Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

Numbersで作る家計簿。エクセルが無くてもMacでかんたん家計簿づくり。

スポンサーリンク

 

「Numbers」は、アップル製品の中に初めから入っているエクセルのようなもの。でも10年以上エクセルで生きてきた私にとってはよく分からないものでした。

 

約1年間MacBook Airを使ってきましたが先日、なんとなく家計簿のためにNumbersを開いてみると、とっても簡単にきれいな家計簿を作ることができました。

 

この記事では、Macに初めから入っているNumbersで作るわが家の家計簿についてまとめています。

 

 

Numbersって何ですか?

f:id:damarin:20180309152330j:plain

ずっと、「Numbersって何ですか?それよりエクセルを使いたいです。」と思っていました。

実際、オンラインオフィスでエクセルを使っていましたし。

 

当時の私に「それは時間の無駄だよ」と言いたいくらいに、Numbersは超便利なスプレッドシート(表計算ソフト)です。

よく考えてみるとアップル製品のパソコンやスマホはとっても使い心地がいいですよね。そのアップル製品の表計算ソフトが、使いにくいわけがないのです。

 

Numbersの説明としてはこちら。

Numbersなら、魅力的なグラフ、表、画像が入った美しいスプレッドシートを作れます。

リアルタイムの共同制作機能を使えば、チームのみんなで一緒に作業ができます。Mac、iPad、iPhone上はもちろん、Windowsパソコン上でもiCloudのためのiWorkを使って共同制作に加われます。

(出典:アップル公式サイト)

 

家計簿でNumbersを使ってみたい私が気になったのは

  • iPhoneから見ることができる
  • iPhoneから編集もできる
  • Windowsのパソコンでも使える

ということ。

 

実際にNumbersで家計簿をつけていますが、ふと気になった時にiPhoneですぐに確認できて便利です。

 

 

Numbersを使ってみました

というわけで、実際にNumbersを使ってみました。

家計簿に使ってみたいグラフと表は、テンプレートからすぐに使うことができました。

 

テンプレートの家計簿を開く

デスクトップのNumbersのアイコンをクリックし、「新規書類」を開くとこちら。

f:id:damarin:20180124134609p:plain

さまざまなテンプレートが出てきます。

 

家計簿を作りたいので、左側の「個人財務」へ。

  • 空白
  • チェックリスト
  • チェックリストの合計
  • グラフの基本
  • 簡単な予算
  • 家計簿
  • 貯蓄プラン
  • マイ株式

などといった、家庭で使うのに十分な種類のテンプレートが出てきました。

 

「個人財務」以外にも「パーソナル」「ビジネス」などのカテゴリもありさまざまなテンプレートが準備されています。

 

次に「個人財務」の中の「家計簿」のテンプレートをクリック。

 

するともうこんなかんじです。

f:id:damarin:20180124134845p:plain

クリックしただけでこれです。

 

場合によっては編集せずにこのまま使えますね。費目と数字を変更するだけで家計簿ができます。グラフも完成。棒グラフで直感的な把握も可能です。

 

 

テンプレートの家計簿を編集してみる

f:id:damarin:20180124152312p:plain

費目や数字をクリックすると、画面右にクリックした部分に必要な編集画面が出てくるので、ここで編集していきます。

(座標のメモリの単位や、グラフの色の変更、数字の配置など全てをここで編集します)

  

 

わが家の家計簿はこちら

わが家の家計簿は、「家計簿」のテンプレートに「グラフの基本」というテンプレートから使いたいグラフや表をコピペで組み合わせ、「家計簿」に集約して家計簿を作りました。

 

作った家計簿はこちらです

f:id:damarin:20180223085757p:plain

「家計簿」のテンプレートを編集し、円グラフや棒グラフの色や表示方法を変えています。

 

Numbersのテンプレートのまま、円グラフで生活費の費目ごとの割合を、棒グラフでそれぞれの予算との差が直感的に確認できて便利です。

 

グラフ下の表は、

  • 左:生活費(1ヶ月)
  • 真ん中:公共料金・通信費
  • 右側:特別支出(1年)

 といった具合です。

 

 

費目の金額を入力するのは別タブから

費目別の支出の金額を別タブで詳しく入力し、「家計簿」タブに紐づくように作っています。

 

金額を知りたい費目
  • 食費
  • 外食

この2つは、金額だけが知りたい費目です。

f:id:damarin:20180223090120p:plain

レシートを見ながら金額を入力するのみで「家計簿」タブに紐付くようにしています。「=SUM」などを使い、エクセルと同じ感覚で紐付けができました。

 

金額・内訳を知りたい費目
  • 車・交通費
  • 健康・教育

金額と内訳が知りたい費目はこの2つです。

f:id:damarin:20180223090331p:plain

何にどのくらいの金額を使っているのかを把握できるよう、内訳が分かるようにしています。(例:「車・交通費」はガソリン・交通費・JAF会費・高速代など)

 

内訳はこのようにポップアップメニューで選択できるように設定しています。(「グラフの基本」にこのようなテンプレートがありますし、自分で作ることもできます)

f:id:damarin:20180223090426p:plain

 

ポップアップメニューの名称の編集はこんなかんじです。

f:id:damarin:20180223090938p:plain

「+」で追加、「−」で削除します。

 

ポップアップメニューで選んだ費目の金額が、自動的に隣の表に集計されます。そして、それらの合計金額が「家計簿」タブに紐づいています。

f:id:damarin:20180223090524p:plain

 

 

金額・内訳・詳細を知りたい費目
  • 日用品
  • 自由費

去年の反省をふまえ、詳しく知りたい2つの費目です。金額と内訳だけではなく、購入したものの名称を入力します。

 

例えば日用品はこんなかんじです。

f:id:damarin:20180223090845p:plain

店名、商品名、費目、金額をレシートを見ながら入力していきます。

円グラフも作り、何にどのくらいのお金を使っているかを直感的に分かるようにしています。

 

 

家計簿をつけるのが楽になりそうです

f:id:damarin:20180124133021j:plain

仕事で10年以上エクセルを使っていて使い慣れていたこともあり、これまでは家計簿もエクセル管理でした。

仕事でもプライベートでも、エクセルって便利に使えますよね。

 

ただ、エクセルを使える人ならNumbersはもっと簡単に使うことができるんじゃないかなと思います。

Numbersは好みのテンプレートを選んで、あとは直感的に分かりやすく自分仕様にしていくのみでとっても簡単です。

  

今年の家計簿は、すべての金額の合計が「家計簿」タブに飛ぶようにしているので、日々のレシートを入力すると1ヶ月の家計簿がまとまることになります。

 

これまでアナログで計算していましたが、Numbersで作った家計簿では、もっと簡単に、詳しい家計簿が作れそうです。

 

 

家計簿の概念はこちらの本を参考にしています。

 

 

▼このような記事もあります

マネーフォワードとわが家のNumbers家計簿の結果を比べてみました

www.oheya-migaru.com

 

支払いはほぼクレジットカードです。ポイントが貯まったのでギフトカードに交換しました。

www.oheya-migaru.com

 

キーワードで探す