Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

11月の4人家族の生活費・支出のこと

 

毎月恒例の家計簿まとめです。 

少し前から4人家族になり、支出が少しずつ増えてきています。

特にこれといった対策がないまま毎日が過ぎていくので家計簿をつけるのは辛いですが、今後のためにもまとめています。 

 f:id:damarin:20170602160421j:plain

 

 

 

11月の生活費・支出について

生活費の支出(予算)

  • 公共・通信・45,821円(40,000円)
  • 食費・58,172円(55,000円)
  • 日用品・20,018円(15,000円)
  • 外食・13,471円(15,000円)
  • 車・交通費・6,000円(10,000円)
  • 病院・教育・17,060円(20,000円)
  • 小遣い・衣類・88,346円(25,000円)

合計、248,888円でした。(予算の合計は180,000円)

 

特別支出

※生活費以外の支出で、生活費とは別に年間で予算を立てています。

  • 15,000円(20,000円)

 夫のゴルフコンペ代です。毎年11月に開催されるので予算化しておりました。

 

 

というわけで、11月の生活費は68,888円の赤字となりました。

 

 

11月の家計簿・支出の反省

予算オーバーした項目と予算赤字額

7つの項目がある中で、4つの項目で予算オーバーでした。

  • 公共・通信(▲5,821円)
  • 食費(▲3,172円)
  • 日用品(▲5,018円)
  • 小遣い(▲63,346円)

 まあ、特に目立つのは小遣いの約63,000円オーバーの件です。

 

予算オーバーした項目

公共・通信 

詳細を見て見ると、

  • ガス代・6,279円
  • 電気代・7,000円
  • JCOM・4,039円
  • 水道・9,000円
  • スマホ・17,603円

となっています。

夏と比べるとガス代が約3,000円アップしていました。この中で季節で変動するのはガス代と電気代ですが、コントロール難しいなあ。

スマホあたりで一気に減額できそうだけど、なかなか決心がつきません。

 

食費

約3,000円のオーバーです。

原因は、本音では「夫と息子がよくお菓子を買いに行っているからじゃない?」と思っていますが、とりあえず毎日の食事で無駄を生み出さないようにがんばります。

 

 

日用品

4人家族になり、日用品は毎月オーバーしています。10月は予算20,000円だったところを11月では15,000円にしてみました。

結果は20,018円と、やはり予算オーバー。

10月同様、日用品の項目をメモしていました。

  • お風呂用品(シャンプーなど)・3,282円
  • キッチン(洗剤やラップ)・963円
  • トイレ(掃除用品)・912円
  • ランドリー(洗剤)・698円
  • オムツ(子供2人ぶん)・3,282円
  • ベビー用品・501円
  • 薬(2種類)・2,760円
  • 掃除用品(フロアワイパーなど)・728円
  • カレンダー(無印)・400円
  • 私(パフ、化粧水など)・2,046円
  • 夫(目薬、ハンドクリーム)・3,893円

うーん。

そんなに無駄があるようには思えないのだけど、子供のボディソープとか、ハンドクリーム、市販のお薬などが日用品を圧迫している様子です。

  

 

小遣い

予算25,000円のところを約88,000円の出費となりました。

詳細は

  • 衣類・67,215円
  • 衣類以外(本・化粧品など)・21,131円

11月は夫婦ともにコートを新調し、私の化粧品を購入し、子供たちもそれぞれ服を買いました。コートを購入するのは4年ぶりくらいだし、また数年は購入しないつもりなので仕方ないのかなー。

 

 

外食と病院代が抑えられたことは良かった

外食は、毎月20,000円の予算を設定しています。

今回、15,000円に縮小してみましたが11月の外食費は約13,000円。きちんと抑えることができた! 

節約しようと、少しだけ意識してみました。


また、病院代はインフルエンザの予防接種代(夫、私、息子分)のみに抑えることができました。家族の誰も病院にいくような体調不良になることがなく平和な1ヶ月でした。

 

 

 

12月は1年のまとめと来年の予算を考えたい

12月は今年の家計簿のまとめと、それを元に2018年の予算設定をします。

 

専業主婦は4年目に突入する2018年。

夫のお給料でのやりくりというのは私には合っている気がします。自分で稼いだお金はいとも簡単に使っていました。しかし夫が稼いだお金は大切に使うようになりました。

家計を任せてくれる家族のためにも、きちんと貯蓄しながらも心地よい、身の丈にあった暮らしの金額を見つけたいです。

 

 

 

 

 

10月の家計簿はこちら

damarin.hatenablog.com

 

3人家族の食費について調べてみました

damarin.hatenablog.com

 

 

 

キーワードで探す