Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

2人目出産。里帰りで上の子を保育園へ。申請手順とメリットいっぱいの保育園通い。

スポンサーリンク

f:id:damarin:20180529131125p:plain

先月、次男を出産しました。

 

赤ちゃんや産後の私の体力のことを考え、産前産後は里帰り出産しましたが(今も里帰り中です!)上の子(3歳)のためにも里帰りをして良かったなと思っています。

 

3歳の息子は、現在、実家近くの保育園に通っています。

 

この記事では里帰り中に保育園に通う手続きと、保育園に通って良かったことについてまとめています。

 

 

産前産後の上の子の育児をどうするのか

2人目を妊娠して、気になったのは出産前後の上の子の育児のことでした。

  • 臨月に一緒に遊べるのかな?
  • 生まれたら遊べないよね?
  • 赤ちゃんのお世話に専念したいけど・・・
  • でも上の子の育児も気になる

みなさんどうされているのだろう・・と、「二人目出産・上の子」「産前産後・上の子」などで検索しているうちに、産前産後2ヶ月は保育園にあずけることができることを知りました。

 

 

 

里帰り先で保育園に通わせたい

夫に相談して「絶対に保育園に通ったほうが良い」と意見が一致し、3歳になる息子を保育園に通わせることにしました。

 

しかし、これまで保育園の一時保育すら利用したことがないので、分からないことでいっぱいでした。

  • 保育園に預けたいけど手続きは?
  • 里帰りだけど大丈夫なの?
  • 自宅と実家が都道府県すら違うけど、大丈夫?

不安も疑問もたくさんありましたが、市町村も都道府県も違う里帰り先で、上の子は保育園に通うことができました。

 

 

里帰り先で保育園に通うための手続き

自宅は大阪で、実家は長崎です。

私が行った手続きの流れとしてはこの4つです。

POINT
  1. 実家のある市役所に問い合わせ
  2. 通いたい保育園に問い合わせ
  3. 自宅のある市役所に問い合わせ
  4. 自宅のある市役所に書類を提出

はじめは実家のある市役所に「里帰りをしているときに預けられるかどうか」を聞いてみましたが、「自宅のある市役所に聞いてみてください(うちは大丈夫なので)」というような返答でした。

 

ここで念のため実家近くの保育園に問い合わせたところ「空きはあります。大丈夫」とのことでした。(実家のある市では待機児童問題がありませんでした)

 

そのあと、自宅のある市役所に問い合わせ、通常の保育園の申請書類と同じものを提出しました。

 

 

手続きはいつ行うのか?

保育園に通いたい月(出産予定日の前後)の2ヶ月前に問い合わせと手続きを行いました。

 

保育園は産前産後の2ヶ月間通える(空きがある)ことを教えてくれましたが、自宅のある市役所からの通知が届いたのは預ける予定日の10日前でした。

 

保育園の通知って遅いんですね。

 

保育園側はその2ヶ月前から大丈夫って言っているのだから、わかった時点で通知してほしいものです。。

 

 

2ヶ月間の保育料は?

はじめての保育園の保育料。どうなんだろう、通知が怖い!と思っていましたが、1ヶ月35,000円ほどでした。

 

正直、1ヶ月70,000円くらいするのかと思っていたのでありがたい値段でした。

(保育料は住んでいる市町村や収入によって違うとのことです。)

 

 

 

保育園に通う前に一時保育へ

保育園に問い合わせした際に、実際に保育園に通う前に、一時保育で慣らしておきたいというのをそれとなく聞いてみました。

 

「里帰りだけどできるのか?」ということが気になったからです。

 

結果、里帰り先でしたが一時保育が利用できました。

 

  

 

里帰り先で保育園にあずけて良かったこと

3歳の息子は半年ほど前から、一時保育的に預けられる「遊びの教室」に週に2日通っていました。そこには先生がいて、お友達がいます。
そこで慣れていることもあり、保育園にもすんなり通ってくれています。

 

預けてみたメリットとして、

  • 出産前から預けることで私自身の体を大切にできる
  • 産後は赤ちゃんのお世話に専念できる
  • ゆっくり体を休めることができる
  • 里帰り先の実家の両親の負担が軽減される

など、いくつかありますが、いちばんの予想外のメリットは、息子がめちゃめちゃ成長したことです。

 

3歳息子、言葉も、食事も、遊びも、トイレも、体さえも全てにおいて成長しました。集団生活ってすごいんですね。

  

これまでの私の育児が至らなかったのかな、プライドが傷つくわ、なんてことも思わないですよ。ただただ、成長が嬉しいです。

 

育児の空白の期間にならないために 

実は、この産前産後の里帰り期間が上の子にとっての育児の空白の期間になるのではないかと心配した時がありました。

保育園に通うことで、いつもとは違う色んなことを吸収する時間になりました。とってもありがたいことです。

 

息子のためにも、私が悩まないためにも、保育園に預けたことはベストな選択でした。

 

 

 

2人目の産前産後、上の子はぜひ保育園通いを。

 

私のような専業主婦は我が子を自分で育てるのが当たり前すぎて、そういう思考にならない人もいるかも。

なんだか今の時代、肩身が狭い専業主婦だけど、そういう制度があるのだからたまには他人に頼っていいと思います。

 

上の子の育児がおろそかになってしまっていることをどうにも解決できないまま産後を過ごすのは親として、とても辛いはずです。

 

保育園ってほんとにありがたい。

 

育児中の妊婦さんのためにも待機児童問題が無くなってほしいです。

  

 

 

キーワードで探す