Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

1年間クレジットカード生活をして良かったこと

スポンサーリンク

f:id:damarin:20180706150037j:plain

約1年前、引っ越しを機にクレジットカード生活をはじめました。

 

夫にすすめられてクレジットカードを生活の中に取り入れてみました。リボ払いとかローン系は一切なし。全て一括支払いです。

1年経過し、分かったことをまとめています。

 

 

1年間クレジットカード生活をして思ったこと

慣れるまでは恐る恐る使う日々でした。「なんで!?」っていう請求金額だったり、そもそも生活に合った請求金額がわからなかったり、請求額に一喜一憂していました。

 

請求額に驚く理由

カードの使い始めて初めての明細を見て「やったー♪少ないw」と思いました。さらに翌月の明細では「あ、意外と少ない♪なんでかな?まあよかったw」って感じでした。さらにその翌月の明細で「なにこれ!多っ!何でっ!??」と、思いました。

3ヶ月目の明細が多いと思った理由は、これまで銀行引き落としだった光熱費などをクレジットカードに移行したことや、カード払いが当たり前になり、「コンタクト1年分」とか「旅行の宿泊費」などをカードで支払ったことをうっかり忘れてしまっていました。

 

家計簿をつけていたわりには支出の予測と把握が全くできていなかったため混乱してしまいました。

 

生活に合った請求金額が分からない

請求額は仕方ないとして、でもこの金額って多いの?少ないの?無駄遣いしてるの?どうなの?ってなりました。

これまで現金で支払っていたので、まとまった金額の把握に慣れていないんですね。

感覚として慣れるのに、半年ほどかかりました。

 

請求額に一喜一憂

請求額が少なければうれしいし、多ければ危機感でいっぱいになりました。

 

 

支出の把握と管理が必須

引き落としに驚かないためには、生活費の適正額を把握し、請求額に一喜一憂しないような生活が重要だと思いました。そのためには支出を予測し、把握しておくことが一番の近道でした。

なので、支出を予算化し、予算内で生活するようにしました

 

こちらの本を参考にしました。

 

 

支出の把握と管理をして良かったこと

  • 予算を達成するために工夫をするようになる
  • 買い物の基準が分かりやすい

予算を達成するために計画的に買い物する。日用品の単価を見直す。電化製品を買い換えないでいいようにメンテナンスをしたり、モノを増やさないでいいように知恵を出したり。色々と良いことがありました。

 

お金の使いすぎが分かりやすい

支出の予算は家族の規模によって違うと思います。我が家は2歳児と夫婦の賃貸住まいです。予算は数ヶ月分の実績から出しました。

 

先月の支出(予算と実績)

f:id:damarin:20161006150206p:plain

9月はまさかの某アイドルのコンサートに当選してしまい、 チケット代を支払ったために思わぬ出費となってしまいました。そういうのって期待していない時に当たるものなんだなーと感じます。私の母と親戚、主人の母も連れて行くので親孝行と思ってがんばります。

 

買うときのGOサインが出しやすい

上の表では「パパ&ママ」というのが大人が自由に使っていいお金です。

予算を決めたことで、服を買いたい時に「今月は美容室でカットとカラーしたし、パパが服を買ったので、私はやめておこう」とか「この靴はちょっと高いけど、予算内だから買っても大丈夫」など、「これを買うと予算に対してどうなるか」で判断ができるので、どんな値段でも安心して購入できるようになりました。

ただ、予算があるため考えに考えて購入するようになり、考えに考えると実は必要がないことが多いのです。

 

予算を守れば請求額は安定する

毎月の予算を達成することで、毎月のクレジットカードの支払いが、毎回同じくらいの金額になりました。

例えば「予算を達成すると毎月ほぼ10万円くらいの支払いになってきた。」そうなると、クレジットカードが怖くなくなりました。

  

 

これからもクレジットカードメインの生活です

クレジットカードを使うのははじめはとても怖かったのですが、今は支出予算があるおかげで買い物の基準がわかりやすくて、安心して買い物ができています。

欲しいものがあってもその月の予算オーバーになるのであれば「身の丈に合っていない買い物をしすぎ」ということで「買わない」を選択できるし、それって私の目指す「シンプルに暮らす」に繋がっている気がします。

 

それでも現金は使う

クレジットカードが使えないお店や医療費、飲み会の会費、子供のイベント参加費など現金も必ず使います。

我が家の月の支出予算は毎月だいたい18万円です。例えば、クレジットカードの明細が毎回10万円前後とすると現金は8万円引き出します。その8万円が足りなくなってカードで予算以上に使ってしまうと終わりですが、それは現金でも同じことだと思います。

 

 

▼このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

 

www.oheya-migaru.com

 

 

 

 

キーワードで探す