Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

一色刺繍の図案がかわいい。初心者でもできる樋口愉美子さんの本。

 

刺繍をはじめたのは1年ほど前です。

 

インスタグラムでも人気の樋口愉美子さんの本からはじめました。樋口さんのデザインは、かんたんなステッチで図案がかわいく、初心者でも少しずつ完成していくとかわいくできるところが素敵です。

 

これからも続けていきたいなあと、趣味のひとつになりそうです。

 

 

 

私の刺繍道具はこんなかんじです

刺繍は、図案を布に移す→刺繍を刺すという工程で進めていきます。

 

私が使っている道具はこちら。

f:id:damarin:20171130160829j:plain

  • 刺繍針(ダイソーで購入)
  • 刺繍枠(イオンの裁縫コーナーで購入)
  • チャコペーパー(トーカイで購入)
  • 消えるペン(トーカイで購入)

 

刺繍糸はイオンの裁縫コーナーで購入しています。

f:id:damarin:20171130153549j:plain

いちばん初期の頃はダイソーの刺繍糸と枠を使っていました。

が、手芸屋さんにある刺繍糸のほうが刺しやすいです。

 

 

 

樋口愉美子さんの刺繍が好きです

刺繍アーティストで有名な樋口愉美子さんの刺繍は、かわいい図案ばかりです。

  • ファンタジーな少女ぽさがあるのにステッチと色の組み合わせで大人かわいい刺繍
  • 親しみ感があってどこかあたたかく北欧ぽい刺繍
  • 懐かしさがあるけどステッチ(針の刺し方)の組み合わせで新しさのある刺繍

私は、樋口さんの作品を見てそれまでの刺繍のイメージがガラッと変わり「刺繍、やってみたい!」と思いました。

 

 

初心者におすすめ「1色刺繍と小さな雑貨」

タイトルの通り、一色で刺していくので初心者におすすめの樋口愉美子さんの本です。

f:id:damarin:20171130162236j:plain

1色刺繍と小さな雑貨

 

この本のすごいところは

  • 1色なのにかわいい
  • 1色なのに成立する
  • 1色なのに貧相にならない
  • 1色なのに凝ったものもある

素人のためのとりあえずの1色ではないです。

 

最後までがんばりたくなるモチベーションが継続するほどのかわいさ。

そして、1色だけど凝った図案もあります。そのため刺繍に慣れてきても「次はこの難しい図案をやるぞー!」と、しばらくはこの本1冊で十分に楽しめます。

 

 

私がこの本で刺した刺繍を3つご紹介

はじめての刺繍作品はお花モチーフ

f:id:damarin:20171130153533j:plain

1年前の作品ですが、お気に入りなので今でも使っているミニバッグです。

 

同じ図案で色を変えて刺したもの

f:id:damarin:20171130153517j:plain

花のつぼみ部分はフレンチナッツというステッチで刺したところなのですが、ぽこぽこ具合が可愛いです。

1つの図案で、3つのステッチを使っています。ステッチの選び方と使い方が大好きな刺繍です。

本ではこの図案でエプロンが作られています。

 

くじらの図案がかわいい刺繍

f:id:damarin:20171130153500j:plain

産後、くじらの刺繍でミニバッグを作りました。

子ども用の小物にぴったりな図案です。

本ではスタイになっています。

 

 

この本で刺繍が好きになりました

刺繍を始める前は、できるのかな?どうなのかな?と自信はありませんでした。

それでも練習して、どんな小物を作るか考えて、刺繍を刺して、思い通りに小物を作るのは、とても達成感を味わえる作業です。

自分でも意外なほどに、ハマりました。

 

 

 

これから挑戦したい刺繍の本

「樋口愉美子のステッチ12ヶ月」という本です。

f:id:damarin:20171130170125j:plain

樋口愉美子のステッチ12か月

 

表紙のとおり、色んな色を使った刺繍がたくさん掲載されています。

季節ごとの刺繍なので、季節に合わせた刺繍を刺して部屋に飾れたら素敵だなアと、ぼんやりと思っています。