Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

間取り図を無料アプリで作ってみたら意外と凄いものができました。

スポンサーリンク

f:id:damarin:20180410132222p:plain

このブログでは、わが家の間取り図を公開しています。

 

これまで手書きの間取り図を使ってきましたが、紙にフリーハンドで書いた間取り図をスマホで写しただけのものでした。

 

「ちゃんとした間取り図を使いたいな〜」と思っていたところ、素人でもちゃんとした間取り図を作れるアプリがあったので作ってみました。

 

 

アプリで作ったわが家の間取りはこちらです

じゃーん!と、言いたくなるくらい、まともな間取り図ができました。

f:id:damarin:20180302233017j:plain

こちら、無料アプリで作ったわが家の間取り図です。

ど素人が作った間取り図としては結構すごくないですか?

 

部屋の広さドアなどの位置も思いのまま。

トイレもバスタブもキッチンも作れるし、家具も置けるのでかなり本物に近い間取り図が作ることができました。

 

家具はこのように、リアル家具にすることもできます。

f:id:damarin:20180302233132j:plain

家具の種類が豊富で楽しめます。

 

 

無料アプリ「間取りTouch +」を使いました

今回、間取り図を作るのに使ったアプリは「間取り図Touch +」という無料アプリです。 

実際にわが家の間取り図を作ってみて、このアプリの良いところはこちら。

POINT
  • ゼロから作ることができる
  • 編集画面でサイズ(ミリ)が表示される
  • 編集しながら部屋の広さが計算される
  • 家具が置ける
  • 色を変更できる

テンプレートの中に自分に合うものがあれば簡単に作れそうです。

 

私の場合はテンプレートに合うものが無く、ゼロから作りました。

 

 

間取り図の作り方はこんなかんじです

「新規作成」で部屋を1つ作る 

まず、新規作成ボタンを押して部屋を作ります。

f:id:damarin:20180301235826j:plain

 

このような画面になります。

f:id:damarin:20180301235850j:plain

広さや床色は後から変更できるので、特に変更することなく「OK」ボタンを押します。

 

6畳の部屋ができました。

f:id:damarin:20180301235943j:plain

 

この部屋をクリックすることで、編集作業に入っていきます。

 

 

1つの部屋から間取りを作っていく

全てはさきほど作った1つの部屋からはじめていきます。

部屋をクリックすると黄色い枠で囲まれます。

f:id:damarin:20180301235906j:plain

そして「編集」をクリック。ここから増築して間取りを完成させていきます。

 

 

部屋を作る・建具を作る・部屋の広さを変えていく

「編集」をクリックするとこのような画面になります。

f:id:damarin:20180302000022j:plain

  • 部屋(部屋を作る)
  • 建具(窓とドアを作る)
  • 移動(部屋の大きさを変更する)

私は主にこの3つのボタンを使って間取り図を作りました。

 

(例)部屋の広さを変える

例えば部屋の広さを変更するときは、変更したい側の壁を押すと赤い表示になります。

f:id:damarin:20180302000038j:plain

ここで「移動」ボタンをクリックすると矢印が出てきて広さを変更できるようになります。

 

*部屋の増築や建具(窓とドア)も同様に「部屋」「建具」をそれぞれクリックして編集を進めていきます。

 

 

設備を作る・家具を置く

部屋を作ったら、その中のインテリアを作ることができます。

  • 設備(キッチンやバスタブなど)
  • 家具(テーブルやソファなど)

これらを自分の好きなように置くことができます。

 

(例)設備をつくる

例えば、部屋の中に設備を作る時はこんなかんじです。

f:id:damarin:20180302000052j:plain

「設備」をクリックし編集していきます。

 

作ることのできる設備が表示されます。

f:id:damarin:20180302000106j:plain

キッチンをクリックしてみます。

 

すると、このようにキッチンの型が表示されます。

f:id:damarin:20180302000126j:plain

ここでは憧れのU型を選んでみます。

 

その中からさらに仕様を選びます。

f:id:damarin:20180302000141j:plain

U型のキッチンは3種類から選択できるようです。(設備によって種類の数はもっと多いです)

 

このように、部屋の中にキッチンができました。

f:id:damarin:20180302000157j:plain

さらに「編集」で、このキッチンを変えていきます。

 

大きさを調整してみます。

f:id:damarin:20180302000217p:plain

調整したい側をクリックすると矢印が表示されるので好みの大きさに作ることができます。

部屋全体の編集画面から移動も可能です。

 

端っこに移動して設置しました。

f:id:damarin:20180302000231j:plain
*家具も同様に「家具」をクリックし編集を進めていきます。

 

 

カラーやテキストを変更する

間取り図が完成したら、それぞれの部屋の床のカラーやデザインなどを変更できます。(途中でもできますが完成してからのほうが楽しかった)

 

完成したわが家の間取り図のカラーを変更してみます。

f:id:damarin:20180302233234j:plain

「表示」をクリックします。

 

するとこんな画面に。

f:id:damarin:20180302233301p:plain 

カラー、床のパターン、テキスト表示の有無などの変更が可能です。

 

全てをオフにすると、ガラッとシンプルな間取り図になりました。

f:id:damarin:20180302233325j:plain

 

テキストのみをオンにするとこんなかんじ。

f:id:damarin:20180302233350j:plain

このくらいが好みです。

 

 

何度も保存し編集できる

間取りを作っている段階で、名前をつけて保存し、何度も編集することができるので安心できます。

編集中にうっかりアプリを閉じてしまっても閉じる直前の状態から再スタートできます。

 

 

 

無料アプリ「間取りTouch +」を使ってできそうなこと

このアプリを使ってできそうなことは

  • 模様替え前のシミレーション
  • 家具を購入する前のシミレーション
  • 暮らし系のブログでの間取り図公開
  • 理想の間取りを作ってみる
  • 過去に住んでた部屋の「今ならこんなインテリアにするのになー」という妄想を形にする

基本の間取りを保存しておき、模様替えや家具を購入する際のシミレーションに使えそうです。

 

また、私は過去に自分が住んでた部屋を思い返して「今ならこんなインテリアにしたいなあ」という妄想をするので(授乳の時や眠れない時など)それを形にしてみることもできそうです。

 

ただ、アプリで間取りを作って遊ぶのは楽しいけど時間があっという間に過ぎます。ご注意を!

 

 

このような記事もあります www.oheya-migaru.com

子供達の成長とともにせまい家の問題点が出てきました。そして理想の家のかたちが見えてきた。

キーワードで探す