながら悪天候でしたが、観光バスや一般のお客さんもそれなりに多く、小さなお子さん連れじゃない方々は菜の花を見に行っている様子でした。

 

 

ホテルは「休暇村南淡路」

今回、淡路島の南にあるホテル、休暇村南淡路に泊まりました。

 

天気が良ければ、ホテルに行く前に鳴門海峡を間近で見たかったのですが、雨だけでなく風も強かったので潔く16時にホテルに着きました。

 

鳴門海峡は晴れていたらこんなかんじです。

f:id:damarin:20180405172159j:plain

 

f:id:damarin:20180405172211j:plain

海と空の青がきれいなところです。

鳴門海峡大橋はかっこよく、雄大な空と海を全身で感じることができます。

 

明石海峡を間近で見ることはできなかったぶんホテルでのんびり過ごし、温泉(潮騒の湯)につかり、ディナーブッフェで満腹になり、子供たちが寝たあとにまた温泉へ。

久しぶりにゆったりと温泉に入りリラックスしました。

 

ちなみに2年前の旅行でも休暇村に泊まりました。

休暇村の印象
  • 和室に泊まれる
  • 朝食も夕食もブッフェタイプ
  • 子ども便座が無料レンタル
  • Wi-Fi無料
  • 温泉に露天風呂あり
  • 部屋から海が見える

子連れに優しいホテルで、ブッフェは海鮮メインで、温泉があるので最高です。

 

食事に関しては、前回は淡路島の玉ねぎたっぷりのカレーライスが息子にウケていましたが今回はメニューに無く残念でした。

海鮮メインの食事なので、魚が苦手な長男には(酒のアテぽいメニューが多く大人向けというのもありますが)ちょっと楽しくなかったかも。まあ仕方ないですねー。

 

 

私が感じた休暇村南淡路のデメリットは駐車場がちょっちょっと遠いことですね。

エントランス前にも数十台駐車できる駐車場がありますが、すぐに満車になってしまうようで第2駐車場に駐車しました。

(駐車場に車を止めに行ったのは夫でしたが「駐車場が遠い?そうかな?」とのこと。)

 

楽天でも口コミが多く、人気のホテルです。 

休暇村 南淡路 <淡路島>

 

 

2日目

2日目も悪天候の予報でしたが雨はほとんど降りませんでした。

ただ、風が強かったので1日目に引き続き、悪天候プランで観光しました。

  1. イングランドの丘の直売所
  2. たこせんべいの里
  3. 金太郎
  4. 吹き戻しの里

淡路島には屋内でも楽しめる場所があるんですよね。

 

 

イングランドの丘

コアラに会えるイングランドの丘です。

 

前回は動植物園に入場しましたが、残念ながら今回は悪天候なので、野菜直売所(広い!)であわじ産の新鮮な野菜をたっぷり購入して終わりました。

 

(晴れてたら動植物園に入場し、バーベキューする予定だったのですが!)

 

 

たこせんべいの里 

f:id:damarin:20180327083421j:plain

たこせんべいの里

 

こちらは名物のたこせんべいを作っている工場を見学できる施設です。

 

ガイドブックで知り、室内で楽しめそうなので行ってみました。

工場なのであまり期待していませんでしたが、きれいな施設で駐車場が広く観光バスも来ており、施設内はとっても賑わっていました。

たこせんべいの印象
  • たくさんの種類のせんべいの試食し放題
  • トイレがきれい
  • 授乳室がある
  • 駐車場が広い
  • 無料で入れる!

20種類以上のせんべいが試食し放題で、休憩スペースも広く、コーヒー無料です。

お土産屋さんの究極といったところ。

 

本当にお客さんが多く、トイレも休憩スペースも試食コーナーも大賑わい。

 

みなさん試食し、お土産もたっぷり購入していました。私も購入しましたー。 

 

 

回転寿司「金太郎」 

f:id:damarin:20180327083440j:plain

2日目のランチは地元の回転寿司「金太郎」でした。

 

わが家はお寿司を食べるのはいつもチェーン店なので、いつもよりちょっとお高めです。大阪の「大起水産」と同じくらいの価格設定かな?(昔住んでいた茨城なら「かねき」です)

 

写真は、いくらが美味しくてお代わりしたときに撮りました。

地元のお客さんが多い印象のお店です。お寿司をもりもり食べました。 

 

 

 

吹き戻しの里

f:id:damarin:20180327083459j:plain

吹き戻しの里【公式】|淡路島で吹き戻しを製造・販売・製作体験

 

吹き戻しの里で作っている吹き戻しは、全国8割のシェアを誇るのだとか。

ここでは一般向けに吹き戻しづくり体験ができるので行ってみました。

 

入場料はこちら。

  • 大人・高校生以上・500円
  • 3歳から中学生・300円
  • 3歳未満・無料

吹き戻しを1人6本作ることができます。

 

ちなみに、吹き戻しとはピューっと吹いたらプシューって伸びるアレです。

 

 

これです。

f:id:damarin:20180328194641j:plain

はじめに作り方の説明を受けるので、吹き戻しの知識がなにも無くても大丈夫。すぐに慣れて作れるようになります。

 

3歳の息子は自分で作ることが難しかったので私と一緒に作りました。

お絵かきコーナーもあるので、子供たちは吹き戻しに絵やメッセージを書いていました。

 

想像以上に楽しかった!

 

吹き戻しのお土産と自分が作ったものが持ち帰りできるので、息子は帰りの車の中や、家に帰ってからも遊んでいます。

 

 

 

淡路島は子連れにもおすすめのプチリゾート

あいにくの悪天候でインスタ映えするような写真は全く撮れませんでしたが、淡路島を楽しんできました。

 

大阪から車で2時間なので、天気がいい日に日帰りでも行けるし、新名神も開通したのでもっと近くなりましたね。

 

淡路島は、大阪に住んでいるとなかなか味わえない海と山をたっぷり味わえます。

 

休日の息抜きにぴったりの場所でした。

 

 

www.awajishima-kanko.jp 

 

▼このような記事もあります

スヌーピー喫茶を求めて伊勢志摩へ

www.oheya-migaru.com

 

 0歳と3歳を連れての長距離移動旅

www.oheya-migaru.com

 

キーワードで探す