Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

無印良品の敷パッドのレビュー。綿100%の肌触りの良さが夏にぴったり。

 

無印良品の「オーガニックコットン洗いざらし敷パッド」がお気に入りです。

 

この記事では、敷パッドの使い方と選び方、無印良品の敷きパッドの使い心地などをまとめています。

 

 

  

敷パッドの使い方

わが家は寝るときは布団で寝ています。

 

敷パッドの使い方は下から、

敷き布団(ボックスシーツ)→マットレス(ボックスシーツ)→敷パッド

という感じで使っています。

 

ボックスシーツを洗濯するのは面倒ですが、敷きパッドは角をゴムで止めているだけなので、付けるのも外すのも気軽にでき、洗濯するのがとてもかんたんです。

 

 

敷パッドの選び方

敷パッドを購入する時、ポリエステルと綿(コットン)の2つで「どっちがいいんだろう?」と迷うところです。

 

ポリエステルと綿の特徴

ポリエステルの特徴
  • 耐久性
  • シワになりにくい
  • 吸湿性が低くすぐに乾く
  • 高温に耐えられる
  • リーズナブルな価格
  • 毛玉ができやすい
  • 静電気が起きやすい

ポリエステルのメリットとして、耐久性があることとリーズナブルな価格です。

 

 

綿(コットン)の特徴
  • 肌触りが良い
  • 清涼感がある
  • 染色性に優れる
  • 水・アルカリに強い
  • 縮みやすい
  • 毛羽立ちやすい 
  • 保温性にも優れる

▼こちらのサイトより引用しました

ポリエステルの特徴とメリット、デメリットについて|繊維の種類と特徴 - ダイヤクリーニング

 

綿(コットン)のメリットは肌触りや肌に触れた時の清涼感、デメリットとして縮みやすい、毛羽立ちやすいところです。

 

 

敷きパッドに求めるもの

わが家の場合、夫が「ポリエステルが入っているとなんか痒くなる」と言い出し肌に触れるものは綿を選びます。

 

そのため、敷パッドもコットン100%のものを探しました。 

綿の特徴として「肌触りが良い」というのがありますが、わが家の場合はその肌触りを重視して敷パッドを購入しました。

 

 

 

無印良品のオーガニックコットン洗いざらし敷パッドレビュー

わが家で使っている敷パッドは、2017年の新作の商品のようです。

 

▼こちらのものです

www.muji.net

 

4種類の大きさ

シングルタイプの布団を2枚使っているのでシングルサイズを購入しました。

 

無印良品の敷きパッドの大きさは

  • スモール
  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル

この4種類のサイズがあるようです。 

 

 

 

肌に触れるところは綿100%

f:id:damarin:20171006133834j:plain

無印良品のオーガニックコットン洗いざらし敷きパッドの品質表示では、

  • 表側 綿100%
  • 裏側 ポリエステル80%・綿20%
  • 詰め物 ポリエステル100%

となっています。

 

つまり、

  • 表側はコットン100%で肌触りが良い
  • 裏側はポリエステルと綿の混合で耐久性あり
  • 中身はポリエステル100%なので乾きやすい

と解釈しています。

 

 

乾きやすさについて

我が家ではこんなかんじで部屋干ししています。

f:id:damarin:20171003232054j:plain

夕方頃に裏表を入れ替えていますが、夜には乾いています。

ただ、天気が悪い日は乾いてない時もあるので乾きにくいことはないというところでしょうか。

 

 

肌触りが良いです

オーガニックコットンだからか、見るからに気持ち良さそうな質感で触ると手に馴染んでさらっとしていて気持ちいいです。 

f:id:damarin:20171006141843j:plain

心地よいフィット感があり、ほんと良い。

 

 

実際に敷いてみるとこんなかんじ

f:id:damarin:20171006142622j:plain

  • 左はオーガニックコットン洗いざらし敷パッド
  • 右は一般的な敷パッド

 

うーん。

 

真っ白な無印の方に飛び込みたくなります。

 

今のところ、一般的な敷パッドもお手頃価格でひんやり素材のもので、洗濯して乾かなかった時の洗い替え用として使用中です。 

 

 

綿(コットン)のデメリットは?

コットンの気になるデメリットとして、

  • 縮みやすい
  • 毛羽立ちやすい

というのがありましたが、無印良品のオーガニックコットンの敷きパッドでは感じたことがありません。

メリットの方が多いように思います。

 

 

 

心地よさに包まれて眠りたいが、少し叶う敷パッド

「心地よさに包まれて眠る。」とは、無印良品のカタログにある言葉です。

 

オーガニックコットンの敷パッドを取り入れることで少しだけリラックスできるベッドタイムに近づけた気がしています。

 

布団や掛け布団を新しいものにするにはお金がかかるけど、敷パッドやカバーは布団よりもお手軽に新調できるアイテムです。

 

洗うのも簡単なので良いですね。