Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

おもちゃ収納に最適。無印良品のやわらかポリエチレンケースを使ってみた

やわらかポリエチレンケースにおもちゃを収納

 

3歳息子のおもちゃの収納に、無印良品のやわらかポリエチレンケースを購入しました。

 

無印良品のやわらかポリエチレンケースは収納力があり子供も扱いやすい作りです。

おもちゃを収納するのにピッタリでした。

 

 

無印良品のやわらかポリエチレンケース

インスタグラムでも話題の無印良品のやわらかポリエチレンケース。

私が購入したのはこちらです。4つ購入しました。

やわらかポリエチレンケース

やわらかポリエチレンケース・中 約幅25.5×奥行36×高さ16cm | 無印良品ネットストア

本体と蓋は別売りなので、蓋も同時に購入。

 

購入時のポイントは

  • 丸みがあり角がない
  • 壊れない
  • 子供でも持ちやすい
  • 収納力がある

 

おもちゃ収納のボックスを色々と検討しましたが、たどり着いたのがやわらかポリエチレンケースでした。

 

そして実際に、息子が使っているのを見て「これにして良かったー」と思っているところです。

 

 

無印良品のユニットシェルフに収まる高さ

やわらかポリエチレンケースは、無印良品のユニットシェルフの1段にぴったり収まるところも魅力です。

f:id:damarin:20180219165800j:plain

私が購入した中サイズの大きさはこちらです。

  • 幅25.5センチ
  • 奥行き36センチ
  • 高さ16センチ

写真のように幅56センチのユニットシェルフに2つのケースがキレイに収納できます。

 

 

素材がやわらかく、やさしい

やわらかポリエチレンケースの名前のとおり、実際に素材がやわらかいです。

f:id:damarin:20180219170038j:plain

このようにグニョグニョできるほどのやさしい素材が、子どものおもちゃ収納にピッタリです。

落としても壊れない素材である点も気に入りました。

 

 

 

やわらかポリエチレンケースの使い心地

やわらかポリエチレンケースに収納したおもちゃはこちらの4つ。

  • トミカシステム
  • トミカタウン
  • LEGOデュプロ
  • プラレール

わが家の3歳児が大好きな4大おもちゃです。

驚くことに、毎日、全部広げて遊びます・・・。

 

片付け大変ー!

 

というわけで。やわらかポリエチレンケースに収納してみたということです。

 

 

やわらかポリエチレンケースに収納してみました

このように4大おもちゃ、それぞれを分けて収納しています。 

f:id:damarin:20180218170531j:plain

 

蓋をするとこんな感じに。

f:id:damarin:20180218170601j:plain

ケースに被せるだけなので、簡単に蓋をすることができます。

 

 

 

子どもでも持ち運びができます

持ち手があるので3歳の息子も、ごく自然に持ち手を使っています。

f:id:damarin:20180219165717j:plain

無印良品のケースには、他にもポリプロピレンキャリーボックスというものもあり、わが家でも使っています。

www.muji.net

ポリプロピレンキャリーケースにしようとも思いましたが、やわらかポリエチレンケースにした1番の決め手は持ち手があるということでした。

 

 

 

やわらかポリエチレンケースに収納しているおもちゃ

そんなこんなで、わが家の長男のお気に入りの4つのおもちゃはこちらです。

  • トミカシステム(道路)
  • トミカタウン
  • LEGOデュプロ
  • プラレール

息子が大好きな4大おもちゃです。

 

 

トミカシステム*2セット

f:id:damarin:20180209151848j:plain

わが家にあるトミカシステムはこちらの2セットです。

 

まず、「トミカ」はタカラトミーから発売されているミニカーのことです。

トミカの写真

このような、手のひらに乗るサイズの小さな車のおもちゃです。

 

その大きな特徴は、トミカは実際に存在するメーカーのミニカーであるということ。

  • トヨタのプリウス
  • 日産のリーフ
  • マツダのCX-5
  • ホンダのフィット など 

その種類は100種類以上です。

 

息子の愛読書「めばえ」にこのような特集が組まれていました。

めばえのトミカ特集

こんなにも種類があります。

幸い、息子はコレクションの気はなく(しかしプレゼントなどで20台以上保有) いつものお気に入りトミカ10台ほどで遊びます。

 

トミカは1台400円前後とお安い金額ではないのですが、他のメーカーのミニカーよりも丈夫です。

高いところから落としたり、廊下を走らせたり、外に持ち出してアスファルトに落としたり、それでも壊れないトミカはコスパは良いかなと思えます。

 

そして「トミカシステム」は、トミカを走らせるための道路をつくることができるおもちゃです。

 

直線道路、坂道道路、湾曲道路、ジャンプ道路、大きな坂道道路などの道路と橋脚を組み合わせ、平面と立体が組み合わされたカッコいい道路を好きなように作ることができ、トミカを走らせて遊びます。 

道路はさまざまなコンセプトによりパッケージ化されており、3,000円〜7,000円で1セットを購入することができます。

 

 

私から見たトミカシステムの印象はこちら
  • 新しい道路が欲しくなる
  • 道路がかさばる
  • 収納に困る
  • 子供の成長を感じる

遊ぶのは楽しいけど、親としては収納に困るおもちゃです。

 

 

やわらかポリエチレンケースには、持っている2つのセットがしっかり収まってしまうほどの収納力があるので助かっています。

 

 

 

トミカタウン*ガソリンスタンド2つ

f:id:damarin:20180208154600j:plain

トミカタウンは、子どもたちに馴染みのある建物が、2,000円〜の値段で販売されており、トミカを駐車して遊びます。

  • コンビニ
  • ガソリンスタンド
  • 駐車場
  • 交番
  • イオン
  • スシローなど

さまざな街の建物がおもちゃになっています。 

息子が持っているのはトミカ トミカタウン ガソリンスタンド(ENEOS)です。

 

実は、同じガソリンスタンドを2つ持っています。

プレゼントでもらったガソリンスタンドが「被っちゃった・・・」ではなく「やったー!ダブルだぜ!」なテンションの息子なので、2つを組み合わせて楽しく遊んでいます。

 

男の子だからか、作るの大好きですね。

 

私から見たトミカタウンの印象はこちら
  • パーツが多い
  • パーツが細かい
  • パーツを失くしやすい
  • すぐにパーツが外れる
  • 遊ぶには慣れが必要
  • 遊べるようになると楽しい
  • わが子の成長がほほえましい

3歳になった頃に購入しましたが、はじめはなかなか自分だけでうまく作れずイライラしている様子でした。3歳半を過ぎた今は1人であっという間に写真のような形を作って遊びます。

 

親としては収納ケースに収納しないと管理しにくいおもちゃですが、やわらかポリエチレンケース(中)にはこの2つのガソリンスタンドを収納できています。

 

 

 

LEGO デュプロ*2ケース

f:id:damarin:20180219172916j:plain

LEGOより大きなサイズのLEGOデュプロです。

LEGOデュプロのブロック遊びは2歳頃からはじめましたが、少しずつ自分で作れる作品の難易度が上がっていくのがおもしろいてす。

 

息子が持っているものはこちら。

数は少ないですが、アンパンマンのブロックもLEGOの中に混ぜて遊んでいます。

 

私から見たLEGOの印象はこちら
  • ブロックの数が多い
  • 片付けるのが大変
  • 踏んだら痛い
  • 遊ぶのは楽しい
  • 作るモノで成長が分かりやすい

ブロックはたくさんあるので片付けが大変(面倒)だけど、床に散らかっていると踏んでしまって危険です。

やわらかポリエチレンケースを使うことで、レゴもアンパンマンも全てのブロックをまとめて収納できるようになったのはとっても助かっています。

 

 

 

 

プラレール*1セット 

f:id:damarin:20180219173932j:plain

プラレール プラレールをはじめよう! レールベーシックセット

 

トミカシステムやトミカタウンやLEGOは2セットずつ持っていますが、プラレールは1つのセットで遊んでいます。 

 

2歳頃にプレゼントでもらったものですが、1人では線路を組み立てるのは難しいのでしばらくは大人が組み立てていました。3歳半をすぎた今では自分で線路を作るようになり、かなり集中して遊んでくれます。

 

トーマス好きの息子ですが、パーシーやヒロなどを特に欲しがることなくトーマスのみで遊ぶので、そっとしています(笑) 

 

とても単純なプラレールのセットですが、毎日違うコースの線路を作って遊んでいます。

 

私のプラレールの印象
  • 壊れにくい
  • 収納するのにかさばる
  • トミカシステムよりも作りやすい
  • 作る線路の形で成長を感じる 

片付ける時、線路もけっこうかさばりますが、それ以上に駅と踏切とトンネルがかさばります。

 

これまで収納していたケースにはトンネルが入らず、外に出したままにしていましたやわらかポリエチレンケースには、しっかり全てが収納できます

 

 

 

やわらかポリエチレンケースはおもちゃ収納にぴったりです

息子の4大おもちゃ全てに言えることですが、2歳頃に与えたおもちゃが3歳半をすぎた今でも毎日遊び、どんどん遊びの幅が広がっています。

 

どれも長く遊べるおもちゃです。

 

「まだまだ遊びそうだな、、」と思ったからこそ、収納のために無印良品のやわらかポリエチレンケースを選びました。

ケースと蓋と4つ購入したので合計で4,000円以上・・・!

 

それでも、

  • 丸みがあってやさしい形
  • 壊れない
  • それぞれのおもちゃが全部収納できる
  • 息子が持ち運びしやすい
  • 片付けるとシンプルな見た目

たくさんの良いところがあり、とても満足しておもちゃ収納に使用しています。

 

唯一のデメリットとして、裏返しのフタを踏んだらめっちゃ痛いので気をつけています。(2ヶ月ほど使ってみて、おもちゃ収納に使うならフタはいらないかな?と思っています!)

 

やわらかポリエチレンケースは息子たちが成長してもおもちゃ以外の使い方がたくさん見つかりそうなところも魅力ですね。

 

大きさも種類豊富なので、他のサイズも見てみたいです。

 

購入するときはボックスが結構かさばるので通販がおすすめです。

ロハコでは1,900円以上は送料無料で買えるので便利です。