Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

シンク下とコンロ下のキレイを続けるコツは1つだけ。私はアレを使わない。

 

わが家は、家族4人で築20年ほどのマンションに賃貸暮らしです。

 

キッチンは丸見えでベビーゲートができません。つまり子供が手に届く場所には危険なものは置けないということ。

シンク下やコンロ下は自ずと今のような収納になりました。

 

  

賃貸暮らしのキッチンはこちら

我が家のキッチンはこんなかんじです。 

賃貸のキッチンはこんな感じ

築年数が古いマンションのキッチンにありがちなものです。 

引っ越し当初は息子は1歳半。引き出しや棚がなんでも気になる時期でした。

 

特にシンク下(赤い部分)とコンロ下(青い部分)は何度も荒らされてきました。

 

 

子どもに合わせた収納にする

1歳児や2歳児は、どうしても棚の中を荒らしたいのです。

 

そのため、荒らされてしまっても子どもは安全・私は安心という収納にすることがいちばんです。

  1. 整理棚を壊されたくないから整理棚を使わない
  2. 触られると衛生面が気になるから不衛生になりそうなものは置かない
  3. 荒らされて片付けるのがめんどくさいから数を減らして片付けやすく
  4. 触られると危ないから危ないものは置かない

そんな感じで、突き詰めると「シンプル」なのでした。

 

 

ビフォーのシンク下はこちら

シンク下(上の写真の赤い部分です)のビフォーです。

シンク下のビフォー写真

この時は、ニトリで購入した整理棚を使っていました。

  • コーヒー
  • キッチンペーパー
  • 土鍋(キッチンペーパーで隠れている)
  • ワッフルメーカー

などを収納。

ワッフルメーカーは危ないので発見しにくい棚の上に収納していましたが、後に発見して遊ぶようになりました。

 

 

現在のシンク下はこちら

現在のシンク下の写真

棚は無くし、コーヒーは別の場所へ。

残ったものは

  • ゴミ袋
  • キッチンペーパー
  • 土鍋
  • 簡易コンロ
  • ワッフルメーカー

全て直置きです。

ワッフルメーカーは奥に収納し、息子は成長とともになのか、とりあえず遊んだからなのか、気にならなくなった様子です。

 

新たに防災用品の簡易コンロとゴミ袋を置きました。簡易コンロにガスボンベは入っていないので、もしも箱を開けて遊びはじめてもまあ大丈夫かなと思っています。(遊んだことはありません)

 

 

ビフォーのコンロ下はこちら 

コンロ下(キッチン写真の青い部分)のビフォーです。

コンロ下ビフォーの写真

ニトリの整理棚を使っていました。

  • ホットプレート
  • コーヒー
  • アセロラドリンク

を収納。

 

 

現在のコンロ下はこちら

コンロ下は水だけを置いています

こちらも棚は無くしてコーヒー類は別の場所へ。

防災用品の水だけを残し、ホットプレートは捨てました。

 

ホットプレートは子どもが生まれてからは出番はなく、場所をとるし、重たいので危険。というわけで、断捨離です。

  

水を取り出しやすくなり、在庫の確認もしやすくなりました。

 

 

キレイな収納を続けるためのコツ

使いやすく、片付けやすく、見た目すっきりを続けたい。

私は今のシンプル収納が好きです。キッチンなので荒れてしまう誘惑はたくさんあります。それでも好きな場所が荒れるのは阻止したくなるというもの。

 

だから1年以上も続いているのだと思います。

 

つまり、収納を続けるコツはお気に入り収納にすること

 人によっては西海岸風の収納だったり、見せる収納だったりと様々でしょう。私の場合はそれがシンプル収納だったということ。

 

以前は使っていた棚を無くしたことで、シンプルな収納が続いていると感じています。

 

 

 

 

このような記事もあります

 洗面所の収納です(ニトリ・無印良品・100期均)

damarin.hatenablog.com

 

小物類の収納はこちら(無印良品)

damarin.hatenablog.com

 

砂糖と塩の収納はこちら (ニトリ)

damarin.hatenablog.com