【里帰り出産】田舎で暇すぎ?快適な実家暮らしに必要なのはプライベート空間だった

里帰り出産の何が嫌って、とにかく「暇」なんです。

現在、2回目の里帰り出産中ですが、里帰りで最も大切なのはプライベート空間の確保でした。

今回は次男出産のための里帰り。出産前から、自分のプライベート空間を確保し気ままにすごしてきました。

  • 産前産後のホルモンバランスの乱れ
  • 実家の想像以上の田舎感
  • 夫と離れた暮らし
  • 実家のごちゃごちゃ感

など、荒ぶる心を落ち着かせるために、誰にも干渉されないプライベート空間は、必須でした。

https://www.oheya-migaru.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6011.jpg
マリ

長男は実家近くの保育園に通っています。出産前はひとりで、出産後は赤ちゃんと一緒に、日中は気ままな実家暮らしを満喫しています。

この記事では、里帰り先で快適にすごすためのプライベート空間の作り方をまとめました。

プライベート空間があれば、こんなことができる

実家って、何かと不便なんですよね。

  • 本屋がない・図書館がない
  • ネットがない
  • カフェがない
  • 映画館がない
  • ツタヤやゲオがない

ないないない!!何もない!ほんと、私の実家の周辺には何もないです。あるのは・・・畑。

ただ、今の時代、とりあえずネット環境があれば、雑誌を読んだり映画を見たりすることはできます。買い物もできるし、いろんな調べ物もできる。ブログを書いたりツイッターやInstagramを見ることもできます。

https://www.oheya-migaru.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6011.jpg
マリ

里帰り出産するならネット環境の確保は絶対必要♩

私の実家は、少し前に父がiPadとPCを購入したのをきっかけにUQ WiMaxに加入しました。

なので、wi-fi環境はなんとか大丈夫だけどギガ制限があるみたいなので、帰省の際はwi-fiレンタルを活用したりもしています。

WiFiレンタルどっとこむの申し込みから返却まで|1週間使った感想

少しパソコンをするくらいならDocomoのテザリングでも良いけど、ネットや動画を見るならwi-fiはやっぱり必要です。

そんな感じで、プライベート空間でネット環境が揃えば完璧です。

などなど、自宅にいる時と同じように、気ままにすごすことができます♩

POINT

Amazonプライム会員は①Amazonでの注文が送料無料、②プライム・ビデオで映画やドラマが見放題、③Amazonミュージックで音楽聴き放題など、とってもおトクで楽しいサブスクです。

https://www.oheya-migaru.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6011.jpg
マリ

近所にTSUTAYAやゲオなどのレンタルがないので、映画やドラマが見れたり、いろんな音楽が聴けるのはすごく良い感じです。

里帰り出産を快適にすごすために購入したもの

プライベート空間にはテレビも必要だったので、新たに購入しました。

購入したもの
  • テレビ
  • HDD
  • カーテン
  • 折りたたみテーブル

里帰り中はめちゃめちゃテレビを見ています。

最近のテレビはHDDを購入すれば録画ができるので便利。

赤ちゃんのお世話をしているとリアルタイムでは見れないのでHDDに録画して、深夜の授乳のときなどドラマや深夜バラエティを楽しんでいます。

あとは、何気にカーテンも数十年前?のもので汚かったので新調しました。

折りたたみテーブルもあると便利なので買ってよかったです。

里帰り出産を快適にすごしたい|まずはプライベート空間を確保

実家を出たのは10年以上前です。

今回の里帰り出産は、リビング隣の和室で2人(私・息子)で寝てみたのですが、色々と不便なので2階の旧・私の部屋に移ることを決めました。

不便な理由
  • ひとりになりたい!(息子もいますが)
  • すっきりとした部屋で暮らしたい(物が多い)
  • プライベートが欲しい!(両親との距離感が近すぎ)
  • 自由になりたい!(ひとりになりたい!)

冷静に考えてみると、10年以上離れて暮らしていた両親との共同生活って、なかなかハードルが高いんですよね。

話し声は聞こえるし、スマホを見てたら注意されるし(笑)、両親はスポーツばかり見ていてつまらない。笑

ただの2日だけでしたが、ちょっと窮屈になってしまいました。

そのため、里帰りして2日目、1階に見切りをつけ、父に相談し「2階に移る」ということを決めました。

こういうのは、賛成してくれそうな人に相談するのがベストかなと思います。(うちの場合は父)

2階に自分と息子の部屋を作る

f:id:damarin:20180729002053j:plain

2階に確保したプレイベート空間の間取り&配置のビフォーアフターはこんな感じです。

もともと物置になっていた部屋を掃除して換気して、家具を動かし、快適に過ごせるアイテムを導入しました。

ここで気がかりだったのは、自宅でいつも布団で寝ている3歳の息子。

ベッドに慣れていないので落ちないようベッドを2つ並べ、ひとつは壁につけることで落下防止しています。

実家でプライベート空間を確保してよかったこと

今回、次男の里帰り出産では親に遠慮せずに自分の部屋(プライベート空間)を持てて本当に良かったです。

里帰り期間中、3歳の長男は、昼間は保育園へ通っています。

里帰り先で上の子を保育園へ。申請手順と保育園に通わせて良かったこと

長男は夜は私の母と一緒に寝ているので、夜でも赤ちゃんが寝ているときはフリーダム。

https://www.oheya-migaru.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6011.jpg
マリ

夜中に赤ちゃんが泣こうが寝まいが全て私一人でお世話していますが、ひとりで気ままにお世話できるので楽です。

プライベート空間で自由に過ごせるというのは産後のメンタル面で重要かなと思います。

  • 産前産後のホルモンバランスの乱れ
  • 実家の想像以上の田舎感
  • 夫と離れた暮らし
  • 実家のごちゃごちゃ感

など、荒ぶる心を落ち着かせるために、誰にも干渉されないプライベート空間(息子や赤ちゃんは一緒ですけど)は、必須だなと感じています。

プライベートを確保したことで、この里帰り生活で本当にゆっくりすることができました。

まとめ|プライベート空間を作って里帰り生活を快適に♩

f:id:damarin:20170710163157j:plain

というわけで、里帰り出産を快適にすごすための空間づくりについて書きました。

赤ちゃんが生まれた今は、移動式の棚にパソコン置いて、赤ちゃんが寝ているときにひとり時間を楽しんでいます。(もちろん疲れて一緒に寝ることもありますが)

https://www.oheya-migaru.com/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6011.jpg
マリ

「早く自宅に帰りたい・・・」と思う時もありますが、里帰りも残すところあと1ヶ月!ゆっくりのんびり過ごしたいです。

【里帰り出産】里帰り期間中を快適に過ごすポイント|暇?ストレス溜まる?寂しい?の解決策実家にWiFiがない?手っ取り早くインターネットを使うための解決策ドコモのiPhoneでFaceTimeを使う時の「通信量」を調べたら5分で15MBだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 1 =