Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

料理をできるだけ楽ちんに。動線を意識してキッチン収納を考える。

スポンサーリンク

 

私は専業主婦で料理も嫌いではないですが、キッチンに立つ時間はできるだけ少なくしたいと思っています。

本や雑誌・ブログで人のキッチンを見るのが好きです。

 

引っ越して1年半、自分なりにキッチン収納が定着化してきた場所がいくつかあります。

  • タッパー類
  • 全ての食器
  • 使い終わった牛乳パック
  • 手拭きと布巾
  • 買ってきた食材

などの収納をまとめてみました。

 

 

わが家のキッチン収納あれこれ

タッパー類は調理台の上

f:id:damarin:20170316141520j:plain

タッパー類は、作り置きの副菜やカットした野菜などを保管するのに使います。

 

調理台のところに立っていながらすぐに手に取りたいので、タッパー類は吊り戸棚に収納しています。

 

以前はシンク下の引き出しや食器棚の引き出しに入れていたのですが、息子に荒らされることがない吊り戸棚の中に収納するようにしました。

そのメリットとして、息子に荒らされないことだけではなく、料理しながらさっと取り出せるようになりました。

料理をしている場所から移動したり、ちょっとかがんで引き出しを開ける必要がない。

 

手を上げて吊り戸棚を開けるだけなので、包丁持ったまま、作業しながら取り出せます。

 

 

全ての食器はワンステップで取れる

f:id:damarin:20170316141457j:plain
わが家の食器はココにあるだけです。

 

この扉を開けると、全ての食器が取り出せるし収納もできます。

盛り付けの時は茶碗や汁椀、取り皿、盛り付け皿、息子皿などを取り出さないといけないため、開けっ放しで作業しています。

あちこち扉を開けてまわる必要がないので結構便利です。

 

 

使い捨てまな板にする牛乳パックも吊り戸棚へ

f:id:damarin:20170316141545j:plain

飲み終わった牛乳パックは、油もの(トンカツなど)、生肉、魚をカットするときに使い、そのまま捨てます。

まな板が汚れないのでかなり便利に使っています。

 

その牛乳パックの置き場所は吊り戸棚の砂糖・塩の容器の隣です。

タッパーと同じく、作業しながら取り出せることが便利です。

 

 

手拭きと布巾も調理台に立ったまま取り出せる

f:id:damarin:20170316141605j:plain

キッチンで使う布類は椅子にエコバッグをかけてその中に収納しています。

 

写真のとおり、狭いキッチンのおかげでシンク前に立ったまま取り出せるので便利。

 

手洗い用のタオルとしてイケアのキッチンクロスを使っていますがかなり良いです。

手拭き以外にも洗った食器の下に引いたり、床にこぼした時に拭いたり、色々使えるので、青と緑の計8枚使っています。

 

 

食材は下ごしらえして保管する

 f:id:damarin:20170316150138j:plain

食材を買った日は夕食作りの前にちょっとした下準備をします。

  1. レタス*よく洗ってサラダスピナーにセット
  2. 大葉*1枚ずつ洗ってキッチンペーパーに包む
  3. トマト*食べるサイズにカットして刻んだ大葉をふりかける
  4. いちご*1回に食べるぶんだけ洗ってカット
  5. 食パン*全て半分にカット。2枚は袋に戻して他はラップで包んで冷凍
  6. 人参*全て皮をむいてタッパーに入れる

写真は昨日の夕方に仕込んだもので、所要時間は10分程度でした。昨日は夕食が外食だったので何もしなくて良かったのですが、お昼ごはんのお皿などを洗う前にサッと終わらせました。

これをするだけで少しだけ外食の罪悪感がなくなるし、朝ごはんの準備にもなりました。

 

 

キッチン収納・参考にした本はこちらです

Amazonでもとっても人気の本です。料理家の方々のリアルな台所が見れて勉強になりました。

タッパーを吊り戸棚に収納したり、野菜の下準備をするのはこの本に学びました。

 

 

おわりに

2歳の子供がいるので、キッチン用品を子供の手が届く場所に収納しておくと危なかったり、荒らされた後の片付けが面倒です。

 

「片付けるのがめんどくさい」という理由で吊り戸棚や棚上に収納場所を変えたという面もあります。

その結果として動線を意識した扱いやすい収納になりました。

 

 

 

▼このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

 

www.oheya-migaru.com

 

キーワードで探す