ブログ作業が捗るChrome拡張ならコレ!実際に使って便利なChrome拡張5つ

こんにちは。マリ(@damarino_oheya)です!

 

パソコンでのブラウザはGoogleのChromeを使っています。

マリ

以前はSafariでしたが、Chromeの方が使い勝手が良くお気に入りになりました。

その理由として、Chrome拡張です。

Chrome拡張とは、例えば「その本、図書館にあります」というChrome拡張があります。

その本、図書館にあります
  • 近所の図書館を登録する
  • Amazonで本を検索する
  • その本が登録した図書館にあるかどうかを表示してくれる

▼「その本、図書館にあります」というChrome拡張を入れておくと、Amazonで本を検索したときに、登録した図書館にその本があるかどうかを教えてくれます。

①欲しい本を検索する

その本、図書館にありますスクショ

②図書館にあるかが表示される

その本、図書館にあります表示

こんな感じに、無料で便利機能が使えるのがChrome拡張で、ブログを書くときに便利なものもいくつかあるんです。

 

この記事では、ブログ作業で実際に使っているChrome拡張についてまとめています。

ブロガーに便利なChrome拡張

私が使っているChrome拡張は、

  1. Page Analytics:自分のブログの分析
  2. Page Analytics:外でブログ作業するとき
  3. Full Page Screen Capture:ページ全体のスクリーンショットを撮りたいとき
  4. CSS Peeper:他サイトで使っているフォントを知りたいとき
  5. CSS Peeper:他サイトで使っているカラーを知りたいとき

と、この5つです。

 

Page Analytics

Page Analytics

Page AnalyticsをONにすると上部にそのページの閲覧状況がでてきます。(右上のリアルタイムはサイト全体です)

Page Analyticsで分かること
  1. 集計期間(設定可能)
  2. PV数
  3. セッション数
  4. 滞在時間
  5. 直帰率
  6. 離脱率

あと、内部リンクのクリック回数が分かるんですが、これがいちばん便利です。

 

内部リンクのクリック回数が分かる

Page Analytics クリック数が分かる

▲この内部リンクは58クリックされています。

マリ

内部リンクにカーソルを持っていくとクリックされた回数がわかる機能が便利です。

Page AnalyticsをONにすると、記事内の内部リンクに「●%」とかの文字がオレンジで表示されます。

●%というのは、そのページでクリックされた割合で、カーソルを当てるとクリック回数が表示されます。

 

▼こちらは83クリック。

Page Analytics 83クリック数

Page Analyticsの使いどころは、記事のリライトをするときに人気のない内部リンクが分かるというところ。

 

クリック率が低い・クリック数そのものが少ないときは

  • 内部リンクを変える
  • リンクしている記事のタイトルを変える

など、ブログ運営のヒントになります。

マリ

トップページに置いているおすすめ記事とかも、クリック数が少ない場合は他の記事に変えるといった判断がしやすいです。

 

Google Analytics オプトアウト アドオン

外でのブログ作業

MEMO
Google Analytics の JavaScript (ga.js) と連携して Google Analytics に情報が送信されないようにします。(Google Analytics オプトアウト アドオン詳細より)

マリ

つまりChomeからの自分のブログへのアクセスが、アナリティクスに反映されなくなります。

外でブログ作業するときのWi-Fiは、テザリング機能でdocomoのスマホからインターネットを共有しています。

実家にWiFiがない?手っ取り早くインターネットを使うための解決策

docomoのスマホはIPアドレスが変わることがあるみたいで(?)自分のアクセスが、アナリティクスに反映してしまうんですよね。

  • アナリティクスの設定が変なのかな?
  • 外では自分のブログを見ないようにしているけど、ブログ作業はどうしようもない・・・

とか、なにかと不便でしたが、Google Analytics オプトアウト アドオンを入れたことで、何も気にせず外でブログ作業ができるようになりました。

マリ

フリーWi-Fiでブログ作業をする場合も同じく便利だと思います♩

 

Full Page Screen Capture

Full Page Screen Capture

Full Page Screen Captureは、サイト全体のキャプチャを撮ることができます。

マリ

スクショは画面に見えてる部分しかできないけど、Full Page Screen Captureだとサイト全体が撮影できます。

サイトのページ全体をpngで保存できるので、

  • サイト全体のキャプチャを撮る
  • 画像ソフトで使いたい部分を切り取る

といった使い方が便利です。

マリ

カスタマイズ記事で使う画像を撮るのに便利です♩

 

WhatFont

WhatFont

WhatFontを使えば、気になる文字のフォントが一瞬でわかります。

マリ

カーソルを持っていくだけでフォント名が表示されます♩

ふだんはあまり使いませんが、すてきなサイトを見つけたときやブログカスタマイズをする際のフォント選びに便利です。

 

CSS Peeper

CSS Peeper

CSS Peeperは、サイトのテキストや背景色など、気になるカラーを調べるのに使います。

CSS Peeperの使い方
  1. 拡張機能のアイコンをクリック
  2. 調べたいカラーをクリック

▼こんな感じにカラーコードが分かります。

CSS Peeperでカラーコードを調べる

  • ヤフーのテキストリンクって何色?
  • このサイトの背景色が知りたい!
  • 楽天の赤のカラーコードは?

とかとか、コピペで自分のブログに反映させてみたり、マネタイズやカスタマイズに使えます。

マリ

調べられるのはCSSやHTMLのカラーコードのみ。画像のカラーはスポイトでどうぞ。

 

まとめ

というわけで、ブロガーに便利なChrome拡張でした。

POINT
  1. Page Analytics:自分のブログの分析
  2. Page Analytics:外でブログ作業するとき
  3. Full Page Screen Capture:ページ全体のスクリーンショットを撮りたいとき
  4. CSS Peeper:他サイトで使っているフォントを知りたいとき
  5. CSS Peeper:他サイトで使っているカラーを知りたいとき

Chrome拡張機能はほかにも色々使ってみたことはありますが、実際に使い続けているのはこの5つです。

マリ

自分に合ったChrome拡張機能を見つけるとブログ作業が捗りますね♩

このような記事もあります

ひとりSlackでブログのタスク管理がいい感じSANGOでトップページをホームページっぽくシンプルにカスタマイズしました|TOPのホーム固定【無印良品|入れたまま使えるパソコンケース】MacBook Airを入れるのに購入しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 5 =