Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

加湿器のスケールの落とし方。こびりついたスケールはクエン酸を使ってごっそり除去できる。

スポンサーリンク

 

加湿器にこびりついたスケールをしっかりお手入れしました。

結果的にはクエン酸でごっそり落ちました。(画像あり)

 

数年のスケールを落とすことはそれなりに大変で、説明書の通りにはいかず自己責任の部分はありますが、結果的にはきれいに落とすことができました。

 

クエン酸で加湿器のお手入れ

 

 

 

お手入れしたい場所

加湿器をお手入れするときに、確認した場所はこの3つです。

  • タンク
  • 送風ガイド
  • 加熱槽

 

タンク

f:id:damarin:20161001105051j:plain

水を入れる容器です。使うたびに流水ですすぐのであまり汚れはなかったです。

 

 送風ガイド

f:id:damarin:20161001105151j:plain

おそらくこの黒い部分です。

上から見ただけでは汚れているかは分かりません。中が汚れているのでしょう。

 

 

加熱槽

f:id:damarin:20161001105229j:plain

送風ガイド(やはり中が汚れていますね)を外すと加熱槽が出てきます。

加熱槽の中はスケールがガチガチに固まっていました。

 

 

タンクと送風ガイドは簡単にお手入れ

加湿器の3つの場所を確認し、早速お手入れしていきます。

 

タンクの中身はスポンジで洗う

f:id:damarin:20161001225436j:plain

タンクはあまり汚れていないので簡単です。食器用洗剤を使いスポンジで洗うのみ。

洗剤は使わなくても良さそうです。

 

 

送風ガイドはクエン酸ペーストを使って洗う

送風ガイド、上から見ただけでは分かりませんでしたが中はこんな感じになっています。

f:id:damarin:20161001123911j:plain

黄色に変色していて硬くザラザラしています。これもスケールでしょうか。

 

 

f:id:damarin:20161001124144j:plain

クエン酸を水でペースト状にし、スポンジでゴシゴシします。

 

 

f:id:damarin:20161001225314j:plain

黄ばみは取れませんでしたが、ザラつきは取れました。

 

 

 

スケールが固まっている加熱槽のお手入れ

こちらが過熱槽の中です。

f:id:damarin:20161001114442j:plain

写真だとヌルヌル系の汚れに見えますが、実際はガッチガチに固まっています。

スポンジなんかでは取れそうにないです。スポンジがやられちゃいます。

 

説明書を読むと、クエン酸洗浄で150分の加湿を2〜3回繰り返してくださいとのことでした。

 

ん?2回やったとして5時間?

 

いやいや。

 

そんな時間はとれないし、そもそも乾燥してない部屋を加湿するのは嫌なので、ここからは自己流で、様子を見ながらすすめていくことにしました。

 

スケールを取るために準備したもの

f:id:damarin:20161001124735j:plain

  • クエン酸
  • 割り箸

加湿器の説明書には、クエン酸を使って加湿するように記載されていますし、実際に送風ガイドの固まりはクエン酸で除去することができました。

クエン酸は有効そうな気がします。

 

そのため、クエン酸と割り箸でゴシゴシすることにしました。

 

 

クエン酸と割り箸を使ってお手入れしました

f:id:damarin:20161001113349j:plain

とりあえずクエン酸を10gふりかけると、シュワシュワーっと効いている様子です。これはいいかも。

 

f:id:damarin:20161001113250j:plain

水をためて、さらにクエン酸を30g追加。割り箸でこすると黒く濁ってきました。

 

 

クエン酸水の中に放置してみる

クエン酸を追加したまま20分ほど放置し、割り箸でゴシゴシしてみました。

 

手の感触で取れている感があります。期待できるー!

f:id:damarin:20161001113637j:plain

結構取れました!底の方のスケールはキレイに取れました。

でもサイドがまだカチカチです。

 

再度、クエン酸水の中に放置する

f:id:damarin:20161001113822j:plain

もう一度、水をためてクエン酸を30g入れ20分ほど放置のパターンです。

 

20分後、さすがに2回目となると割り箸でゴシゴシしてもあんまり取れている感がないです。

 

割り箸だと効き目がなくなってきた様子です。

 

 

マイナスドライバーでゴシゴシしてみる

f:id:damarin:20161001114635j:plain

マイナスドライバーに登場していただきました。(マイナスドライバーは加湿器が壊れないように慎重に、自己責任のもと使用しています。)

 

水が濁ってきて手の感触もかなり取れてる感が伝わってきました。

 

水で流すとこんなかんじです。

f:id:damarin:20161001114000j:plain

わお。

ペローンと、色々取れてる!

 

さらに、まだ残ってる部分をマイナスドライバーでガシガシ。

 

で、水で流すと

f:id:damarin:20161001114212j:plain

ツルッ。

 

ようやくアップに耐えれられる状態になりました。 

 

固まっていたスケールは、キレイに全部取れました。

 

 

加湿器のスケールが全てきれいに取れました(画像あり)

f:id:damarin:20161001114758j:plain

ごっそり取れたスケールたちです。

 

元はただの水道水だったのに、お手入れしてないってコワイです。

 

 

乾燥して、お手入れ終了です

お手入れが終わったら、お風呂場で全て乾かしてすっきりしました。

 f:id:damarin:20161001225508j:plain

  

 

 

加湿器のお手入れ・まとめ

我が家の加湿器は、3年ほど前に購入したこちらのものです。

TOSHIBA スチームファン式 加湿器 KA-R35(W)(ホワイト) KA-R35(W)

 

毎年、しまう時に手で取れるスケールは取り除いていましたが毎年取れないスケールが固まってガッチガチでした。

 

そんなスケールもクエン酸と割り箸とマイナスドライバーで取れました

 

「スケール除去  クエン酸  取れる」とか、

「加湿器のスケールをクエン酸で取ってみた」とか。

お手入れ前にネットで調べてみたけどよく分かりませんでしたが、加湿器のスケールはホントにクエン酸で取れました。

 

 

おわりに

説明書によると、加熱槽のお手入れは、

月に1度は水を抜いてやわらかい布で水あかを拭き取る

ということを推奨していました。

なので、今回のスケール除去の方法は「よい子は真似しないでね」ってやつかも。

  

この冬は月に1度のお手入れを忘れないようにしたいです。

 

 

 

キーワードで探す