【2021年】今年買って良かったもの

電子ピアノを購入しました|小1長男ピアノを習いはじめて1年がたちました

今年、小学校に入学した1年生の長男。

ついにピアノを購入しました〜〜〜〜!!!!(ピアノといっても電子ピアノです!)

年長さんの春にピアノ教室に通いはじめた長男。あれから1年経過し、両手での練習も少しずつ難易度が上がってきました。

そこで、誕生日プレゼントにピアノが欲しいと言うので思い切って購入することにしました。(ずっとオモチャのキーボードで練習していました)

  • 私はピアノを弾けないし(しかも音痴だし)
  • 夫もピアノにピンときていない

音楽という教養から、かなりの距離感で育ってきた私たち夫婦に、ピアノを買うことを考えるだけでも思い切っている状況だし、荷が重すぎました。

ただ、長男の成長は(音楽から距離感のある私にとって)すごいし、思う存分弾けるようになってほしい。

長男にピアノを楽しんでほしい。そのためにはもっと教室に通わないといけないだろう。ピアノ・・・くっ・・高い!!でも誕生日だし。本人もまだまだやる気である。じゃあ買おう!

という流れです。

この記事は、賃貸のわが家が小学1年生の息子にピアノを買った話です。

コルグのピアノを購入

というわけで、購入したのはコルグというメーカーのピアノです。

マリ
マリ

ピアノに疎い私は今回初めて知りましたが、電子ピアノやシンセサイザーなどの電子楽器を作っている会社です。

コルグの電子ピアノを選んだ理由

POINT
  • 値段がお手頃なほう
  • シンプルデザインが良い
  • 値段が予算に近い感じでいける(予算オーバー)

電子ピアノといえば、ヤマハ・カワイ・ローランドなどが有名どころみたいですが(違ったらすみません)とにかく値段が高い。

もちろん電子ピアノなので本物のピアノに比べると桁が違いますが、電子ピアノも一般人からすると全般高いです。

ピアノについて調べてると、ちょっと金銭感覚おかしくなるくらい、全部高いですね。

その中で、コルグのピアノはそんな私たちに寄り添ってくれるような価格設定のものもあり「それなら買えるかな?」と購入するきっかけになりました。

最初はヤマハの電子ピアノを検討していた

まず検討したのはヤマハの電子ピアノです。

POINT
  • 61鍵盤(すごい)
  • ヤマハ製である(安心)
  • 2万円台で購入できる(楽天で買う予定でした)

値段がギリ2万円台で購入できるヤマハの電子ピアノです。

電子ピアノ全般で見ても、かなりお手頃価格でいい感じ。

コルグのピアノに出会う前は、こちらの電子ピアノを買う気満々でした。

コルグのピアノに出会った(蓋つき)

次に出会ったのがコルグの蓋つき電子ピアノです。

POINT
  • 88鍵盤(すごすぎ)
  • 見た目がかっこいい(白が素敵)
  • 値段が高い

シンプルデザインでかっこいい。

しかも奥行き26cmでかなりスリムな電子ピアノです。

このようなしっかりタイプの電子ピアノって大きいと思っていたので、奥行き26cmだったらせまい賃貸のわが家でも大丈夫そうかな??と思ってしまいました。

(この辺りで第一候補だったヤマハの電子ピアノでいいのか?せっかく買うのに??などと思いはじめる)

ただ、ローランドなどの電子ピアノを見てきた結果、気になったコルグの電子ピアノ。届かない値段ではないものの、それでも高いは高いなって思って、無理だな〜と感じました。

コルグの蓋なしピアノに出会った

そして最後に出会ったのが実際に購入した、コルグの蓋なしの電子ピアノでした。

POINT
  • 88鍵盤(すごい!)
  • 見た目がかっこいい!息子が気に入った。
  • 値段・・・行ける!

コルグの蓋つき電子ピアノを見て「白いピアノって素敵。ロマンチック。。」なんて言ってたら、息子が「絶対に黒がいい!!」と言い出しました。

えー。って思ったのですが、使うのは100%息子です。

それならと、ちょっと調べてみると蓋なしの電子ピアノが存在しました。

蓋はないけど、脚元はしっかりしているコルグの電子ピアノ。

蓋がないので白黒カラーの鍵盤がむき出しで、それなら脚元も黒いピアノを選んだ方がかっこいいかも?と、ミーハー心丸出しで考えてみても「黒ってかっこいいよね」って息子と意見が一致しました。

問題は値段。

ヤマハやローランドではないとはいえ、コルグの電子ピアノだって値段は気軽に買えるようなものではないです。

そこでいまいちど初心に立ち戻り、ヤマハの2万円台で購入できる電子ピアノを見てみたら、あれ。あれれ??ってなりました。

マリ
マリ

コルグの蓋なしピアノが魅力的すぎて、後に引けなくなっていました。

もちろん値段も違うので比べられるものでもないのですが、気になったのは脚元の安定感でした。

  • ヤマハの2万円台→細いスタンド
  • コルグの蓋なし→棚板で安定感

実際に現物を見て決めたわけではなく、ヤマハの方もめっちゃしっかりしているとは思いますが、印象として「倒れない・・・?」とちょっとハラハラしてしまう見た目が気になってしまいました。

長男は7歳なので多少マシですが、4歳の次男はまだまだものに突進したり、変なことをやらかすことも多くちょっとピアノを置くには安心できないなって思ったんですよね。

マリ
マリ

この価格帯で安定感ある佇まいはコルグしかなかったです。

コルグのピアノ感想

楽天のお買い物マラソンとかの時に購入した電子ピアノ。こんな感じにダンボールに入ってしっかりと梱包された状態で届きました。

かなり大きくて、届いた時はびっくり。汗

そして鍵盤を生でみるとめっちゃかっこよくてテンション上がりました。

組み立ては簡単でした(30分くらい)

購入したコルグの電子ピアノ(B2SP BK)はこちら。

楽天市場には、ピアノ用の椅子やイヤホンが付属しているタイプもありましたが、選んだのはピアノのみのシンプルなタイプです。

▼ダンボールを開けて入っていたものはこちらです。

中に入っているのは、

  • 電子ピアノ本体
  • ACアダプター
  • 土台
  • 譜面立て
  • ペダル
  • 説明書

説明書はわかりやすく記載されていて、組み立ては夫と二人で30分くらいで完成しました。

使用感レビュー

というわけで、使った感想は息子はかなりお気に入りの様子。

「本物のピアノ(何回か弾いたことがある)ほどじゃないけど、これもいいね」と言っていました。

コルグの電子ピアノはおもちゃのキーボードとは違って、鍵盤を弾くときの重みがあるので練習しにくいのでは?と心配しましたが、よりピアノっぽい弾き心地になるのが本人は楽しいみたいです。

電子ピアノはリビングの一角に設置しているのですが、蓋がないからいつでも鍵盤が見えて、インテリア的にカッコいいなって思ってます。

椅子がないので、スツールに座ったり立ったまま練習してます

しかも蓋がないことで、スイッチをつければいつでも練習できる状態。

リビングに置いていて目立つので気軽に練習でき、ピアノを弾かない日がないくらいです。

息子にとって、ピアノのある暮らしが当たり前になったみたいです。

あとはペダルにも興味を持ち、練習しながらペダルで調整して楽しんだり、メトロノームの音を出しながら(ボタンで設定できる)練習したりもしています。

POINT
  • 鍵盤が重いところが良い
  • 蓋がないので常に弾ける体制
  • 鍵盤が常に丸見えで、カッコいい
  • ペダルを活用して楽しんでいる
マリ
マリ

値段の関係で蓋なしを選びましたが、結果的には常に練習できる体制になり、息子が気軽にピアノ練習するようになりました!

おわりに

というわけで、賃貸のわが家が小学1年生の息子にピアノを買った話でした!

  • シンプルデザイン
  • 値段がいい(5万円以内!)
  • 音もいい
  • 息子お気に入り
  • ピアノ練習が増えた
  • 見た目がかっこいい

誕生日プレゼントにしては予算オーバーでしたが、買って良かったです。

今後使っていく中で、ホコリが気になるところですが(汗)今の所はたまにホコリ取り用のウェーブでさっと払ってきれいを維持しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 2 =