Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

胃腸炎になった時のために。キッチンにあるもので消毒液を作る準備をしました。

 

もしも家族の誰かがノロウイルスにかかってしまったら、、、。

感染力の強いノロウイルス

怖いですね。

 

ブログやツイッターノロウイルスなどの胃腸炎対策をしている記事を見かけては、いいないいなーと思っていました。

このたび、我が家も胃腸炎対策を取り入れてみました。

 

 

 

ノロウイルス対策のための消毒とは

嘔吐などでウイルスを含んだ汚染物が出たときは次亜塩素酸ナトリウムの消毒液で消毒します。

 

消毒液を作るのに必要なものは

です。

 

腸炎などで嘔吐した場合、それから車で買いに行くのは時間がかかりすぎるし、作り方をネットで調べたり水を測るのもキツイ状況だと思います。

そのため、嘔吐しても消毒液をすばやく作れるような準備を行いました。

 

 

すぐに対応できる消毒セットを作りました

ノロウイルスの消毒キット

必要なものをひとつの袋にひとまとめにしました。

 

袋の中には

  1. 次亜塩素酸ナトリウム(ブリーチ)
  2. マスクと手袋
  3. ペットボトル
  4. 空のスプレーボトル
  5. キッチンペーパー
  6. 消毒液の作り方

を準備しました。

 

次亜塩素酸ナトリウム(ブリーチ)

次亜塩素酸ナトリウム

ミツエイ キッチンブリーチS 600ml

6%の次亜塩素酸ナトリウムです。

値段は色々ですが、次亜塩素酸ナトリウムであれば問題ないのでいちばん安いのを購入しました。

 

 

マスクと使い捨ての衛生手袋

マスクと衛生手袋

マスクと手袋(使い捨て)はいつも家に常備していますが、念のためひとまとめにして、すぐに取り出せるように準備しました。

次亜塩素酸ナトリウムの消毒液はニオイが強いし、直接手で触れると手荒れにつながるのでマスクと手袋は必須です。

 

 

ペットボトル2本

ペットボトル

消毒液は500ml単位で作る予定です。

900mlのペットボトルに500mlの印をし、誤飲防止のため「消毒液」と書いたシールを貼りました。

 

 

空のスプレーボトル

空のスプレーボトル

スプレーボトルは消毒液を使うときにシュッシュッと噴霧できれば便利な場所もあるので準備しました。

アルコールスプレーを使った後の空の容器を利用しました。

 

 

キッチンペーパー

キッチンペーパーをジップロックに入れました

嘔吐物などを拭いた後の床やカーペットなどを消毒した後、キッチンペーパーを消毒液で濡らして消毒部分を覆い、ウイルスが飛ばないようにするために準備しました。

 

 

消毒液の作り方を書いた付箋

ノロ対策消毒液の作り方

いざという時、消毒液の作り方をネットで調べなくて良いように。(汚染されたかもしれない手でスマホやパソコンを触れたくない)

そして私以外(夫)も作れるように、作り方を書いた付箋を袋の外に貼りました。

 

準備しているペットボトルに500mlの水を入れて

  • 1000ppmの濃度はキャップ2杯
  • 200ppmの濃度はキャップ半分

これで消毒液ができるそうです。(ネット調べ)
 

 

 

ペットボトルだけでは消毒液が足りない場合

ペットボトル2本を準備していますが、実際のところそれで間に合うかどうか分かりません。

そのときにはこちらの容器を使うことにしました。 

お米を保管している容器

お米を袋のまま入れて保管している容器です。お米の袋は冷蔵庫などに一時置きするだけで容器が空になります。

 

容器に水を6リットル入れて印をしました。

6リットルの印をつけました

(なぜか目盛りと合わないリットル数。お米の容器なので単位はお米のkgかもしれません。)

 

ここにも消毒液の作り方を書いた付箋を貼っておきます。

消毒液の作り方

消毒液を作りたいときは6リットルの水を入れて、紙に書かれた量のブリーチを加えるだけでたっぷりの消毒液ができあがります。

(希釈濃度については奈良市のHP(pdf)を参考にさせていただきました。)

 

 

消毒セットの収納場所

ふだんの収納はこんなかんじです。

消毒セットの収納場所

シンク下の、いつもお米を保管している場所の隣に置いておくことにしました。

 

ともあれ、想像するだけで怖い胃腸炎

消毒液の対策をしておくことで、少し安心することができました。