Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

30代のクレンジングと洗顔。手軽な値段で近場で買えるスキンケア用品。

スポンサーリンク

f:id:damarin:20180728012616j:plain

私は20代の頃から10年以上、ずっとファンケルのクレンジングと洗顔料を使っていました。

 

このたび、これまでのスキンケア用品を見直し、実際にクレンジングを変えてみたので記事にしておきます。

 

 

 

20代から30代のクレンジング遍歴

20代と30代の私のクレンジング。

お高めスキンケアからプチプラスキンケアにシフトしました。

 

20代のクレンジング

就職し、なんとなく精神的にも金銭的にも自立してきた頃にメイクやスキンケアにお金を使うようになりました。

仕事と遊びで疲れるから、メイクを楽に落としたい!

 

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、10年以上使いましたがとっても満足していました。

20代の頃、疲れまくってる夜にすぐに化粧を落とすことができていました。

 

当時はとにかく手間をかけずにメイクを落とすというのがベスト。

ファンケルのクレンジングは最適だし、他のメイク道具やスキンケアもほぼファンケルなので、全部まとめて購入できるのも良かったです。

 

 

30代の節約主婦のクレンジング

結婚し、妊娠出産で仕事を辞めたので、これからは価格がお手頃でクレンジング力や使用感に違和感のないものが理想だなあと思うようになりました。

 

ファンケルは値段がちょっと理想ではありませんでした。

 

仕事をしていないのでストレスが減ったのか、20代の頃よりも肌が改善したこと、メイクも薄くなりました。

30代では、お手頃な値段ということははずせなくなりました。

 

 

30代になってクレンジングを変えた 

専科のパーフェクトウォーターリーオイル

f:id:damarin:20170602171712j:plain

今はこちらを使っています。

ほのかに香りはありますが、私の場合は気にせず使えます。

 

説明文のとおり4プッシュと結構がっつりな量を使うけど、ウォーターリーオイルという名前だけあってオイルだけど重たくない。

メイク落ちは特に問題なし。マスカラも大丈夫です。

洗い流しでするっと流れる感覚で、オイルを洗い落とす際に一生懸命顔をこする必要がなく、手にオイルが残らないところが気に入っています。

 

 

 

洗顔フォームも専科のパーフェクトホイップにしてみた

実は洗顔も専科のパーフェクトホイップに変更しました。 

  • すぐに泡立つ
  • 洗ったあと肌がツルツル

使ってみると意外と良くて、お気に入りです。

 

夜、メイクを落としたあとに使用しています。

少しつっぱるのですぐに保湿します。 

 

 

朝の洗顔を変えた

朝の洗顔も、夜と同じく洗顔料を使っていましたが、水で洗って拭く→ホットタオルを顔に当てるに変え、洗顔料を使わないようにしてみました。

 

これが良いんです。すごく合ってるみたいで。

なぜ昔からそうしなかったのかと思うほど。

 

ホットタオルを使うと気持ちよくて目が覚めるし、そのあとの化粧水が浸透する感覚と化粧のりがとても良いです。

 

 

クレンジングを見直して、金額の差は?

ファンケル(オンラインで購入)
  • クレンジング(120ml)で1,728円を年間6本

  • 洗顔パウダー(50g)で1,239円を年間6本

年間・約17,000円です。

 

専科(ロハコで購入)・年間約7,000円の購入金額
  • クレンジング(230ml)で998円を年間4本
  • 洗顔フォーム(150g)で468円を年間6本

年間・約7,000円です。

 

クレンジングと洗顔を変えて見ると、年間10,000円の差額になりそうです。

 

 

まとめ

私の30代スキンケアは、

  • クレンジングは専科のパーフェクトウォーターリーオイル
  • 洗顔料は専科のパーフェクトホイップ
  • 朝の洗顔は水とホットタオルで

これが今のベストです。

 

はじめは「節約のために変えよう」からのスキンケアの見直しでしたが「安いけど、結構良いよ」という結果になって満足です。

 

値段がお手頃というのもあるし、スーパーやドラッグストアで気軽に購入できることもありがたいです。

 

 

 

 

▼このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

 

www.oheya-migaru.com

 

キーワードで探す