Migaru-Days

身軽に暮らす、考える。

子ども靴の箱を捨てました。捨てない箱は畳んで収納。

 

子どもの靴を買ったときについてくる箱、どうしたらいいんだろう?

改めて収納を見直してみると、必要なのかそうでないのか見えてきました。

 

 

わが家の靴の収納場所

わが家は備え付けの靴箱がないため、玄関の廊下にある棚を靴箱として使用しています。

 

玄関を入ってすぐのところに(暗いですが)このような棚があります。

f:id:damarin:20161005104849j:plain

上の段はこのように普段はカーテンで目隠ししています。

 

カーテンをめくるとこんなかんじ。

f:id:damarin:20161005104931j:plain

ふだん履かない靴や、靴の空き箱などを放り込んでいました。 

 

 

靴の箱を整理しました

こちらが子どもの靴を買ったときに入っていた箱たち。

f:id:damarin:20161005105130j:plain

中身は空です。

 

サイズアウトした靴があるので箱に収納しようとみてみましたが、箱があったりなかったり。

どうにも適当な保管ルールだったので、捨てたり捨てなかったりしていたようです。

 

そうなると、もう箱は捨ててしまおうってことになりました。

 

 

捨てられない箱は、とりあえず畳んで収納しておく

f:id:damarin:20161005105428j:plain

長靴の箱だけは取っておくことにしました。手前の「moonstar」と書いてあるのが長靴の箱。

 

おもちゃの箱類と一緒に畳んで収納しておくことにしました。いらないと思えたときには捨ててしまおうと思います。

 

 

子どもの靴の箱を捨て、大人の靴だけをキレイに収納

子どもの靴の箱は捨てることで、大人の靴の収納がシンプルな見た目になりました。

f:id:damarin:20161005105734j:plain

手前のボックスにさきほどのおもちゃと長靴の箱類が入っています。

これからは、子どもの靴を買った時は箱をもらわないことにします。