Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

0歳児を育児中。出産して5ヶ月間の自分時間は10時間でした。これからの自分時間の作り方

スポンサーリンク

 

次男は今月で生後5ヶ月になります。

ただただ授乳しオムツを替え抱っこする日々。3歳児もいるので、ご飯をつくりトイレに付き合い寝かしつける日常。

 

この日常を続けること守ることが今の私の役割であり仕事です。

 

そんな私の自分時間について考えてみました。

 

自分時間について考えてみよう

 

  

この5ヶ月の自分時間を計算すると10時間でした

この 5ヶ月、いつでも子どもと一緒でした。

それでも子どもや夫と一緒ではない、自分のための時間、自分時間もありました。

  

友達と会う・5時間

里帰り中に友達と会いました。

長男は保育園に行っている時間に、次男は両親に見てもらい、友達とランチへ。気づけば5時間おしゃべりしていました。

友達に会って子供を気にせず楽しくおしゃべりしたのは5ヶ月間でこのときだけでした。

 

 

美容室に行く・1時間

あまりにひどい髪型になってきていたので一度だけ美容室に行きました。カットのみ。

 

 

ひとりでショッピング・1時間

スタバでデカフェを注文し、気になったお店に入ってワンピースを、、、とかではなく、ユニクロにブラトップを買いに行っただけ。

それだけでも気分転換になりました。

 

子育ての合間にひとりで行く買い物時間は貴重です。 

 

 

健康診断・1時間

夫の扶養に入っているので、夫の会社から通知が来て私も毎年健康診断を受けています。

今年は9月に受けてきました。

毎年受けている定期の検診項目なので甘く見ていましたが、結果を見ると血液検査でひっかかり、再検査となっていました。

健康、大事。

 

ちなみに中性脂肪が低すぎるとのこと。

再検査はこれから受けます。

 

 

映画を見る・2時間 

▼そのときの記事はこちら

damarin.hatenablog.com

 

家から映画館が近いので、これからもたまに行きたいな〜と思いました。

 

 

というわけで、この5ヶ月の自分時間は10時間でした。

移動時間は含んでいません。

不満はないけど満足もしていません。これからの5ヶ月は10時間を上回りたいと思いました。

 

 

 

自分時間を確保する5つのコツ

この5ヶ月、たった10時間しか自分時間を確保できなかった私ですが、だからこそ思いつく自分時間を確保するコツを今書いておきます。

 

 

空白の時間にやりたいことを考えておく

育児をしていると、自分の時間はないけど「なに?この時間?」というような空白の時間はよくあります。

  • 授乳のとき
  • 呼んでいるのに来ないとき
  • 起こしているのに起きないとき
  • 着替えてほしいのに全然着替えようとしないとき
  • 泣きやまないとき
  • 寝かしつけのとき
  • いやいやしているとき

などです。

 

わが子が言うことを聞かないのは日常茶飯事です。

それが積み重なりイライラしはじめたときにふと別のことを考えてみると、イライラが沈静化します。

私の場合「あ、映画見に行こ」という、普段の状態の時には発想しないことが思い浮かびました。

 

ちょうどテレビで映画の番宣が始まっていたタイミングだったので、いつも外へのアンテナを張っておくことも大切かもしれません。

 

 

パートナーに交渉する

交渉するといっても、夫に「映画見てきていい?」と聞いてみただけ。

案外「いいよー」と簡単に返事が返ってきました。

 

聞いてみただけだけど、たぶんそれも大切なこと。育児にすべてを捧げているとそういう発想も生まれてこないと思うんです。

 

 

ネットで予約する

夫に「映画?うん、行ってきなよ」と言われたものの、

  • 子どもが熱を出したら行けないし
  • 子どもが嘔吐しても行けないな

などと考えてしまいなかなかひとりで出かけるという決心がつきませんでした。

 

どうしようどうしようと怖気付いてばかり。いつからこんな性格になったんだろう。

そのため、ネット予約してみました。

クレジット決済だし、予約したからには行くしかない。行くよ!

 

ネットでぽちっと予約をし、自分ではもう止められない状態にできたことは、うじうじしていた私の背中を押してくれました。

 

考えてみると自分時間の10時間のうち、美容室、健康診断、映画と、4時間は予約したことで確保できた時間でした。

 

 

突然、思いきって外に行く

この5ヶ月、ひとりで友達に会ったのは一度だけ。

突然、友達から「今日●●ちゃんとランチするけど、来ない?」という短いメッセージが届きました。

友達も帰省中だったようで、帰省のタイミングが合わないとなかなか会えない友達です。

 

あれこれ悩む時間もなく「行きたい!行く!」と思い、実家に里帰り中だったので、母に次男を見てもらえるかお願いしました。

突然の行動は、勢いそのままに行動してみることもアリだと思う。

 

 

ブログで宣言してみる

私の場合はこのブログです。

これからの5ヶ月のことを宣言してみます。

来年の4月までに自分時間を20時間、確保してみます。

 

この5ヶ月の2倍の時間です。そう簡単ではないはず。

宣言したからには、がんばりたくなるというもの。

 

 

おわりに

育児中にあえて自分時間を作るのはなんだか悪いことをしているような気分。

だからこそ、

 

考え、行動してみることが大切だと思いました。

 

そして育児を頼む相手に相談してみる

 

さいごに思いきって行動に移してみる。

 

勢いがつかないときは思いきってネット予約してみる。

 

20時間、やれるかなあ。

 

 

5ヶ月後がたのしみです。

 

 

このような記事もあります

自分の長所100個見つけてみました

damarin.hatenablog.com

 

3年以上ぶりの映画鑑賞でした

damarin.hatenablog.com

 

育児中の夜ご飯問題について

damarin.hatenablog.com

 

里帰り先で長男は保育園に通いました

damarin.hatenablog.com

 

里帰り生活の一人時間の作り方

damarin.hatenablog.com

 

里帰りでもネット環境必要です  

damarin.hatenablog.com

 

 

 

キーワードで探す