砂糖と塩の収納・普段使いはニトリ、保存はOXOです。

 

砂糖と塩の収納は、シンク上の棚の中です。

普段使う分はニトリの調味料ケース、残りの保存はOXOのポップコンテナを使っています。

 

 

普段使いはニトリの調味料ラック

料理中に使う用として、ニトリの調味料ラックを使っています。

f:id:damarin:20171207141910j:plain

ニトリの調味料ケースは容量、見た目、お値段を考えると私にはベストな入れ物です。

  • 左に砂糖
  • 右に塩

を収納しています。

三温糖を使っていて色で見分けがつくため「砂糖」「塩」などのラベルは貼っていません。ラベルを気にせず洗えて良いです。

木製調味料ラック(スパイスBOX GMGM-SB) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

 

 

 

残りの保存はOXOのポップコンテナ

砂糖を保管する時は、気づかないうちにアリが侵入してしまっていることが心配です。

アリの侵入を避けるために密閉性を重視し、密閉度が高そうなOXOのポップコンテナ(2.3リットルのもの)に保管しています。

 

ふたをするとこんな感じです。

f:id:damarin:20171207145633j:plain

 

真ん中の丸い部分を押すだけで密閉され閉まる。

f:id:damarin:20171207145653j:plain
丸い部分を押すだけの、とっても楽に密閉保管ができるところが気に入っています。

 

中では袋の口をクリップで留めているだけです。少しくらいこぼれる時もありますが、密閉されているので少しくらいこぼれてしまっても問題ないです。

 

 

 

この2つの収納場所は

ニトリの調味料ラックとOXOのポップコンテナ。

両方ともシンク上の棚の同じ位置に収納しています。

 

まず砂糖と塩の残りが入ったポップコンテナを奥に入れて

f:id:damarin:20171207150145j:plain

 

その手前に調味料ラックを置きます。

f:id:damarin:20171207150226j:plain

奥にポップコンテナを置くことで、砂糖や塩を使うときに調味料ラックが後ろに動いてしまうことがなくなりました。

 

また、普段使いと保存を同じ位置に収納しているため、入れ替えるときに便利です。 

 

 

扉を開けて、すぐに取り出せる

扉を開けると調味料ラックが見えるようにしています。このおかげで料理中に砂糖と塩が取り出しやすいです。

f:id:damarin:20171207144737j:plain

上の段も扉を1枚開けるだけでモノが取り出せます。なんだか当たり前の風景ですが、これだけでも料理の時短になっていると感じます。

 

  

これだけは揺るがない保管方法です

砂糖と塩の、ニトリとOXOの2つ使いは私の中では揺るがない保管方法です。

  • 容量・見た目・値段がいいニトリの調味料ラック
  • こぼれても安心な密閉重視のOXOのポップコンテナ

この先もずっとこの保管方法をしている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

このような記事もあります

キッチン収納についての記事です

damarin.hatenablog.com

 

 冷蔵庫の中、たくあんの収納です

damarin.hatenablog.com

 

 キッチンの無印良品を集めました

damarin.hatenablog.com

 

 こちらは100均の商品を

damarin.hatenablog.com