Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

ーおすすめ記事ー

キッチンの排水口掃除を楽に。浅型ごみ受けに変えて良かった3つのポイント

スポンサーリンク

 

キッチンの排水口のごみ受けに、浅型のゴミ受けを使っています。

なんとなく浅型のゴミ受けに変えたところ、お手入れがしやすく、排水溝の中もあまりお手入れしなくても臭わなくなり快適です。

 

キッチンシンクに元々ついているゴミ受けは深い形のものが多いと思いますが、深い形のゴミ受けって使いにくいなあと思っていました。

  • ごみ受けが洗いにくい
  • 洗っているのにすぐに汚れる
  • 排水溝が臭う!!

深いゴミ受けの時はお手入れが苦痛でしたが、浅型のゴミかご変えてみたら楽になりました。

 

購入したのはBelca流し用ステンレス浅型ゴミカゴです。

 

この記事では、実際に浅型のゴミ受けを使って良かったこと、おすすめの浅型ゴミ受けについてまとめています。

 

 

Belca流し用ステンレス浅型ゴミカゴ

流し用ステンレス浅型ゴミカゴの写真

 

ホームセンターには数種類のごみ受けがありましたが、はじめに目に止まったのがこちらのBelca流し用ステンレス浅型ゴミカゴでした。

POINT
  • ステンレス製
  • シンプルな見た目
  • サイズ説明が分かりやすい

f:id:damarin:20180913161213j:plain

購入のポイントは、このシンプルな見た目と、分かりやすいサイズ説明でした。

 

 

説明書でサイズが分かりやすい

f:id:damarin:20180913160234j:plain

パッケージの裏にイラスト付きのサイズ説明があります。

 

イラスト部分を拡大するとこんな感じです。

f:id:damarin:20161017160709j:plain

  • 菊割ゴムのサイズ・14.5センチ
  • ゴミかごのサイズ・13.5センチ

このように、サイズの説明がイラストで分かりやすく、実際にわが家の排水口と同じサイズだったため、安心して購入できました。

 

ゴミ受けを購入するときは、自宅の排水口のサイズを測っておくと選びやすいです。

 

 

浅型のゴミ受けにして良かった3つのこと

排水溝に浅型のゴミ受けを取り付けてみました

私の場合、浅型ゴミ受けに変えたことで洗いにくい、すぐに汚れる、臭う!というキッチンシンクのお手入れの苦痛がずいぶん減りました。

 

お手入れが楽になりました!

 

楽にお手入れできるようになった理由として、3つのポイントがありました。

 

1、洗いやすい

f:id:damarin:20180913160022j:plain

こちらのゴミ受け、底に丸みがあることで、ゴミがするっと取れやすいです。

網目が細かいのでゴミが引っかかりにくいし、取っ手もがフチに付いているだけでシンプルなので、全体を洗うついでに取っ手もさくっと洗えてしまいます。

 

全体的にとても洗いやすく、お手入れが楽です。

シンプルなものって洗いやすいですよね。

 

 

2、ごみが溜まりにくい

浅型のゴミ受けは浅いので、ゴミがすぐに溜まってあふれてしまいます。

 

ゴミが目に見えたりあふれてきたら捨てたくなり、めんどくさがりな私でもごみを捨てる回数が増え、ごみが溜まりにくいし溜まるにも限度があります。

 

ゴミが臭いだす前に捨てるので、きれいが続くようになりました。

 

 

3、排水溝の中が汚れにくく臭いにくい

浅型のごみ受けを使っていると、以前はいつの間にか汚れていた排水口の中が、ほとんど汚れていないことが多くなりました。

 

排水溝の中を丁寧に掃除するのは週に1回で十分です。

 

ゴミ受けのお手入れができていることで排水口の中も汚れにくく、臭いにくくなっているような印象です。

通常はスポンジで洗うだけ、たまにハイター類で掃除をしますが2週間〜4週間に1回で大丈夫です。

 

 

深いゴミ受けの使い方

以前のゴミ受けはこちらです。

よくある賃貸のゴミ受けの写真

賃貸によくある、深いゴミ受けです。

 

これ、すぐに汚れるんですよね。しかも洗いにくい。

洗剤や重曹を使い、取れない汚れはつまようじを使ったりして日々臭わないように注意していました。

 

ただ、浅型のゴミ受けを使って気づいたのですが、私が深いゴミ受けを使っていたときは一日中この中にごみをため続けていました。

自分でごみをためまくっていたんですね〜。

 

ごみをためれば臭うしヌメるのは当然です。

 

「いやいや、ゴミなんてすぐに捨てるし、溜まらないよ!」という人は深いゴミ受けでも大丈夫ですね。

  

  

ステンレス製と銅製・おすすめの浅型ゴミ受け

ご参考までに、ステンレス製と銅製のおすすめの浅型ゴミかごです。

 

ゴミ受けを購入する前の準備として、ゴミ受けを設置する排水口のサイズ(直径)を調べておきます。(排水口のサイズはキッチンシンクによって違うので注意が必要です。)

 

Belca ステンレス浅型ゴミカゴ

株式会社 伸晃のBelcaシリーズのステンレス浅型ゴミカゴです。

わが家で使っているゴミかごはこちらのものです。

 

135タイプ(直径13.5センチ)

2年以上使っていますがステンレス製だからかとても丈夫です。

  • サイズ・13.5センチ
  • 高さ・5センチ
  • 素材・ステンレス製
  • Amazonプライム・対応

  

 145タイプ(直径14.5センチ)

こちらはさきほどの135タイプより大きいサイズの145タイプ(14.5センチ)です。同じくステンレス製です。

 

 

NCC ステンレス 抗菌排水口 ゴミ受け(直径13.5センチ)

  • サイズ・13.5センチ
  • 高さ・4.5センチ
  • 素材・ステンレス製
  • 表面・抗菌メッキ加工
  • Amazonプライム・対応

表面に抗菌、防カビ性のあるメッキ加工を施したステンレス製のゴミカゴで、汚れやぬめりを防止します。

網目がやや大きめなので水切れが良いとの口コミです。

 

 

高儀 純銅製ゴミ受け(直径14.5センチ)

網目が細かく、目詰まりしにくいゴミカゴです。

本体が銅製なので、銅イオンの効果で悪臭やぬめりを予防します。

  • サイズ・14.5センチ
  • 高さ・4.5センチ
  • 素材・本体純銅、取っ手ステンレス
  • Amazonプライム・対応 

このゴミかごは、取っ手がステンレス、本体が銅製です。プラスチックを一切使用していないところが良いですね。

 

 

排水口にゴミをためないようにすればいい

深いごみ受けを使っていた時は「深いのをいいことに、ごみを一日中ためまくる」という私が悪かったのであって、深くても衛生的に使っている人はたくさんいるはずです。

 

排水口にゴミをためないようにすることができるなら、備え付けの深型のゴミ受けでも問題ありません。

 

私はごみをためまくるタイプなので、ゴミ受けを浅型にして良かったと思っています。

 

 

 

このような記事もあります

www.oheya-migaru.com

レジ袋のサイズ表記が分かりにくく、実際に2種類のサイズのレジ袋を比べることで自分の適正サイズが分かりました。

キーワードで探す