Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ジャージと子ども服の収納を見直し。小さなストレスが収納見直しのサインだった

 

和室のチェストの中に子供服と夫のジャージを収納しています。

 

気づいたらぐっちゃぐちゃになっているチェストの中。(!)

収納を見直してみました。

 

 

プチストレスが生まれる場所だった

衣類収納用のチェストです

子供服と夫のジャージを収納に使っているのはこちらのチェストです。

 

夫が結婚前から使っていたもので、ホームセンターで5,000円くらいのものだと思います。軽いので移動しやすく便利です。

 

この中に主に3つの衣類を収納しています。

  • 夫のジャージ類
  • 子供服(アウター以外全て)
  • ブランケット類

 

しかし、この場所にはプチストレスがありました

  • いらないものが入っている
  • 余裕がない
  • 服をテキトウに放り込んでいる
  • 着ない服も入っている

 

整理しているつもりが、気づいたら(季節が変わったりしていて!)中に服が増えていました。

 

そのせいで、どこに何があるか分かりにくいです。

 

服を、取り出すときしまうときもプチストレスになっていたので収納を見直しました。

 

 

アフターはこちらです

夫のジャージ類

夫のジャージを収納しました

  • ジャージ(部屋着)
  • ハーフパンツ

この2つを収納し、ふだん着ないジャージ(でもたまに着る)は別の場所へ。

 

夫は部屋ではジャージですし、ハーフパンツは筋トレするときに使うので、よく使うものだけを収納することにしました。

 

 

枕カバーと子どもの服

子供のパジャマの収納

  • 着ない服を入れない
  • 真ん中に整理ボックスを使用

和室は寝室でもあるので、大人の枕カバーなども子供服と一緒に収納しました。

 

真ん中はボックスに収納しています。

子供服の収納にニトリのボックス

引き出しの中に、縦にも横にも入るサイズの仕切りボックスです。

子供服にちょうどいい大きさですし、両隣への仕切りにもなり便利。

 

 

子どもの普段着

子供服の収納写真

ズボンは先ほどのボックスへ収納。

奥にある「暖かくなったら着る服」は、100円ショップのカゴに入れています。

 

取り出してみるとこんなかんじです。

f:id:damarin:20170216152842j:plain

ここでも整理ボックスを使うことで両隣への仕切りになるので便利です。

 

 

ブランケット類

ブランケットの収納写真

こちらは収納に変化なしです。

子供が風邪を引いたときなど、たまに緊急に必要になったりするものなので、すぐに取り出せるようにしています。

 

 

ストレスを感じたら収納見直しのサイン

これまでの収納は

  • 必要ないものが入っている
  • ギュウギュウになっている
  • なにがどこにあるか一目でわかりにくい

なんだか地味にストレスになっていました。

それが収納見直しのサインだったのですね。

 

少しだけ見直すことで、いつもの家事が楽な気持ちになりました。

 

 

 

洗濯物をしまうのも楽ちんが良い

このチェストを整理する時に、別のチェストの見直しも行いました。

 

季節の変わりめに、衣替えをし整理しているつもりでしたが、いつのまにか着ない服がスペースを圧迫していたみたいです。

 

服の収納をスッキリさせると、取り出す時だけではなく洗濯物を畳んでしまうことも楽になります。

 

服の収納が滞ることで、2つのストレスを生み出してしまうようで。

早めにサインに気づいて見直すことでいつもの家事がずいぶん楽になりますねー。

 

 

 

キーワードで探す