「超音波で猫よけグッズ」選ぶときのポイントと人気の超音波猫よけグッズ4選

こんにちは。マリ(@damarino_oheya)です!

マンションの1階に住んでいますが、野良猫の被害にはずいぶんと悩まされてきました。

 

*注意*

(この記事は「猫よけ対策」について書きます。野良猫のリアルな生態が苦手な方はお引き取りくださいね。)

 

猫よけ対策に取り組んできて2年。

最近またちょこちょこと野良猫がやってきているみたいです。

マンションの駐車場でも見かけるので、どうやら近くで増えている様子。。。

猫が来るだけならまだ良いのですが、私が嫌なのは「糞尿被害」です。

マリ

今日、ベランダで糞尿被害があり、このままではダメだと思った次第です。
糞尿被害のここが嫌
  • ベランダが汚くなる
  • ベランダが臭くなる
  • 食糞しているのを見たくない

洗濯物も干したくないし、窓を開けることさえできません。

とりあえず、週末にベランダ掃除をやろうと思っています。

 

わが家はベランダの猫よけ対策には真剣に取り組んできました。

頑張らなくてもベランダに野良猫が来なくなった3つの猫よけ対策

その結果、猫よけで重要なのは「侵入させないこと」という結論に至っています。

2年前から侵入経路を塞いだり、トゲトゲシートを設置していますが、どうやら消耗してきた様子。

これまでの対策でも効果は期待できますが、3年目もなると欲深いもので「もっと高度な猫よけ対策がしたい」と、超音波の猫よけグッズを調べてみました。

この記事では、超音波の猫よけグッズをベランダに設置するならどれが良いか?という視点で調査したことをまとめています。

「超音波の猫よけ」とは?

「超音波で猫よけ」と聞くと物騒な感じですが、全然そんなことはありません。

猫が侵入しようとしているところに超音波を発生させる装置で、猫に嫌な印象を与え、傷つけることなく追い払うことができます。

  1. 猫が侵入すると赤外線センサーが発動
  2. 超音波を発生させる
  3. 猫が逃げる

マリ

猫よけで最も重要な「侵入させない」ための猫よけグッズです。

 

「超音波で猫よけ」グッズの選び方

超音波の猫よけグッズを選ぶときに気になるのが

  • 猫を感知する範囲
  • 周波数
  • 充電方法

この3つです。

機種によりさまざまなので、その見方をチェックしておきます。

 

猫を感知する範囲

超音波を発生する前に、まずは赤外線センサーで猫が敷地内に侵入したことを察知します。

赤外線センサーで猫を感知する範囲は機種ごとにさまざまですが、この3つをチェックしておけば安心です。

  1. 左右角度
  2. 上下角度
  3. 直進距離

左右角度は設置した猫よけグッズの平面的な角度です。

 

上下角度は設置した猫よけグッズの立体的な角度です。

 

直進距離は設置した猫よけグッズからの距離です。

最高距離は猫よけグッズから真っ直ぐの距離です。

猫よけグッズを中心として、角度によって感知する距離は変わります。

 

周波数

人間に聞こえる音は可聴音と呼ばれ、20Hz〜20kHzくらいまで聞こえると言われています。

MEMO
  • 人間に聞こえる音:可聴音
  • 人間に聞こえない高い音:超音波
  • 人間に聞こえない低い音:超低周波音

若い人に聞こえる「モスキート音」は17kHz以上の高周波で、大人になると高周波音は聞こえなくなります。

猫は可聴音が高く、高周波(60〜100kHzくらいまで)が聞こえるという特性を利用したのが「超音波で猫よけ」できるグッズです。

マリ

猫よけグッズは周波数が高く設定されています。

 

充電方法

猫よけグッズの充電方法は、主に、

  1. 乾電池
  2. ソーラー式
  3. USB

の3通りです。

そのため、乾電池式のものはベランダやテラスなど、日陰になる時間が多い場所に向いています。

ソーラー式とUSB式は一体になっていることが多く、畑や庭などのいつも日光が当たる場所に向いています。

 

「超音波で猫よけ」グッズ4選

というわけで、超音波の猫よけグッズを選ぶときに気になるのがこちら。

POINT
  • 猫を感知する範囲
  • 周波数
  • 充電方法

マリ

猫よけグッズの種類はたくさんあるので、設置したい場所を考えて選ぶことがポイントです♩

 

人気1位の超音波猫よけ

 

こちらはAmazonで人気1位の猫よけグッズです。

猫を感知する範囲
左右角度110度
上下角度55度
直進距離最大10m

超音波の周波数(13.5〜45.5kHz)の調整は5段階で切り替えでき、フラッシュはモード4から作動します。

周波数のモード
  1. 小動物(ネズミなど):13.5〜19.5kHz
  2. 中型動物(大型犬・狐):19.5〜24.5kHz
  3. 小型動物(猫・鳥):24.5〜45.5kHz
  4. イノシシ・アライグマなど:LEDフラッシュライト点滅
  5. モード1〜4を繰り返す

マリ

超音波が「人に聞こえる」という口コミもありますが、モードを高周波に設定すれば大丈夫です。

乾電池不要のソーラー式&USBで充電可能です。

設置方法は、地面に刺すか、本体上部に紐を引っ掛ける方法があり、ベランダの設置に向いています。

 

2番人気のガーデンバリア ミニ

 

完全置き型タイプの猫よけグッズです。

猫を感知する範囲
左右角度90度
上下角度本体下に20度
直進距離4〜6m

センサーは本体下へ20度の角度で、上からの感知はできません。

マリ

わが家への侵入はベランダを乗り越えてくるので、一度ベランダに降り立ってから超音波が発生する感じですね。

周波数(18〜28kHz)の調整モードはスイッチのオン・オフのみですが、周波数をランダムに変えて発信し、猫が超音波に慣れるのを防いでくれます。フラッシュは黒丸の部分が光ります。

充電は乾電池式で、アルカリ乾電池で1,200回作動。

置き型タイプなので、玄関先やベランダなどに設置しやすいです。

 

番人くん

 

【番人くん】 高周波の猫よけグッズです。

猫を感知する範囲
左右角度80度
上下角度不明
直進距離7m

(センサーの上下角度の範囲は不明)

周波数15〜60kHzに対応しており、本体のネジで周波数を調整します。

マリ

番人くんは60kHzという高周波に設定できるところがポイント。子供にも聞こえない高周波です♩

充電方法は乾電池式。(単3乾電池2本)

【番人くん】 は効果が無いときは返金保証があるところが安心&期待できます。

地面に刺すタイプなので、庭や畑に設置するのに向いています。

 

パナソニック「超音波ねこフン害軽減機 ねこちゃんしないで EC801G」

 

パナソニックも完全置き型タイプの猫よけグッズを販売しています。

猫を感知する範囲
左右角度100度
上下角度約20度
直進距離約7m

発信する周波数は約25kHzで、1回に10秒ほど流れます。

充電方法は乾電池式。(単1乾電池2本)

多くの猫よけグッズは海外製品が多いですが、「超音波ねこフン害軽減機 ねこちゃんしないで EC801G」はパナソニック製で人気の猫よけグッズです。

置き型なので、ベランダにも設置しやすいです。

パナソニックの超音波で猫よけグッズ「ねこちゃんしないで EC801G」感想とレビュー

 

おわりに

というわけで、超音波で猫よけグッズについて書きました。

チェックするPOINT
  • 猫を感知する範囲
  • 周波数
  • 充電方法

賃貸マンションのベランダに合いそうなのは、乾電池式の置き型タイプがかんたんに設置できて良さそうです。

マリ

購入したらまたレポートしたいと思います♩
頑張らなくてもベランダに野良猫が来なくなった3つの猫よけ対策パナソニックの超音波で猫よけグッズ「ねこちゃんしないで EC801G」感想とレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − nine =